1
/
5

ハンバーガーショップ・アパレル店員から米国留学を経てセレブリックスへ

アパレル店員、留学、そしてセレブリックスへ

私の社会人歴はこんな感じです!

アパレル店員

休職して1年間アメリカへ語学留学

アパレルに復職

セレブリックスへ入社

学生時代はハンバーガーショップで働いていて、キッチン担当から始めて後半はマネージャーを任せてもらっていました。一緒に働くメンバーのモチベーション管理が大変だったことを記憶しています(笑)
その後社会人になりアパレルの仕事に就きまして、途中1年間は米国カリフォルニア州の語学学校に通い、現地では旅行会社でのインターンシップも経験しました。奥ゆかしさを捨てたコミュニケーションを肌で学んだことは今の営業の仕事でも活きていますね。


転職のきっかけ

帰国後はアパレル店員に戻ったのですが、2つの理由から転職することにしました。
1点目は、元々接客や洋服が好きで働き始めたのですが、チームとして働く意識を持つ機会が意外と少なくて、明確な目標もなかったのでモチベーションを保つことが難しかったです。私には合わなかったなと。
2点目は、市場価値を上げるためです。正直このまま仕事を続けていても自分が大きく成長できるイメージが持てなかったです。

市場価値を高めたくて営業にしました

ハンバーガーショップの経験や留学していた時の経験を思い返して、自分の強みはコミュニケーションかなと。自分発信で0から売り上げを作っていくアウトバウンドの営業で自分の能力を試したいと思いました。
セレブリックスは当初知りませんでした。転職エージェントの方に紹介されたのがきっかけです。最初はどんな会社なんだろう?と思いましたが、これまでの実績や、営業代行会社でありながら未経験でも歓迎という点に興味を惹かれ応募したいと思いました。ただ一方で、様々な商材を扱うことに対しては、自分のインプットが間に合うか正直不安な気持ちもありましたね。

最終的には面接で話をした部長の人柄に惹かれて入社を決めました。「この人の下で働きたい!!」と強く感じました。仕事をする上で、やっぱり人間関係ってすごく大事じゃないですか。
”何を目標にどう頑張っていきたいのか” ということを感覚的ではなく、論理的に考える良いきっかけをくださいました。面接後に前向きな気持ちで電車に乗っていたことを今でも覚えています。
様々な商材を扱うところや、新宿のきれいな本社オフィスも魅力的でしたね。


入社後の感想

入社後の初仕事は、テレマーケティングで政治家の方へ地図を提案する仕事でした。そもそも話したい担当者が事務所にいなかったりするので、1日180コールくらいしていましたね。
目標未達だったこともあります。私の場合は特にプロジェクト開始初月が苦手で、インプット~アウトプットまで時間がかかってしまうことに自身でも落胆することがありました。まずは成果を出しているメンバーや自分の架電内容をメモし、とことん分析しました。何度も上司にロープレをお願いしてフィードバックしていただいたりして、これまでクリアしてきました。
今後は、プレイヤーからステップアップして、チーフとしてメンバーを育成するポジションになりたいです。これは現在のプロジェクトのチーフの姿を見ていて感じましたね。チームをまとめつつ業務をこなす姿に憧れを抱き、目指すようになりました。最近では後輩をトレーニングするようになり、悩むこともありますがチャレンジしがいがあり、充実した日々を送っています。

営業未経験の方へ

私も入社前は心配でしたが、セレブリックスは研修制度がしっかりしているので、営業未経験なことは一切気にしなくていいと思います。
あとは、研修ですべて覚えきれなくても、同年代で優しい方が多いと感じるので、未経験から営業に挑戦する環境としては、セレブリックスは最高だと思います!

株式会社セレブリックス's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more