【クラウドエース'19 新卒社員インタビュー】 Vol.5: 「Amazing Cloud, Amazing Apps」

クラウドエース 技術部に入社した新卒社員5名のインタビューを紹介しています。

技術部最後を飾るのは、日本工学院専門学校 ITスペシャリスト科 ネットワーク・セキュリティ専攻卒、

クラウドエース技術本部 システム開発部に配属された、高橋虎聖さんです!

名前:高橋虎聖 <Takahashi Takemasa>

生年月日:1996年8月26日

最終学歴:日本工学院専門学校 ITスペシャリスト科 ネットワーク・セキュリティ専攻

所属部署:技術本部

名刺のキャッチコピー:Amazing Cloud, Amazing Apps

自己PR:「素直」「嘘がつけない」「ネガティブな考え方ができない」


- 先進技術と GCP™️ への挑戦

もともとITという広い業界の中でもネットワーク、サーバ、IoTだけを見てました。世の中の企業はAWSを扱う会社が多い中で GCP 面白そうだな、次世代のクラウド技術に挑戦してみたいなという気持ちがありました。一番の決め手は客先常駐がないことと自社開発ですね。働きやすさを求めていたので(笑)

入社前はある程度自由で面白い会社だなとふわっとした印象を持っていたのですが、実際に入社してみていい意味で意識の高い社員の方が多いな、と(笑)

みなさん GCP へのチャレンジ精神がすごいんですよ!それにみなさん本当に GCP が好きで触れているんだな、というのがじわじわ伝わってきます。僕自身の入社前後の心境の変化として GCP 楽しそうだな、という漠然とした好奇心からから GCP やっぱ面白いじゃん、ていう明確な興味に変わりました。オンプレを触っていたのでそれがクラウド基盤で動いているのがすごく新鮮なんです!なので入社後の変なギャップとかはなかったです。

- 志望動機「面白そう」じゃだめですか?

就活中、企業を何社か受けたのですが、その中でも気軽に受けることができました。僕は会社選びの時に「面白そうだな」っていう感覚を大切にしているんです。他の企業で志望動機を「面白そうだと思ったからです」と答えると落とされてしまっていたのですが、クラウドエースは僕の「面白そう」を素直に受け入れてくれました。

あと技術試験を完遂できなかった時に正直に「わかりませんでした」と言ったらアドバイスとフィードバックをもらえたんです。それはとても嬉しかったですね。この会社ではわからないことはわからないと正直に伝えたほうが得だと思います。

- 休日は思う存分こだわりを

休日はバーベキューやキャンプに行ったり、趣味のドライブや車いじりをします。趣味にはとことんこだわりを持ちたいタイプなので、誰にも干渉されたくないです(笑)

人と一緒にいることも好きですが1人のときはそれなりの楽しみ方があるので、バーベキューやキャンプも自然と戯れているだけで1人でも楽しめます。変に気を遣わなくてすむじゃないですか(笑) 

- 将来を考えたことはありません

基本的に将来を考えたことはないですね。クラウドって、技術的に通常不可能であることが当たり前のようにできているというロマンがあって、逆に何ができないんだろうって思うくらい夢があるんですよ。

そのロマンと夢を追いかけてこの会社に入ったので僕は今をかっこよく生きることが大事だと思ってます。でもまあ、強いて言うならGAFAがすべてを支配した世界で、インフラエンジニアとして輝きたいですね。

内定までの流れ

エントリー→説明会→1次面接→適性検査→技術試験→

2次面接(フィードバック)→最終面接(1ヶ月以内)

クラウドエース株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings