1
/
5

『どこよりも熱い関西支社で、誰よりもマーケットに熱狂する男』

みなさんこんにちは。

サーキュレーション広報の🐝ミツバチ🐝です!

今回は毎月恒例の月間MVPインタビューの時間です。

9月MVPに輝いたのは関西支社の岡部真章さんです!!関西支社ジョインから約半年。サーキュレーションイチ熱い関西支社を牽引する岡部さんの熱い想いに迫ってきました。

岡部真章:工業系専門商社最大手のユアサ商事に新卒で入社。8年間営業に従事。全社営業マン中、上位20%以内を3年連続維持。義理人情を重んじる世界で、商売の機微を学ぶ。その後、更なる成長を求め、サーキュレーションにジョイン。

何よりもまずは周りの人へ感謝。そして1.01の自分でいること。

🐝:岡部さん、9月MVPおめでとうございます!今月MVPを取れた要因を教えてください。

岡部:お客様と専門家の皆様のおかげです!これに尽きます。

微力ながら私が出来たことと言えば、この経営課題を必ず解決するという想いをお客様にシンクロさせていき、それを専門家とも共有できたことが、一体感を創り上げたと思っています。

経歴書からではわからないたくさんの経験をヒアリングし、この方であれば絶対にプロジェクトを成功させてくれるという自信を持って提案できたことが結果につながりました。



🐝:「シンクロ」っていい言葉ですね!そんなお客様や専門家と向き合う仕事をする上で大切にされていることはなんですか?その信念を持つきっかけがあれば教えてください。

岡部:2点ありますね。

ひとつは「今やる、すぐやる、全部やる」ということです。これはサーキュレーションに入ってから学んだことです。常に全力投球。日々をやりきることで、昨日の自分より今日の自分がいいという成功体験を積み重ねています。

関西支社の支社長である笹島さんから、『1.01の法則』を教えて頂き日々それを実践中です。『1.01の法則』とは、毎日コツコツ努力を積み重ねればやがて大きな成果が出るということです。今も絶賛鍛錬の毎日を過ごしています。

もう一つは「人の機微を大切にしている」ということです。これは前職で学んだことです。お客様、仕入先、上司等々から学ばせてもらいました。

発言、表情、行動や性格を読み取り、相手がどう思っているのかを日々考えています。これらを感じながら、時にはジャブを入れたり、一歩踏み込んでみたりする。そうすることで、お客様との距離を縮められる気がします。



アツすぎて.....でも最高な仲間と過ごす日々

🐝:『1.01の法則』、身に沁みますね。そんな笹島支社長とともに関西支社を設立してからはや7ヶ月。関西支社の雰囲気やメンバーの様子を教えてください!!

岡部:「熱い!!」もうこれしかないですね。(ヤケドしますww)企業様への訪問前や帰路での別れ際には、必ず固い握手をしていますし!あと、みんな気持ちがいいです。お客様に対して、本当に真っ直ぐな想いを持って日々全力疾走してます。

なので、成果が出れば嬉しくて泣くし、でなければ悔しくて泣く。そんな事が共に出来る仲間達です。社会人になって忘れかけていたものが、ここにはあると思います。

🐝:すごくいい仲間と仕事ができているのが伝わってきます。少し岡部さんにスポットを当てて、岡部さんがサーキュレーションに入社をして、自分自身が変わったことと変わらないことを教えてください。

岡部:変わったことは「感覚」です。基本新規アポを社長に取りに行くという最も難しいことにチャレンジしていたり、関西支社拡大の為に、自ら考え動かなければならない。こういった0→1への積み重ねが力となり、色んなことにトライできそうな「感覚」を持てるようになりました。

変わらないことはやはり「人との触れ合いを大切にしている」ということです。前職では、既存営業且つマグロの一本釣りのような大型案件を獲得するモデルだったので、何回も顔を出し続け「岡部」から買って頂けるよう奮闘してました。そんな中で、関係性を構築することが最も重要であり、その為にお客様を好きになり、関わることを大切にしてましたね。これが今でも活きていて、こまめなやり取りやフォローを通して、関係性を構築するということに繋がっている気がします。



自分の現在地と未来への危機感

🐝:岡部さんがサーキュレーションに転職したきっかけと、転職して感じているサーキュレーションの印象を聞かせてください!

岡部:「成長したい!」

サーキュレーションへのジョインはこの気持ちだけ。大手企業にいて、権限委譲もされていない組織であと何年働けば、裁量を持った仕事ができるのか。他業界の同年代と自分を比較した時、今の俺は何番手なのか。これを考えた時に、とてつもない危機感を感じたことが大きな要因でしたね。

転職後の印象は、予想通り「成長」しかないといったところです。

しかし、いい意味でこの印象も裏切ってくれています。なぜならスピード感が早すぎて、成長スピードも早いからです。関西支社ではこれを「精神と時の部屋」と言っています。(笑)

🐝:「精神と時の部屋」って面白い表現ですね。でも本当にスピード感が早いというのは感じます。それでは最後に、今後の関西支社の展望とご自身の目標を最後に教えてください。

岡部:1日でも早くこのマーケットで「プロ人材のシェアリングサービス」というものを広めていきたいです。今は大阪・兵庫・奈良・京都を主にお声がけを頂いてますが、このサービスは地方でこそ力を発揮できるモデルだと思っています。

個人的には近い将来、私の出身地でもある鳥取県に足繁く営業にいけるようにすることが目標です。いや、します!!

株式会社サーキュレーションでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
今週のランキング