教育格差に共感!新卒からベンチャーでビジネス能力をつけ、3年後の夢は起業。

株式会社Cluexに入る前

就活の時期にはコンサルをやりたいなと思っていました。もともとコンサルを志望した理由は「好きな分野の仕事をしたい」というものでした。昔からゲーム好きだったので、「コンサルの課題解決はゲームみたいで楽しそう」と考えてました。

ですが、就活セミナーや選考会で色々な人に話しを聞きにいくと優秀な人は教育の大切さについて語ってくれることが多いなと感じました。それは教育業界の人達だけではなく、最初に志望していたコンサル事業の人も、どこの分野の人でも教育の大切さについて語ってくれました。そこであるベンチャー企業の社長に聞いた「すべての人は最後には必ず教育という分野に導かれる」という言葉に感銘を受けて、大きな可能性のある分野だなと感じました。これが漠然と教育という分野に興味を持った理由です。

株式会社Cluexに入社したきっかけ

「教育」という分野に興味をもった僕は、いつダウンロードしたか分からない「wantedly」を起動し、教育関連の企業を見ていくと「Cluex」という見たこともない企業が目に入ってきました。企業の紹介ページを見るとまさに探し求めていた理念をもった企業だったのです。世界の教育格差をITの力でなくしていくという壮大で社会的意義のある理念に心から共感しました。初めて運命みたいなのを感じましたね。笑

どうしても面接をして欲しかったので、wantedlyメッセージで送った後に、Cluexの問合わせメールにも同様のメッセージを送って何としても会ってもらおうと必死でした。その後アポイントを取り、面談をしてもらい、僕が「理念に共感した」という旨を長々と伝えました。日を改め何度か食事に行かせていただき、大きな目標と社会的意義の大きい理念のある会社に関わりたいということで、インターンとして働かせていただくことになりました。

現在やっていること

メディア事業で、営業から採用、機能の立案、マーケティング、データ分析などビジネス全般をすべて担当しています。現在ディレクターとして行っている仕事について、3つを具体的に紹介します。

1つ目は、mamanokoのユーザービリティを上げたり、新機能の考案を行っていく仕事です。mamanokoの使いにくいを洗い出し、どうしたら良くなるかを考えてエンジニアと相談したり、mamanokoに新しく追加していくシステムに関して、他のサービスを研究をしまくってUI・UXを自分自身で考え、提案していく仕事です。成功しているサービスがなぜ成功しているかを抽象化してmamanokoに落としこむ、といった仕事を行ってます。現在は、mamanokoの今後の柱となる「口コミ」機能の考案を行っています。ディレクターとしてユーザー目線の最高のサービスをつくるために、毎日社長との会議を行っています。

2つ目は広告代理店様と打ち合わせです。mamanokoの広告担当として、代理店様とお話をして、広告としてもアピールしながらも、記事としてもユーザー様にとっても価値のあるコンテンツ作成に努めています。また、アドネットワークとSSPの導入・管理を行っています。ここでも意識しているのは、ユーザー目線です。クラアント様にもユーザー様にも喜んでもらえるように、両者を徹底的に研究して取り組みの提案・打ち合わせに望んでいます。

3つ目は、弊社のメディアmamanokoの記事を作成しているライターさんとのやり取りです。どんな記事が読者であるママさんにとって価値のある内容なのかをライターさんと一緒に考えて、ママさんの悩みを解決できるようなコンテンツを作成していく仕事です。ライター様に直接会いに行ってご挨拶をしに行ったり、24時間いつでも返信できる状態でライターさんが執筆しやすい環境つくりにも励んでいます。本当にユーザー様のニーズと合った記事を作成できるように、同時にマーケティングやデータ分析を行って日々コンテンツの質向上に努めています。ユーザー数・PV数の動向はもちろん、サイトの滞在時間や直帰率など細かい部分まで分析してユーザー行動を適切に図って問題点の抽出と改善を繰り返しています。最近ではデータ共有を最速にするために、アナリティクスのデータを自動共有してくれるようなプログラムを組んだりして社内全体の分析力アップにも努めています。

僕が、ここで働く理由というのは、自分自身を飛躍的に成長させることのできる環境だからだと思います。 サービスをさらに発展させるために、毎日自分で考えて、仮設を立ててそれに基づいて実行・改善をするということが僕達の仕事です。本当に大変だけどそれをやりきった時にはまた新しい自分がいる、みたいな。インターンを始めて半年で、様々な能力、経験を得ることができました。

株式会社Cluexについて

Cluexでは、大濱から仕事の仕方を学びながら働いています。社長から直々に仕事についてアドバイスしてもらったり、悩み相談が出来る環境はとても素晴らしいと思います。

また弊社には7つの指標があり、僕はこれにそって働いています。

「迅速、改善、不屈、謙虚、 知恵、 実行、価値」

これは堅苦しいものじゃなくて、どんな仕事をしていても大切な考え方だと思っています。特に「価値、改善」は常に念頭に置いて働いていますね。ユーザーさんにとって価値のあるサービスにしていくために、昨日より今日は何かが必ず改善されるようにしています。Cluexは、そういった仕事の仕方を学び、ビジネス能力をつけていける場所だと思っています。

また、改善というのを「見える化」するために、僕達ディレクター陣では毎日改善会議というものを行っています。これは【仕事終わりにその日に行った改善を必ず5個以上共有する会議】です。共有することで、お互いに改善の質についてフィードバックを行うことができ次の日からの仕事の質もさらに高まります。さらにお互いがどんなことに問題意識があり、どんな視点をもって行動しているのかが分かるようになるので、視野が広がりより改善の幅を広げることができます。僕はこの会議を導入するようになったことで、仕事の仕方や1日の過ごし方がガラっと変わり、成長の角度がさらに上がったと思います。

日々の業務をやりながら、5つの改善をするのはめちゃめちゃ大変だし、毎日が必死なのですが、それによって自然と仕事の質は上がり、主体的になり、仕事全体というものを大きい視野で捉えられるようになるんです。ディレクターチームのみんながこの考えの元働いていくことで、メンバーの数だけ改善が生み出され、サービスの価値を毎日あげることができると思います。

今後どういうことをしていきたいか

ディレクターとしてユーザーさんにとって価値あるコンテンツを生み出しながらも、ディレクターチームのエコシステムを作っていくことが目標です。自身の成長はもちろんとして、ディレクター陣のチームワークの強化や、後輩の育成、人材の採用まで手がけ、強固なチームを作っていきたいです。またビジネスマンとして、営業力・採用力をつけていくことも同時に達成していきたいです。

また僕達の理念である「IT×教育で世の中を変える」という考えの元で、教育のインフラが整っていない地域に教育届けたいです。世界に目を向けてみると、発展途上国では十分な教育は行えていないです。どこの地域で生まれても、望んだ教育を平等に受けることのできる機会を創りだしたいです。mamanokoはその始まりだと思います。教育の根本である家庭の教育支援をすることで日本の、そして世界の教育水準をあげることができると信じています。

個人的には、3年後に起業をしたいと考えています。まだどんなビジネスをやっていきたいかは決まっていませんが、「教育格差を無くす」という理念に沿ったことができるのが本望です。3年後には自分の考え方は変わっているだろうし、ビジネスアイデアを今考えても意味ないのかなと。 起業に関して大濱も応援してくださっているので、Cluexという最高の環境でビジネス能力を身につけ、将来は自分の会社として「教育」を変えていきたいと思います。

株式会社Cluex's job postings
Anonymous
43a5647e ec55 46e0 9a7a 5650419eebc3?1501227156
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 Like
Anonymous
43a5647e ec55 46e0 9a7a 5650419eebc3?1501227156
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon