1
/
5

新しい働く価値観を創るエグゼコという仕事〜私との出会いが人生の1ページになる〜

サーキュレーションでは、現在12000名を超えるプロフェッショナル人材にご登録を頂いております。大手事業会社の元役員、ベンチャー企業元経営者といったプロフェッショナル人材にご登録を頂く際に窓口に立ち、強みを引き出しつつ、個人の新しい働く価値観を創るエグゼクティブコーディネーター(通称エグゼコ)を代表して新井みゆ(以下みゆ)の仕事に迫る。

※エグゼクティブコーディネーターとは:経営課題を解決したい経営者と新しい働き方をしたい個人をつなぐサービスを展開する当社における、個人側の専門担当。各分野のプロフェッショナルの強みや思考性をヒアリング後、社内DBにデータ蓄積し案件マッチングすることがメインの仕事。転職のタイミングだけでなく、独立や副業など働き続ける限り使っていただけるサービスを目指し、関係性作りを大切にしています。

幼い頃から感じていた社会への違和感

-本日はよろしくお願い致します。いきなりですが、ここまでのみゆさんのキャリアについて簡単に教えてください。

みゆ:就職活動では、社会を支えるインフラ事業系の会社をみていました。私は理工学部出身なのですが、早く卒論研究に没頭したくて一番最初に内定をいただいた信託銀行に新卒で入社しました。

-すごい決め方ですね(笑)そこではどんな仕事をされていたんですか?

みゆ:一番最初は外国株式を扱う部署に配属されて、世界中の税制とか市況環境を把握した上での個人向けの資産運用やシステム開発をしていました。すごく大きな会社で社員が何千人といたのですが、業務中でムダだと思うことが多々あってよく上司に噛み付いてました(笑)

-なんとなく想像できますね・・・(笑)

みゆ:それはいい意味だよね?(笑)そこから数年経った時にどうしても行きたい営業の部署があったんですが、超大変な仕事で当時女性では無理だって言われていました。でもどうしても行きたかったので上司に交渉をして期限付きで行かせてもらいました。私が結果を出せたら今後女性もその部署に配属させるみたいな大事なミッションまでついてきましたが、無事に結果を出して2年くらいで企画系の部署に異動になりました。バックオフィス、フロント、ミドルと幅広く経験させてもらった事に感謝しています。

-さすがみゆさん!そこまで活躍していた中で転職を考えるきっかけは何だったんですか?

みゆ:大きく2つです。1つ目は業界でも有識者で有名だった上司や尊敬する女性の先輩が介護や育児を機に第一線から退いているのを見てとても違和感を感じた時です。努力している人が力を発揮出来ない事が悔しかったです。そういう私自身も幼少期は体が弱く、小学校は1/3しか学校に行けませんでした。布団の中で自分がどんな大人になるのか思い描けない恐怖に涙を流したこともあり、その気持ちを思い出して、自分がこの社会を変える何かが出来ないか、と考えるようになりました。

-そうだったんですね。もう1つは何だったんですか?

みゆ:もう1つは、ちょうどその頃に結婚が決まり、旦那に今後のキャリアについて相談したんです。その時彼が「残りの人生は自分のやりたい事をやったら?」と背中を押してくれたので、経済的安定を手に入れた私はずっと興味のあった「働き方の多様化」というテーマで自分がやりたいことを探し始めました。そしてサーキュレーションに出会ったのです。

個人の強みを、それを必要としている企業の課題解決で活かせる。そんな社会が当たり前になったら、フルタイムが絶対条件ではなくなって色々な人が活躍できる、そう感じました。

誰かの人生の1ページに私との出会いがあるという仕事

-色々なタイミングが重なって、まさに運命的な出会いだったんですね。入社前後でイメージの違いとかってあったんですか?

みゆ:会社へのイメージとしては、自分が大手金融出身なこともありベンチャーって恐ろしいと思ってました(笑)でも面接の時から当時上司だった山口がエグゼコの面白さ、1日の動き、入社後の私に期待する事を丁寧に話してくれて安心したのを覚えています。入社後もマニュアルや研修が想像以上に整備されていて、感動しました。

仕事へのイメージは、「新しい働く価値観を創る」という大きすぎるビジョンに自分は何ができるのかイメージができませんでしたが、エグゼコのメイン業務であるカウンセリングを通して実際に個人の方が活躍していく姿を見て、確実に「働き方の多様化」に携われていると日々感じられるようになりました。

-まさにドンピシャな仕事ですね!そんなみゆさんのやっているエグゼコという仕事のやりがいはどういうところにありますか?

みゆ:例えば職務経歴書を一見すると今までずっと営業畑だった方が、カウンセリングをしてスキルを棚卸ししてみると全然違う強みが見つかって、その分野で活躍をしている姿を見るとすごく嬉しいですね。約2年間働いているので、最近いろんな方から近況報告をもらうのですが、その人の人生の1ページに私との出会いがあったんだよって言ってもらえることが何よりもやりがいですね。

-その中でも印象に残っている方とかいますか?

みゆ:医療×ITの新規事業をずっとやっていた方だったんですが、サーキュレーション登録以来全くお仕事をご紹介することができていませんでした。当初は私が入社をする前だったので、改めてカウンセリングをする機会をいただいてスキルの棚卸しをさせていただいたところ、これまで見えてこなかったスキルが出てきて現在では複数社で活躍をされています。ご家庭の事情もあり、フルタイムでの仕事が難しく、サーキュレーション登録当時はどうせ紹介なんてもらえないと諦めていたようだったのですが、そのカウンセリングきっかけでいろんな会社様で活躍する機会を得ることができたのは印象深いです。

-何かしらの制約があって、フルタイムで働けない人の希望になりますね!

みゆ:あとは転職案件になるんですが、元々は採用のプロフェッショナルで活躍をされていた方が、転職が多すぎるという理由である時から転職ができなくなって、全く本人の強みと関係のない仕事に就いていました。おそらく通常の人材会社では転職は難しかったと思うのですが、単なる人の紹介ではなく経営課題に寄り添っているサーキュレーションサービスだからこそ、とある企業様は納得をしてくださり人事領域での転職が決まって今も活躍をされています。

フリーランスとして輝く人

-めちゃくちゃイイ話じゃないですか!そこまで個人の魅力を引き出す秘訣はありますか?

みゆ:その人の成功体験ではなく、辛かった経験を引き出すことは日々意識をしています。もちろん成功体験もすごく大事なことですが、辛い時にこそその人の人柄が一番出ると思っています。どうやってその辛い出来事を乗り越えていったのかによって、独立した後の仕事のスタンスもある程度決まってくると感じます。

あとフリーランスになる方は、ある程度自分がこうなりたいと思ってキャリア設計している人もいれば、思いがけずなる人もいるので、転職した理由や転機となった出来事はできるだけ深掘りして聞くようにはしています。

-ご登録者の隠れた強みを引き出して活躍機会を創出することにこだわりを感じますね。ちなみに、そのあたりに何か個人的なこだわりや理由があるのでしょうか?

みゆ:「実績を出す」というのは確かに大切ですし、相手にも見えやすいと思います。でも、成功の裏には沢山の失敗があって、それが成功しない限り価値ない物なのか?というと、必ずしもそうではないと私は信じています。きっとその時の苦しみを今感じている企業に寄り添えるのは、同じような挫折を経験した人だけだと思うんですよね。だから私は、綺麗なエピソードにも涙ぐましい失敗にも価値を見出したいですし、活躍の機会に繋ぎたいと思っています。挫折を知っている方って、魅力的ですよね!

-みゆさんの人柄がよくわかりますね!辛い経験を聞くことでその人の強みをさらに引き出しているなと。一方で日本はまだまだフリーランスという働き方が普及していない中で、フリーランスに向いている人ってどんな方だと思いますか?

みゆ:一重に言えないですが現場ですごく苦労して何でも自分でやってましたっていう人は強いなって思います。大手上場企業で役員やっていた方やメガベンチャーで活躍していた方だけでなく、ネームバリューのない中小企業を渡り歩きながら苦労していろいろな経験をしている方もその時に身につけた解決手法を、自分の型や武器にしてすごく活躍しています。

-そういう人たちって転職市場だと転職回数が多いとかいう理由で活躍の機会がなかったりしますもんね

みゆ:そうですね。でもそういった方々ってすごくいろんな経験や職域を3つ4つと持っていたりします。なのでフリーランスになるという点では転職回数はあまり関係なくて、自分が置かれたその場その場で必死にやってきた人が一番向いていると思います。営業もマーケティングも人事も新規事業推進も全部やってましたって人がフリーランスとして出せるバリューって雇用では出せないものだなと思います。

逆に、1社でずっと勤めた後に独立されて活躍される方もいます。そういう方は、企業在籍時から会社ではなく自分という看板で仕事をする意識がとても強いと感じます。責任感があって、自分のミッションをやりきってきた人が最強フリーランスですね。こんな方々と毎日お会いしているので、私自身も本当に襟が正されます。

サーキュレーションがあるから挑戦できるという環境を創る

-ありがとうございます。みゆさんの実現したい未来ってどんなものなんですか?

みゆ:まだまだ日本でフリーランスとか業務委託っていう考え方が浸透していないのが現実です。でも日本には例えば夫の転勤とか介護とか何かしらの事情でフルタイムで働くことが難しくなったけどすごくスキルのある人がたくさんいらっしゃいます。まずは本当にすごい人がフリーランスとして活躍をしてこの働き方を広げて欲しいと願う一方で、やる気があるのであれば機会は平等に与えられるべきだと思いますし、ゆくゆくはやる気はあるけど機会がない人たちに向けたサポートもしていきたいと思っています。

あとはフリーランスとして一人で活躍するのは難しいけど、各分野のプロの方が集まりチームになったらできることって広がると思うので、そういう取り組みにも挑戦をしていきたいなと思います。サーキュレーションに登録したら、案件を紹介してもらえるだけでない選択肢をどんどん増やしていきたいですね。

-そう考えるとエグゼコの仕事ってすごく多様ですよね。単に個人のスキルを棚卸しするカウンセリング業だけではないような気がしています。

みゆ:もちろんカウンセリング業がメインですが、いろんな方にお会いをすることで見えてきたことや求められているサービスって多様だなと感じています。なので最近は専門家の人同士が出会うイベントや活躍している専門家の声を発信することでより多くの人に興味を持ってもらえるようなメディア運営もしています。そうやって新しい働く価値観を創るというミッションを真に叶えていきたいと思っています。

-そんな多様なエグゼコの仕事ですが、みゆさんの考えるエグゼコに向いている人ってどんな人ですか?

みゆ:個人の持っている価値観は人それぞれなのであまり関係ないかなと思っています。でも何かしら自分の経験と紐づけて、全く新しい働く価値観を創りたいって思っている人でないとただ辛いだけかなと思います。いい意味で予算みたいな縛りがないからこそ、働く個人の気持ちを一番に考えられるし、毎月何人の良さを引き出せるかということを突き詰めて仕事をすることができるので、根底にその価値観がないと一緒に働くことは難しいと思います。

-今後のエグゼコ組織を拡大していく中で、理想の組織像はありますか?

みゆ:やっぱりプロと向き合う仕事だからこそ、プロとして自分の強みを大いに発揮しつつ、弱い部分はみんなで補い合えるチームを作りたいと思っています。個人としては自立を目指して良い部分は全力で伸ばして欲しいし、プロになっていって欲しいので、できないところは全員でカバーしていく体制をつくっていきたいですね。あとはすごく働きやすい環境なので安心して挑戦してほしいですね。私なんか去年アキレス腱断裂をしましたが、会社がすぐに動いてくれて3ヶ月間在宅勤務で電話カウンセリングをこなして、テレビ会議も参加していましたし。前職では考えられなかったです(笑)

-最後にみゆさんの今後の意気込みや目標を教えてください!

みゆ:今個人向けには案件紹介以外のサービスがないので、新しいサービスを作っていきたいです。サーキュレーションに登録したからこそ得られる付加価値をたくさん提供して、フリーランスになるならまずサーキュレーションに登録して実績を積んで貰えるような場所にしていきたいです。

-本日はありがとうございました!今後のみゆさんの活躍に期待しています!

新井みゆ:某大手信託銀行に新卒で入社。バックオフィス、フロント、ミドルを経験。 結婚を機にずっと違和感に持っていた既存の働き方を変えたいと一念発起し、2017年5月に株式会社サーキュレーションへジョイン。入社以来、エグゼクティブコーディネーターとして毎月40名近い登録者のカウンセリングや個人向けのイベント企画、サービス開発に携わる。
株式会社サーキュレーションでは一緒に働く仲間を募集しています
34 いいね!
34 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう