Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【インタビュー】メンバーにここ最近のCluexの変化について聞いてみた


こんにちは。徳永です。

10月に入り、一気に肌寒くなりましたね。
2017年も、のこり2ヶ月。早いですね。

いきなりですが、みなさん、この写真をご覧ください。



Cluexが設立されて2年目の、2016年の集合写真です。
この時のCluexは10人規模、男性100%でサービスを運営していました。


それから1年以上経った2017年、、、、、、


おかげさまで、インターン生・パートの方を含め、
Cluexメンバーが30人を越えました🎊🎊

2017年に入ってから女性メンバーが増え、男女比率が男性から6:4になりました。
毎月、新しくCluexのビジョンに共感したメンバーがジョインしています。

それに伴い、毎月Cluexの働き方や雰囲気も少しずつ変化しているようです。

今回は、今年度の上半期に入社したメンバーに、Cluexの今年度の変化について聞いてみました!




薄田(左奥)
同志社大学卒業後、不動産ベンチャー、人材紹介会社にて営業を経験。
Wantedlyのスカウトにて大濱と出会い、2017年3月に入社。
現在、広告担当と医師監修業務を兼任。
坂口(右)
大学卒業後都内の百貨店に就職。接客販売を経験の後、顧客向けサイトやECサイトの企画・運営を担当。
第二子出産後の保活事情により、2017年4月にCluexに入社。
mamanokoの育児・ライフスタイル分野のライティング・ディレクションを担当。
内山(左手前)
大学卒業後、大手SIerなどでエンジニアを経験。
Cluexのビジョンに共感し、2017年6月にジョイン。mamanokoの開発を担当。


◼︎Cluexに入社されたきっかけを教えてください。

ー自分の努力が会社の成長と直結する環境で働ける

薄田:
当時営業として働いていたので一つの営業先として訪問させていただいたのがCluexを知ったきっかけです(笑)
それから社長である大濱とはすごく意気投合して何回か飲みに行ってたんですが、大濱の温かい人柄や人と向き合うときの姿勢、そして何より事業に対する熱い思いに圧倒されました

また自分としても、将来起業して最高の組織を作りたいという夢があったので、20代のうちに会社・事業を自ら作れる環境に身を置きたいと考えていました。大濱からCluexについて聞いた時に、ここなら自分がしたい経験を手に入れることができるのではないかと思い、無理言って入社させていただきました。

現在は広告担当と監修医師採用を担当させていただいてます。広告担当では、記事の中にユーザーが本当に必要とする商品の情報を記事に反映させていく仕事および、広告掲載で連携している企業の対応をしています。また医師監修採用に関しては、監修してくださる医師の方にご連絡や実際にクリニックにまでお伺いし、ご監修いただけないか交渉をしたりしています。

自分がどれだけ努力できたかが結果に直結し、会社を形作ることになるので、毎日が非常にエキサイティングです。未だ社内で誰も経験がないような仕事にも直面することがあるので、困難も多々ありますが、チームで相談してその難題を乗り越えていくことが非常に楽しいです


ーママとしての経験を活かせる仕事です

坂口:
次男が長男と同じ認可保育園に入れなかったこともあり、子育てと両立しながらもやりがいを持って働きたいと考えて企業をさがしていたときに、Wantedly上で見つけたのがCluexです。

最初は軽い気持ちで面接を受けたのですが、企業理念やサービス内容について大濱から直接説明を受け、その熱い思いに非常に魅力を感じました。また、社員の清水と小林ともその場で会う中で、「ここの会社でこの人とたちと一緒にユーザー向けのサービスをつくっていきたい」と思い、入社を決めました。

現在はmamanokoの育児やライフスタイル系のライティングチームのリーダーとして、メンバーと話し合いながらユーザーにどんな記事を届けていこうか決めたり、mamanoko内の記事の確認などを行ったりしています。

転職にあたり、ユーザーの生活を豊かにしたり便利にしたりできる情報をWeb上で発信していきたいという思いを持っていました。mamanokoは子育てメディアなので、自身のママとしての日々の経験を活かしながら、ユーザーに役立つ情報を提供できるので、非常にやりがいがあります。まさに自分の求めていた仕事をできていると感じており、とても張り合いのある毎日です。


ーエンジニアとして、社会を変えていける会社

内山:
私は少数精鋭の組織でエンジニアとしての実力をあげ、オーナーシップを持って自社サービス(mamanoko)を育てたいと思い入社しました。

以前は比較的大きな企業で、金融系システムや流通系システムの開発・運用に携わっていました。前職で徐々にマネジメントの仕事の比重が高くなってきたため、当時エンジニアリング業務を続けたかった私は、長くエンジニアとして働ける会社に転職することを決意しました。同時に、何か仕事をする以上、ソーシャルイシューに向き合い、社会を変えていく仕事がしたいという思いを持っていました。

