Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.
1101人のフォロワー

メンバー

全員みる(14)

なにをやっているのか

Cluexは、「ITの力で教育格差を無くす」をテーマに、子育てをするママの情報格差無くす「mamanoko」を開発している会社です。

妊娠・出産・育児・子育てをするママのための情報サイト「mamanoko」
https://mamanoko.jp/

「子育ての情報格差を無くす」というミッションに向かってサービスを開始し、まず、第一弾として子育てを応援するウェブサービスを展開しています。
利用者は「妊娠、出産を控えるプレママ、子育て中のママ」で、主に25~40歳までの女性ユーザーが愛用中。
今最も注目を集める「ママ」向け媒体として急成⻑し続けています。

なぜやるのか

「ITの力で教育格差を無くす」

海外を見渡してみると、 世界では貧困、飢餓、紛争、資本主義による格差が起きています。
世界に存在するこういった大きな問題を解決していくのは「人」です。 そして、「人」は教育によって創られます。
つまり、「教育の平等」こそが本当の問題解決に繋がります。我々はITの力で日本、世界の教育改革を行いたいと考えています。
子供は育った地域、環境によってその後の人生が大きく変わります。 では、子どもにとって一番身近な環境とは何でしょうか?
私達は「家庭」だと考えます。

スマホの急激な普及で様々なサービスのモバイル化が進みましたが、子育て情報はまだまだ足りていないのが現状です。
そこで、ママ自身が子育てで何か悩んだとき「私たちのサービスを見ればどんな悩みも解決できる」環境を整えることが一番の教育水準の向上に繋がるのではないか?という想いで子育て情報サービスを作りました。
まずは「子育てで困った時にはmamanokoを見れば解決する!」という「子育てのインフラ」となるようなサービスにしていきます。
その後は、ITを用いて出産、子育てと関係性の深い教育事業、医療事業などに拡大をし、同じようにその分野で世界のインフラとなるようなサービスを作っていきます。

どうやっているのか

Cluexでは「ITの力で教育格差を無くす」というビジョンの元、日々皆が「理想の子育て・教育とは何か?」という軸で議論をし、サービス開発をしています。

代表の大濱は、大学在学中からカンボジアや中国にて経営者として様々な事業を行なってきました。
日本に帰国後は、全く新しいタイプの予備校を数校舎開設し成功を収めています。
海外での事業経験が豊富な大濱が常に様々な場所で感じていたのが「教育の格差」
子供は家庭やその地域の環境によってその後の将来が大きく決まってしまいます。
家庭教育の充足こそが教育格差を是正する為に必要なことなのではないか?
そのような理由で私たちは「mamanoko」を立ち上げました。

Cluexには、元大手不動産会社の営業マンからエンジニアに転身した人、元GREEでスタートアップでCTOを経験したエンジニア、大学在学中から個人事業主として活躍していたエンジニア、移動販売のたこ焼き屋を経営していたディレクターなど様々なバックグラウンドをもった社員が在籍しています。

ソーシャル

私たちについて

世界、日本に共通する問題の解決策は「人」を育てること。
その根幹にあるのは教育。我々はITの力で日本、世界の教育改革を行いたい。まず、第一弾として子育てを応援するウェブサービスで突破口を開いて行こうと考えています。株式会社Cluex(クルー)はまだ始まったばかりのスタートアップです。一緒に新しい歴史をつくっていく志高い仲間を募集しています!

スペース

株式会社Cluex's Blog
Cluex Developers Blog

インタビュー

ブログ

株式会社Cluexの募集

もっとみる

地図

東京都港区六本木3-4-35 落合三幸ビル802

Page top icon