Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

チャレンジャー・カンパニー株式会社は地産地消を目標に活動する、鎌倉を拠点とした組込みシステム開発技術の会社です。社名が示す通り、常にいろいろなことにチャレンジし続ける会社です。今は受託開発を主に行っていますが、これからは自社独自のクラウドサービス構築・提供と各種ロボット製品の開発・販売を計画しています。業務受託においては、技術者のお客様常駐が常ですが、当社では極力持ち帰り、作業フェーズによっては在宅勤務での開発を奨励しています。計画中の当社の新規サービスと製品は、すべてのエンジニアが気持ちよく好奇心を全開にして仕事ができる環境、そして、お客様企業にとっては生産性の高い製品開発が行える環境の提供を目指しています。

なぜやるのか

技術者は基本的に子供のころから「好奇心の塊」です。しかしながら、社会の様々な束縛によって思うような開発の機会が得られません。また、結婚・出産・介護・病気などによって、せっかく技術を磨いてきたのに仕事を辞めなければならない技術者も見てきました。しかも、仕事を辞めるということは収入もなくなるわけですから技術者にとってはたまったものではありません。さらには、これから労働者人口が減っていくとされているわけですから、技術者の損失は日本国全体の損失です。それゆえ、技術者が技術者を続けられ、会社も少ない技術者でも十分に生産性と付加価値をあげられる仕組みがこれからの日本には必要になると考えたのです。そして、できる限り自分の近いところから始めようと考えました。それが、地産地消です。

どうやっているのか

現在まで開発をはじめ営業や事務とすべての業務は代表一人で行ってきました。 時々、業務のオーバーフロー分をアルバイトに手伝ってもらうことがあります。 仕事の進め方は、お客様先には仕様検討、進捗報告、および、成果物の評価以外は、代表もアルバイトも基本的にはリモート(在宅)環境で開発を行っています。 これからは新規クラウドサービスや新製品開発を進めていくためには仲間が必要です。 今求めている仲間は単なる作業者ではなく、個々人の「好奇心」を実現するために仲間同士で「協力」しあい、企画・実現していく「チーム」となり得る人達です。 「チーム」も基本的にはリモート環境で業務を行います。もちろん、オフィスで作業を進めても構いません。そして、このような「リモート環境」そのものを、「初期メンバーの仲間」とともに開発・構築することから始めたいと思います。

Page top icon