1
/
5

待ち遠しかった、営業からエンジニアへのキャリアチェンジ。諦めきれない夢が叶った瞬間と、その後の充実したエンジニアライフと。

鈴木 孝裕さん/システムインテグレーション事業部(2018年入社)

エンジニアになるという夢を諦めきれずに決意した転職。入社から2年が経ち、プロジェクトリーダーという次の活躍のステージに立つ鈴木さんの今を取材しました。

「どうしてもエンジニアになりたい」という願いを、受け止めてくれた会社。

社会人1社目、エンジニアになるべく入社した会社で配属されたのは、まさかの営業部門。自分の希望と反する環境に戸惑いを覚えながらも、まずは任された役割を全うしようと思いました。それでもやっぱりエンジニアになりたいという気持ちが日に日に増してきて・・・。営業からのキャリアチェンジを決めるまで、そう時間はかかりませんでした。

――未経験で選んだCLOCK・ITのステージ。入社後のフォロー体制はいかがでしたか?

「一人前になるまでちゃんと面倒見るから」――。これは、面接の際にシステム部門の責任者が言ってくれた言葉です。実務経験のない自分を広い心で受け止めてくれることが嬉しくて、CLOCK・ITへの入社を決めました。

いざ入社すると、マンツーマンどころではない手厚さで・・・(笑)、当時、社内で受託開発を担当していた先輩エンジニア2人が両サイドから教えてくれて、なかなか贅沢ですよね。貴重な時間を自分のために割いてくれて、「入社したタイミングがよかったね」と今でも言われます。

入社後は、エステサロン予約情報サイトの改修や、自社サービスである「Freebace」の開発に携わりました。ITスキルの習得はもちろんですが、業務のタスク管理や進捗管理の重要性など、エンジニアとして働くにあたっての心得もCLOCK・ITで学びました。「ちゃんと育てるよ」という先輩の言葉に嘘はなく、皆のおかげで、無事にエンジニアとしてのキャリアをスタートできたように思います。



「やりたいなら、やってみる?」 ――想いが実って、メインプロジェクトの司令塔に大抜擢。

――今ではプロジェクトリーダーまで任されていると聞きました。

定期的に行っている1on1ミーティングで、できるならやってみたい伝えていたので、任せてもらえたのかなと(笑)。とはいえ、いざ声がかかったときは、嬉しさと同時に自分に務まるのかという不安があったのも事実です。プロジェクトは社内でもメインで走っているもので、周りは自分より経験豊富なメンバーばかり。自分がその中心に入ってうまく回せるのか、正直わかりませんでしたが、やりたいという気持ちを尊重して任せてくれた上司や会社からの期待に応えたかったので、チャレンジすることにしました。

個人から組織へ、変化した視点。リーダーというポジションが、自分を成長させてくれた。

――ご自身のミッションやリーダーならではの心得について、教えてください。

プロジェクトで行っているのは、ヘルスケアのスマホアプリの開発です。パートナー企業のエンジニアを含めると計10名ほど。プロジェクトの進捗管理やメンバーのフォローがリーダーである自分の役割です。心掛けているのは、コミュニケーションにおいて、一番伝えたい結論から伝えて、皆の時間を奪いすぎないようにすることと、傾聴力を高めること。価値観やバックグラウンドが異なるメンバーと共にプロジェクトを推進していく中で、勘違いや誤解が原因で指示が伝わらなければ、やるべきタスクが実行されなかったり、信頼関係が崩れたりと様々な問題が発生しています。まずは自分自身が相手の考えに寄り添い、共感して意見を探ることで、メンバーとの関係性を構築していかなければと感じています。

――自由度が高いCLOCK・ITだからこそ、プロジェクトの進め方に迷うこともあったのでは?

ガチガチに決まった中でやるより、自分には向いていると思っています。どういった工程を踏んだとしても、結果が伴っていればOKというポジティブな風土なので、メンバーの気持ちを尊重しながら、自分がやりたいようにやらせてもらっています。リーダーを経験させてもらったことで、社長や上司と企業成長や組織改革という視点で話す機会も増え、意識の変化も感じています。



想い描いた通りの毎日に感謝。こんなにも恵まれた環境、滅多にない。

――鈴木さんご自身がこれからやってみたいことって何ですか?

個人的には「Udemy(ユーデミー)」という動画学習サービスを福利厚生で利用できたらと思って、会社にお願いしているところです。学びたいコースを自分の好きなタイミングで選んで受講できるので、業務の合間や休日に勉強するのにピッタリなんじゃないかと。CLOCK・ITの場合、ただでさえ学ぶ環境は充実しているので贅沢な話ですけどね(笑)。ちなみに、月2冊まで本を購入できる「左脳カッセイ度」は、毎月フル活用させてもらっています。

――最後に、読者の方にメッセージをお願いいたします。

「要望を聞いてもらえず、とりあえず指示された現場へ」なんてことは、ここでは絶対にありません。僕は、未経験で入社し、リーダーまで任せてもらって、想い描いたキャリアが次々に実現しています。成長度合いにあわせてチャンスを与えてくれて、一人ひとりに寄り添ってくれる環境があって、こんなに恵まれた環境を他に知りません。自分がどうなりたいかを主張できる、やりたいことがある中で我慢せざるを得なかった、CLOCK・ITはそんな人のためにある会社なんじゃないかと思うほどです。転職を考えている一人でも多くの人に、この魅力を伝えたいですね。


株式会社CLOCK・ONでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング