Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ClipLineという動画 x タブレットを活用した技術習得支援プラットフォームを提供しています。
飲食店をはじめとした、多店舗を展開している様々なサービス業で利用されています。
日本国内・海外に多店舗を展開している企業向けにClipLine(https://clipline.com/service/)という、動画 xタブレットを活用した技術習得支援プラットフォームを提供しています。 ClipLineとは、数秒~数分の長さの動画(clip)を活用した、多店舗展開向けのサービスマネジメントプラットフォームです。 企業内の本部―店舗間、店舗―店舗間の教育やコミュニケーションに活用いただいております。 ・「見て学習」 ・「実際にやってみる」 ・「フィードバックしてもらう」 という従来のOJTを動画を用いたITソリューションに置き換えることを可能にしました。 主にタブレットなどのデバイスを用いて運用しており、現在はアプリ・WEB版(Chrome)を提供しています。 ClipLineのサービスはツール提供にとどまらず、Clipの撮影や導入支援を行い、企業に定着し使いこなせるようになるまでサポートしています。 企業により活用用途は多岐にわたっており、コンサルティングツールとして開発したことに由来して、動画の種類を変えることで様々なニーズに対応できるのです。 サービス開始当初は飲食業界のクライアントがメインでしたが、4年経過した今では、介護や小売、医療の現場などサービス業界の様々な分野で約3,500店舗、およそ6万人(2018年9月)に日々利用されています。 【ClipLineの主な導入企業】 株式会社吉野家、クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社、株式会社ティップネス、ホリイフードサービス株式会社、カイザーキッチン株式会社、株式会社アイセイ薬局、株式会社プラティア、株式会社髙島屋、株式会社東京一番フーズ、株式会社津気屋、養老乃瀧株式会社(順不同・敬称略)

なぜやるのか

当社代表の高橋は、新卒からコンサルティング会社に14年勤務し、外食を始めとするサービス業の企業にてトップマネジメントと共に経営改革に携わってきました。メイン事業である、ClipLine(クリップライン)は高橋の原体験から生まれたものです。
サービス業に関わる企業や人々がかかえる様々な課題を解決し、 業界に大きな変革をもたらします。そして、サービス業の生産性向上や働き方改革に貢献したいと考えています。
外食、医療、介護、小売等の様々なサービス業の現場(店舗)では、テクノロジーが進化した現在でも労働集約型でアナログのままで、テクノロジーの恩恵を受けられていません。 大手企業でさえ、紙やOJTなど従来のオペレーションから進化できていないのが実態。 そのうえ、サービス業においては非常に多くの技術習得が必要とされていること、店舗が各地に点在していること、教育対象の従業員数が多くその半数は非正規社員であるため、人材の入れ替わりが激しいこと、などサービス全体のマネジメントが困難です。 しかし急速にテクノロジーが進んだことで、特にここ数年でタブレットなどのスマートデバイスがサービス業においても活発に利用されるようになりました。また、動画制作もiPhoneなどの身近なデバイスで容易に撮影・編集できるようになり、クラウド環境や通信環境が整ったことでスケーラビリティの高いシステム環境の構築が可能になったため、テクノロジーの進化によるサービス提供・技術の習得を促進するための環境づくりが容易に。 このような環境であれば、サービス業におけるマネジメントの在り方を劇的に変えることができるのではと考え、ClipLineのサービス提供を2014年に開始しました。

どうやっているのか

四半期ごとに社内イベントを行うなど、業務外でのコミュニケーションも多いです。
ご利用頂いている企業の方々からのフィードバックや要望を基に、日々プロダクトの改善やサポートを各部門のメンバーが一丸となって頑張っています!
ClipLineのサービスはツール提供をするだけでなく、コンテンツとなる動画の撮影・編集、活用度向上のためのコンサルティングまで、一括して支援することで導入した企業内で使いこなしていただけるようになるのが最大の魅力です。 そのため、社内にはそれぞれの分野のプロフェッショナルが集まっており、その職種は様々です。 例えば、 ・グラフィック部門:導入時の標準コンテンツの提供、動画制作支援 ・セールス部門:お問合せいただいた企業への提案 ・コンサル/CS部門:顧客への導入支援、継続利用をサポート ・開発部門:プロダクトの新機能開発、既存サービスの改善 ★★★2019年1月 オフィス移転しました★★★ 2016年にオフィス移転してから増床もしましたがメンバーも倍以上に増え、とうとう手狭になってしまいました。 そこで、今後のメンバー増員も見据えて新オフィスに移転いたしました!三田駅徒歩2分の好立地、1フロア200坪の広いオフィスです。是非遊びにきてください♪

Page top icon