「極力運用がない状態にする」が合言葉。ポリシーはシンプルに一つだけ。

こんにちは、人事・広報室の石井です。
今回は、アペルザの「エンジニアチーム」についてご紹介します!

お話を聞いたのは、アペルザ創業時からエンジニアチームを支える山崎さんと上保さんのお二人。
お二人のお仕事内容は、こちらに詳しく掲載されていますのでぜひご覧ください。


-大企業・楽天からスタートアップのアペルザへ。お二人が感じるエンジニアチームの違いとは?

山崎 大きい会社だと、ルールとか手法がガチガチに決まっていることが多い。何かやるにも、それに従う必要があり、承認プロセスも多いですね。例えばリリースが1ヶ月後に迫っているのに、そのサービスのドメインを承認するのに2週間かかり、リリース直前までドメインが決まらないとかね。笑。アペルザでは、CTOの塩谷さんに相談してすぐに決まり、社内IT担当に連絡してすぐに設定できる。決めるまでのスピードはとにかく早いです。

上保 外から押しつけられるみたいな成約はない。大きい会社だと、「標準化」とかって言われ、例えば言語はこれを使わなきゃいけない、フレームはこうしなきゃいけないって枠組みの中で頑張る感じ。でもアペルザには、枠組みはない。「極力運用がない状態にする」というポリシーだけ。そのポリシーにのっとってもらえれば、何をしても何を使っても大丈夫。

山崎 手段を限定していないので、ポリシーさえ守ってもらえれば良い。運用コストを上げるような構成はやらないですね。

上保 運用コストが極力かからない、つまりサービスレベルを自動で維持できるかを考えること。クラウドであってもシステムって落ちるんですよ。そういうことが起きると、不測の事態でサービスに影響が出ることがあるけれど、極力自動で復旧できる仕組みをつくろうとしています。いかに手がかからず、その上でサービスレベルが維持できるか?を大事しています。


-そこまで考えながら開発しているスタートアップって、多いんですか?

上保 フェーズにもよるかと。アペルザも、サービスを立ち上げた2年前はスピード重視で開発していたので、落ちても仕方ないって時も正直あった。今なら、つくるなら自動復旧しなきゃダメだよねとか、スピードを大事にしつつも可用性も必ず考慮する。

山崎 皆ができているかは分からないです。でもそれをやっていかないと、新しい機能の開発中でもそれが起きるので、開発どころじゃなくなって、維持するだけで大変になっちゃう。そのために、やっぱり復旧に時間を使わざるをえなくなる。いつかは対処しなきゃいけない。そこが後手に回るところはいっぱいある気がしますね。

上保 今まで開発したものに邪魔されずに次の開発ができるような仕組みを考えていかないと、次の開発ができないんです。うまくいっているスタートアップってみんなそれができていると思います。

山崎 確かに。


-他にアペルザの開発スタイルって、どんな特長がありますか?

山崎 クイックでとにかく早く具体化していくところでしょうか。他には、お客様の情報を持っている
ころですかね。

上保 理想は、小さくはじめてそれを育てていく感じのスピード感をもった開発。とりあえず仕様書をこ
れだけ書いて、3ヶ月後からつくりはじめるということではないですね。最近は、プロダクトが成熟してきたこともあり、他の部署と綿密に連携しながら進めていく場面が増えた気がします。ある意味スピードを重視すると特定の人が考えてつくったほうが、意見もブレないし早いので、開発初期はそういった形で進めていた部分は、正直あると思います。でも今はフェーズが変わって、スピードは大事にしていますが、どちらかというと、サービスの内容やクオリティをもっと高めるにはどうしたら良いか?にシフトしてきています。そのため、他の部署と連携しながら進めていますね。

山崎 営業メンバーが書いている日報も、見ています。サービスのリクエストが書いてあることもありま
すし、お客様の声からサービスをどう改善するか?を考えていくことも多いです。実際に、お客様の声から改善した事例もありますね。



-アペルザのエンジニアチームは、どんなチームですか?

山崎 グローバルでオープンなのがエンジニアチームの特長ですね。外国籍の方もいるし。シンガポール拠点もあるし。英語でのコミュニケーションが中心になる場もある。そういう英語やグローバルなコミュニケーションをして行きたい人には、楽しいと思います。あとは、ポイントを押さえて意思決定はしつつ、他の細かいところは任せてくれるから、裁量が大きい。

上保 必要なところはCTOの塩谷さんがキュッと締めてくれるし、それ以外のところは緩めてくれるよね。やりやすいなって思う。

山崎 特に最近は、すごく礼儀正しいというか、落ち着いた環境になっている気がします。落ち着いたメンバーが多いからかな。他にも、横浜中華街に行けるメンバーでランチに行ったり和気藹々としてますね。

  ※オフィス周辺のランチマップ。社内Wikiで公開中。


-これから一緒に働きたい人って、どんな人ですか?

山崎 ちょうど、ランチでそんな話してましたよね。誠実で、健康な人、あと手を動かせる人

上保 軸は2つですよね。人間的な軸と仕事の軸。人間的な方は誠実かつ健康。仕事は?

山崎 手を動かして、ちゃんとアウトプット出そうとする人。

上保 まあ、そうですね。でも、僕はやっぱり自走できる人と一緒に働きたい。

山崎 今のエンジニアチームの人数だと、自走できる人が良いね。

上保 自走したいぞ!って人。指示を待っているのではなく、自分から見つけて走ってくれる人。

山崎 で、理想を言えば、皆まで言わなくてもきっちりやってくれる人。

上保 僕たちも若手の育成を頑張らないといけないよね。

山崎 実際に伸びている若手って、勝手に伸びて行く。そのためのきっかけづくりはもちろんするけれど、伸びる人はちゃんと伸びる。「世界を変える!」って勢いはあるけど、どうしたらよいか分からなくてこじらせる人を多く見てきたんだけど、地に足ついている人のほうがやっぱり伸びるなと感じますね。

上保 最近の若手のタイプも変わってきてるなと感じます。以前は、とりあえず先輩は背中を見せていれば良かったけど、今はもっと積極的な対話をした方が良いのかもと思っています。

山崎 自分たちが1つ1つ丁寧に教えて行くのは正直苦手だけど、自主性はすごい尊重しているよね。自分がこうしたい!を提案してくれれば、それを受け入れて試してみようという機会は、いくらでも提供できる。

上保 質問された時、山崎さんはちゃんと応えてますよね。自分が動いて、ちゃんと人とコミュニケーション取りながら、ドンドン質問してくれる人には、すごくやりやすいと思う。そういう意味で、コミュニケーション能力は必要。

山崎 PCに向かって黙々とやる仕事を選んでいる時点で、人に何か言うのが好きじゃないのかもしれないです。笑。同じ間違いをしてもPCは怒らないし。でも、分からなくて作業が止まってしまう時や、何かをやってしまった時には、ちゃんとコミュニケーションとってほしい。そこでもじもじされちゃうと、みんな困っちゃう。実際にそういうことも多いんですよ。

上保 黙々とプログラミングだけっていう仕事は、アペルザにはないよね。人が使うサービスを、エンジ
ニアも含めて人と人が考えて話しながら作っている。
だから黙々とプログラミングだけっていうのは難しいと思う。ただ、両立はできると思います。例えば80%黙々とプログラミングして、20%をコミュニケーションに使うとか。

山崎 ぼくは半々くらいの割合かもしれないな。


おわりに

ルールで枠組みを決めその中で業務を行うのではなく、守るべき芯だけ決めてそこを中心にどんどん業務範囲を広めていくアペルザのエンジニアチーム。ルールが少ないのは、チームメンバー同士がお互いに信頼しあっているからこそだと思います。これからどんなプロダクトや機能が開発されていくか、とても楽しみです!


Web Engineer
ミスマッチを感じている第二新卒エンジニアの方、将来について話しませんか?
株式会社アペルザは、製造業に専門特化したインターネットサービスを提供している会社です。 製造業は、GDPの約2割、輸出の約9割を占めるなど日本を経済大国へと導き、今なお海外で高く評価されている産業です。そんな製造業ですが、中小企業を中心に「技術力があるにも関わらず知られていない企業や製品」がたくさんあります。私たちは、売り手と買い手をつなぐプラットフォームを提供することでこうした企業や製品が国内外に広く知られ、使われるようになるお手伝いをしています。 ◾️出展企業数約7,600社!月間利用者約30万人!の「アペルザカタログ」を運営 製造業特化型のメディアとしてはトップクラスの利用者数を誇る製造業向けカタログポータルサイト「アペルザ カタログ」(https://www.aperza.com/catalog/)で商品をアピールし、見込み顧客を獲得できるサービスを提供しています。 ◾️新規事業への挑戦!製造業向けクラウドサービス「アペルザクラウド」誕生! 私たちは今、新たにSaaS事業に挑戦し始めています。 アペルザカタログで新たな製品を見つけたエンジニアは、売り手であるメーカーや商社に製品の技術仕様を確認したり、納期や価格を交渉したりしています。つまり、売れるまでの過程で多くのコミュニケーションが発生するのがこの業界の特徴です。そうした特徴を踏まえ、営業活動を支援するクラウドサービスを立ち上げています。そして、このサービスに手応えを感じている今、SaaS事業のチームを強化したいと考えています。 ▼総額約12億円の資金調達(創業3年で累計23億円超)を発表! https://www.aperza.com/corp/20190731 ▼アペルザのことがもっとわかる!資料はこちら https://speakerdeck.com/hr_team_aperza/aperza-hiring
株式会社アペルザ


プロジェクトマネージャー
B2B日本発グローバルなプロダクトを創り上げるプロダクトマネージャ必見
株式会社アペルザは、製造業に専門特化したインターネットサービスを提供している会社です。 製造業は、GDPの約2割、輸出の約9割を占めるなど日本を経済大国へと導き、今なお海外で高く評価されている産業です。そんな製造業ですが、中小企業を中心に「技術力があるにも関わらず知られていない企業や製品」がたくさんあります。私たちは、売り手と買い手をつなぐプラットフォームを提供することでこうした企業や製品が国内外に広く知られ、使われるようになるお手伝いをしています。 ◾️出展企業数約7,600社!月間利用者約30万人!の「アペルザカタログ」を運営 製造業特化型のメディアとしてはトップクラスの利用者数を誇る製造業向けカタログポータルサイト「アペルザ カタログ」(https://www.aperza.com/catalog/)で商品をアピールし、見込み顧客を獲得できるサービスを提供しています。 ◾️新規事業への挑戦!製造業向けクラウドサービス「アペルザクラウド」誕生! 私たちは今、新たにSaaS事業に挑戦し始めています。 アペルザカタログで新たな製品を見つけたエンジニアは、売り手であるメーカーや商社に製品の技術仕様を確認したり、納期や価格を交渉したりしています。つまり、売れるまでの過程で多くのコミュニケーションが発生するのがこの業界の特徴です。そうした特徴を踏まえ、営業活動を支援するクラウドサービスを立ち上げています。そして、このサービスに手応えを感じている今、SaaS事業のチームを強化したいと考えています。 ▼総額約12億円の資金調達(創業3年で累計23億円超)を発表! https://www.aperza.com/corp/20190731 ▼アペルザのことがもっとわかる!資料はこちら https://speakerdeck.com/hr_team_aperza/aperza-hiring
株式会社アペルザ
株式会社アペルザ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more