1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

東京から札幌へ移住したTakayukiのストーリー

Wolt (ウォルト) には職歴、経験、意見やスキルが異なる人たちが集まっていて、そこから新しい仲間や働き方が生まれています。社員にスポットライトを当てたEmployee Storyシリーズでは、それぞれの地域や部署で活躍するメンバーを紹介!

今回はWoltのセールスチームでRetail Development Managerとして活躍するTakayukiに、転職した経緯や、Woltでの働き方や仕事軸について伺いました。


今までの経歴と入社してから

日本で生まれ、大学時代には欧州の小国ルクセンブルクに交換留学。学業の傍、大手や中小、政府系機関からスタートアップまで合わせて5社でインターンとして仕事をしていました。大学卒業後、新卒で求人検索エンジンの米系IT企業のInside Salesとしてキャリアをスタート。直接仕事に関わることから、常に転職市場に関する情報収集をしていました。その中で、個人的にずっと食に携わることをしたかったのと、ITにも興味があったので、コロナ前ではありましたがフードデリバリー業界が熱い!と興味を持ち始めました。

実は米系競合他社からも声がかかっていましたが、ヨーロッパの考え方やサステイナビリティに対する想いもあり、Woltのことを知った時に「ビビビッ」と来ました。選考が進むにつれて、この人たちと働きたいと思ったのが転職理由です。0→1のカルチャー、これから作り上げる楽しみと、地方都市に住んでみたいと思っていたので、ドンピシャでした!

最速で仕事を始めるために入社前の5月から広島オフィスで5日間オンボーディングを行い、その後すぐに札幌へ移住しました!今では、よく思い切ったなと思います。

その後、レストランスペシャリストからエンタープライズチームのディベロップメントマネージャーへ昇進しました。現在はリテールディベロップメントマネージャーとして新しい分野のビジネス構築を行っています。

今後2−3年は事業の拡大に貢献したい

競争が激しいこの業界で、Woltを本気で日本に根付かせたいと思っています。競争が激しいからこそ、今できることを頑張ってやりたい。今後はチャンスがあれば、日本のみならずWoltの海外展開にも携わりたいと思っています。


東京から地方に転職して生活に変化はありましたか?

Quality of lifeはかなり上がりますね!仕事は忙しいけれど、休みの時は楽しんでいます!会社の同僚と釣りやドライブに行ったり、同僚が友達でもあります!



日々のスケジュールは?

いつどこで働くのかはあまり気にしていません。一人一人の責任感(Ownership)を持って働くという点は、Woltの全社員に当てはまることだと思います。

ヨーロッパとのミーティングが午後に集中するため、午前は集中して作業をするようにしています。この会社では、自分で仕事を取りに行く姿勢や能動的に動ける人が成功しています。


業務内容を教えてください!

レストランスペシャリストの業務は、営業 (Restaurant Partnership Manager)が獲得してきたレストランをオンボードさせることです。一件ずつお店を回ってiPadの使い方など説明したり、実際にWoltを利用できるまでと、収益を上げれるように提案したりもします。また、レストランパートナーにWoltの中長期的な戦略に賛同してもらって、Woltのファンになってもらえるよう関係を深めています。競合との差別化を図るためにも、誠実な対応をするよう心がけていて、適当なことは言わず、期待値コントロールにも気をつけています。

Retail Development Managerとしての仕事は、エンタープライズ(大手企業)との交渉や関係構築を主に行っています。現在は新規事業でもあるリテールのオペレーションをどうするかなど、クライアントと戦略を考えたりもします。


仕事のやりがいは?

着実に1都市ずつ増えている点です。以前に比べて確実に効率も良くなっていて、加速させられている。以前はマニュアルだったけど、徐々に効率化、整理されている、日々改善されていることが明確なので、1年前の何もない状態と比べると、それが仕事へのモチベーションにつながっています。

そしてWoltでの経験は将来的に役に立つと思っています。MissionやValueにもすごく共感しましたが、10年後も本気でこの会社が成功する可能性があると考えています。そのためには会社の急成長とともに個人としても急成長していく必要があると思います。

外資系でもなかなか感じられないスピード感です!

Woltでは、年齢や経験は関係なく意見が発信できて、建設的であれば受け入れられる。そして実行スピードも早い!強く思っていることがあるのに「言い出せない、聞いてもらえない」、そんなもどかしい思いをしている人にとっては、Woltみたいな環境が最適解なのではないかと思います!


Woltでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング