バカとブス(と不安・不満がある人)こそ、キャッチボールへ行け!

株式会社キャッチボールに入る前

▼ 紆余曲折!理不尽さがない世界はどこだ? ▼

大学を卒業した後、ディズニーでマーケティングや顧客満足度向上メソッドの研究開発をし、思うところあって外資系戦略ファームに籍を移し、様々な経営テーマのコンサルティングに従事しています。

これまでの10年ちょっとのキャリアで感じたことは、 ・「このお客さまのために」で真剣に商品やサービスを愛せる ・「この仲間と一緒に」で最後のひと踏ん張りができる ・「気付いたら自分のチカラに」1ヶ月前に出来なかったことが、今は出来る  (≒自らの血肉になっていく、次の自信になっていく) という当たり前の環境がある働き先が少ないことです。

振り返ると、私自身、そういった環境を探し求めてきた10年だったように思います。

現在

▼ このままだと、日本が、若者が、ダメになってしまう…(気がする) ▼

現在、様々なインダストリーの企業に対し、様々なテーマ・切り口で事業加速のサポートをする立場として過ごしています。

全てではありませんが、上で申し上げた「 お客さま ✕ 仲間 = 自らの血肉 」という当たり前の方程式が欠落している環境が多いように感じます。

その結果として、組織や制度ひいては政治に不満を持ち、超高齢化のニッポンに不安を感じ、本来愛すべき仲間に嫉妬してしまったり、理不尽さや不甲斐なさと同居する自分がいたり…(思い当たる節はありませんか?)

株式会社キャッチボールについて

▼ バカとブス(と不安・不満がある人)こそ、キャッチボールに行け! ▼

少し刺激的かもしれませんが、「 お客さま ✕ 仲間 = 自らの血肉 」の方程式を自らの中に創り上げる、これが今の我々(次の世代を創る若者)にとって唯一無二の出来ることです。

キャッチボールは、私が見てきた中で、数少ない「方程式」を持つ組織です。

本当かな・・・?そう思う方、ぜひ一度ドアを叩いてみてください。 きっと面白い未来が待っていますよ!(※私は採用全般のお手伝いをしています)

今後どういうことをしていきたいか

▼ 人生を通じてやり続けたいこと ▼

●「たくさんの笑顔、やる気に満ちた仲間、何事にも代え難い達成感」を創出する

▼ そのために直近興味あること ▼

●リアルビジネスを自分でやってみる(とりあえず、ゼロから、イチから) ●カスタマーエクスペリエンス最大化のアドバイスをしまくる(少しでも、役に立つなら) ●散漫とした事象を分解・構造化・ロジックで整理しまくる(少しでも、役に立つなら)

株式会社キャッチボール's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Ada9c82a 779d 4c3b 8d37 31fb2f2c7fed?1517992774
2 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Ada9c82a 779d 4c3b 8d37 31fb2f2c7fed?1517992774
2 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon