【クラウドエース'19 新卒社員インタビュー】 Vol.1: 「技術革新を世の中に」

2019年4月1日、クラウドエースに10名の新卒社員が入社しました。

今週は、技術部に入社した5名をご紹介します!

第1回目は、東京大学 大学院卒、システム開発部に配属された、伊藤 翼さんです。

名前:伊藤 翼 <Ito Tasuku>

生年月日:1993年9月26日

最終学歴:東京大学大学院 工学系研究科 精密工学専攻 修士

所属部署:技術本部 システム開発部

キャッチコピー:「技術革新を世の中に」

自己PR:「好奇心旺盛」「イケメン」「秀才」「スポーツ万能」「英語は読める」



- スマブラでCTOをケチョンケチョンにデキる人、来てください!

僕がクラウドエースを選んだのは、他と比べてしっかりしていないわけじゃないんだけど、固くないちょうどいい雰囲気の会社だったからです。それと GCP™️ で日本一というのも惹かれました。

そしてCTOがいい人過ぎた、、、(笑)エンジニアとしても人としても尊敬できる人だったから、選んだ理由として、ここも大きいと思います。会社の第一印象としては、最初に通されたのが暖簾がある畳の部屋だったので、なんの会社に来ちゃったんだろうと感じましたね。(笑)

人事も正直ベースで、「できたばかりの会社なので未熟なところもあります。」とちゃんと話してくれたので会社のポリシーにあるように皆正直な会社なんだなと感じました。

入社前後のギャップとしては、まずは人数が増えたことと、オフィス自体が広くなったというところですね。それ以外は特に雰囲気も含めてギャップを感じていないです。

今はまだプログラムとかエンジニアにとって必要な知識や、GCP の勉強など、基礎的なことしかしてないですが、メンターの方に丁寧に教えてもらっていてとても楽しいです。

それと、週1くらいで夜な夜なスマブラをしているのですが、どうしてもCTOに勝てないんですよ。悔しいですね。ぜひスマブラデキる人に入っていただいて、CTOをケチョンケチョンにしてほしいです(笑)

- 見ていた業界・就活のやり方

見ていた業界はIT業界とコンサル関係を見ていました。7社ほど受けまして、内定を頂いたのはここだけです。コンサルは、1Dayインターン挟んでいてなんか違うなぁと感じ、IT 1本に絞りました。

絞ってからは年末年始でITで何をしたいか調べて、クラウドのエンジニアがいいのではないかと感じました。大きい企業などに応募し、ご縁がなかったり・行かなかったりしてた時にクラウドエースからスカウト来て、そのまま1ヶ月で内定をいただきました。就活以外では大学の研究していましたね。あとはサッカーしてました。結構ゆる~く就活してました。(笑)

- アルバイトは何をしていましたか?

居酒屋・添削・UberEatsをしていました。居酒屋は3年間、学部時代にばりばりやっていて、大学院からは自宅で添削を細々と続けていました。そしてたまにUberEatsをやって自転車で都内をいろいろ回ったりしてました。個人的にはもっとエンジニアのインターンとか行けばよかったかなぁと思っています。

内定までの流れ

就活サービスLab Baseにてスカウト → 会社個人説明会(1週間後)→面接(適正検査・技術試験) → CTOと二次面接(技術試験の締め切りから2週間後)→ 最終面接(1週間後)→ 内定(土日挟んですぐ)

面接アドバイス

最終面接の時に会長から夢を聞かれました。僕は所属しているサッカーチームがプロ化、J1昇格まで行くのを見守ることが夢です。

  • エンジニアでもやる分野が色々あって、SEとかSI・コンサルなのか、純粋にプログラムをしたいか、整理しておいたほうがいいです。
  • Google Cloud™️ の資格、ネットワークとLinuxの勉強。あとプログラム(Java・C++・Python)も使っていると良いかも。
クラウドエース株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more