そういった思いで企業を探していたときに、Cluexに出会いました。大濱や担当者の話を聞いたり、教育について考えるうちに、この世界に強く興味をもちました。そして、Cluexの理念やビジョンに共感し、エンジニアとして育児の悩みや教育格差の解消に取り組んでいきたいと決意し、2017年6月に入社しました。

業務としては「mamanoko」の開発を行うwebエンジニアを担当しています。

入社後まもなく子供が生まれ、現在仕事と育児に奮闘中です。私はユーザーとしてもサービスを使うのですが、夜泣きや子供の健康に関することから、お食い初めなどのイベントまで、さまざまな疑問を「mamanoko」記事で調べ参考にしています。このような子育てという重要なライフイベントをサポートするサービス開発に携われていることを誇りに思いながら日々仕事をしています

◼︎みなさんが入社した時のCluexはどんな雰囲気でしたか?入社当時から、今にかけての変化を教えてください。

ー社内で議論を重ね、サービスの質を追求しています

薄田:
入社したての時は月曜から土曜まで平気で夜遅くまで働いてましたね。仕事がめちゃくちゃ楽しくて、没頭する毎日でしたが、やっぱりそれだと体が持たないし、プライベートの時間も取れなくなっていました。今期始めから社全体で働き方を見直し、今では休日はしっかり休み、息抜きをしたり、好きなことに時間を使うことができています。プライベートで自分の時間はもちろん、友人や家族を大事にする時間が出来て、より毎日が充実してきましたね。

働き方の観点から言うと、Cluexはすごく対話を重視する会社だと感じていて、その風土は今も昔も変わってないです。社員が増えようと、一人一人が責任感を持ち、わからないことがあれば部署間関係なく詳しい人に直接相談してトライ&エラーを繰り返して行く。相手の意見を取り入れることでどんどん方向性が具体的に落とし込まれていくのでチーム間での意思決定がすごく早いですね。この環境があるのは皆がより良いものを追求しよう強く思っているのと、社員同士の仲も良く、信頼関係が築けているからであると考えています。

社内はすごいフラットな環境なので相談のみならず、個々人のやりたいことや改善すべき点などを社員同士で積極的に話し合っていて、毎日改善にも結びつけています。年齢も関係なく常に和気藹々と仕事ができていて、いつも毎日楽しく仕事させてもらっています。


ー時間の制約がある中でも、やりがいを持って働ける

坂口:
私が入社したときは、若手の男性の比率が非常に高く、みな夜遅くまで働いている状況でした。私自身若いときは仕事が楽しくて遅くまで残業していたので、仕事が面白い時期にいっぱい働きたいという気持ちは理解していました。一方で、子育てとの両立のために時間に制約のある私にとっては、みなが長時間働いている状況だと意見が言いにくい面もあって…

最近は育児と仕事を両立しているママ社員も増えましたし、独身の社員のなかにもきちんと定時で帰るというメンバーも増えてきています。結果、時間の制約があるメンバーでも発言しやすい環境になってきているのではないかと感じています。私自身、短時間勤務をしながらもリーダーとして責任ある仕事を任せていただいており、時間の制約があるなかでもやりがいを持って働けています

また、さまざまなバックボーンを持った方が入社されてきたことが、組織の活性化につながっているという感じがします。いろいろな経験をしてきた方が集まってきていることで、新たな視点が入ったり、効率的なやり方を導入できたりして、良い方向に向かってきているなという感覚がありますね。

Cluexは良い意味でも悪い意味でも、まだまだ成長途上の企業です。だからこそ、新しく入ったメンバーでもどんどん意見が言えること、やりたいことに自由に手を挙げられることが魅力のひとつです。また、mamanokoやままのてといったサービスの面でも、組織の運営体制の面でも、メンバー一人ひとりが「良いものを作りたい」という気持ちを持っています。同じ方向を向いたメンバーが、自由に意見を出し合いながら、さらに良いものを目指すことができるという良い循環が生まれてきている気がします。


ー女性メンバーが増え、一層ママに寄り添ったコンテンツを提供できる体制に

内山:
私が入社してから4ヶ月たちましたが、組織全体についていえば、一緒に仕事をする仲間、特に女性ライターが増えたことが大きな変化だと思います。出産・育児に関する議論がより活発になり、一層、子育てするママに寄り添ったコンテンツを提供できる体制になりました。

エンジニアサイドでは、7月にスマホ向けアプリ「ままのて」がリリースされました。
これに伴い、「mamanoko」を開発するチームと「ままのて」を開発するチームに分けて、連携をとりつつそれぞれのサービス開発に集中できる体制になりました。開発に行き詰まったときに相談すると、自分事のように考え、アドバイスをくれます。そんなメンバーを信頼・尊敬していますし、私もチームにとってそういった存在になれるよう日々奮闘しています。と、こんな言い方をすると窮屈な環境に思われるかも知れませんが、実際は単純にみんなエンジニアリングが大好きなので、それぞれのメンバーが自分の能力を最大限発揮できるペースで楽しみながら仕事をしています。

また、私の場合入社直後に子供が生まれたのですが(現在4ヶ月)、その点もメンバーが最大限考慮してくれています。開 発タスクも無理なく適切にアサインされているため、無駄な残業は一切ありません。たいていの場合定時に退社して家で子供との時間を楽しんでいます。

組織は大きく成長しつつありますが、「ユーザーを第一に考えてサービスを育てる」というメンバーの思いは全く変わりません。開発会議のときも、さまざまなwebサービスを使うときも、ときにはランチのときでさえ、ユーザーにとっての価値とは何か、サービスをよりよくしていくにはどうすればいいかなどについてディスカッションします。この社風はいつまでも変わらないでほしいと思っています。


◼︎今後Cluexが成長するにあたって、課題だと思うことは何ですか?また、今後も残していきたい風土はありますか?

ーこれからもスピード感を保ちながらユーザーに価値を届けたい

薄田:
もっともっと各個人が成長することが大事だと思います。
世界の社会問題をなくすという理念に掲げていますが、継続的に社会問題に向き合い解決に導くために、売り上げの視点も組織全体で伸ばしていきたいですね。

今後も残していくべきなのは、スピード感ですね。今は人数も少なく各々がスピード感もって自分の仕事をガツガツ進めていってもらえてます。ただ今後は社員もどんどん増えると思うので、同じスピード感を保ちながら意思決定ができるように組織づくりをしていきたいです。


ー社員の人柄と柔軟性がCluexの魅力

坂口:
人が増えて組織が大きくなってきているなかで、組織体制を整えることが今後は必要になってくると感じています。最近ではバックオフィスを担当するスタッフが入社したことで少しずつ改善されている部分もあるので、これから改善されていけばと思います。

また、人が増えてきたとはいえ、まだまだ人数が多いわけではないため、一人ひとりの役割が大きいこともベンチャーならでは。だからこそ、もっと仕事の効率化をはかり、一人ひとりが限られた時間でできることを増やすことが今後必要かなと感じています。最近はさまざまなITツールがありますし、うまく活用していきたいですね。仕事が属人化しないような体制作りやマニュアルの整備などもしていきたいです。

一方で残していきたいのは、Cluexの人の良さとベンチャーならではの柔軟性。本当に優秀で人柄の良い人が集まっている会社だと思うので、そういった人たちがのびのび働ける環境であることは大切ですよね。また、仕事のやり方、サービスのあり方についても日々議論をしながらトライ&エラーし、より良いものを目指していけるという点は大切にしていきたい部分だと思います。


ー個の力を伸ばし、ユーザーの生活に寄り添えるチームに

内山:
私自身は、まずは個の力を伸ばすことが組織全体の成長にとって必要なことだと思います。
技術の世界は進化が早く、次々に新しい開発手法やサービスが登場します。広く浅くそういった新技術にキャッチアップするとともに、エンジニアそれぞれが得意な分野を持ち、協力し合うことでより一層ユーザーにとって価値あるサービスが提供できると思います。

エンジニアの成長機会を与えてくれる社風はずっと残してほしいと思います。エンジニアチームではタスクの消化状況によっては、技術を磨くためのインプットの時間も確保できています。また、ビジネスサイドとエンジニアサイドで連携を密にし、ひきつづき「ユーザーのことを第一に考えたサービスをつくる」ための議論が盛んに行われる会社でありたいと思います。


ーCluexのユーザーを大切にする思いや柔軟性を残しつつ、今後もビジョンに向かって成長していきたいですね!

薄田さん、坂口さん、内山さん、ありがとうございました!

株式会社Cluexでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Baabcaea 1942 40f3 9a54 90d11a7ac00a?1504788880
27fa5f37 5bc2 45f9 b7be dbb21b09ce33
7e0f64d5 9bff 451a 82e2 e49219588014?1504777220
3b797a15 dffa 40b0 acfb 4a09af7240aa
43a5647e ec55 46e0 9a7a 5650419eebc3?1501227156
14 いいね!
Anonymous
Baabcaea 1942 40f3 9a54 90d11a7ac00a?1504788880
27fa5f37 5bc2 45f9 b7be dbb21b09ce33
7e0f64d5 9bff 451a 82e2 e49219588014?1504777220
3b797a15 dffa 40b0 acfb 4a09af7240aa
43a5647e ec55 46e0 9a7a 5650419eebc3?1501227156
14 いいね!
Ad50e0cc 7fa3 4aa6 9fbf 53e61e99362d?1504778350
株式会社Cluexに遊びに来ませんか?
株式会社Cluexに興味を持ってくださり、ありがとうございます。よければCluexについて気軽に話を聞いてみませんか? さらに表示
Ad50e0cc 7fa3 4aa6 9fbf 53e61e99362d?1504778350
株式会社Cluexに遊びに来ませんか?
株式会社Cluexに興味を持ってくださり、ありがとうございます。よければCluexについて気軽に話を聞いてみませんか?
7ec58f1f 1930 4c16 9852 f2f36c040d12
オープンポジション

<オープンポジション>教育・子育ての格差を無くし、世の中を変えませんか?
他の募集を見る

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon