1
/
5

【社員インタビュー】CIT 石田 健二 ~情シス部門の頼れる若手コーポレートエンジニア~

こんにちは!

提案力とテクノロジーであるがままに生きられる世界を創る、バリュエンステクノロジーズです。

今回は、弊社のコーポレートIT部で活躍している、石田健二のインタビュー記事です。

石田 健二 プロフィール

新卒でSIerに就職後、転職を機に情シスに転向。
前職のfreee 株式会社では、2人目のコーポレートエンジニアとして入社し、
IPO 準備としてアカウント・システム統制を実施したり、IDaaSの導入/構築、社内ポリシー整備、コスト管理及び社内インフラ設計/ 構築などに従事。

現在はバリュエンステクノロジーズのコーポレートエンジニアとして、コーポレートIT業務全般の他、外部向けのITコンサルを行っている。
最近の趣味は、ジムやサーフィンで体を動かすこと。

新卒でインフラエンジニアになったんですね!どうして興味を持ったのですか?

もともと早く自立したい、早く働きたいという想いがあって、大学は医療現場のシステムを扱える人材を育てる情報系のレアな学部に進みました。周りは就職先として医療系に進む人が多かったんですけど、自分はITに進もうと思っていました。在学中は、サーバーを立てたりインフラについても学んでいたのですが、プログラミングは苦手意識もあったので、インフラエンジニアになろうと決めました。


なるほど!インフラエンジニアから情シスへ転向したのは、どんなきっかけだったんですか?

当時のプロジェクトでは、お客様と接する機会がなく、仕事を通して役に立っている実感を得られなかったんです。また、もともと人と話したり、教えたりすることも好きだったので、教員免許も持っており、もっとユーザに近いところで仕事をしたいと思うようになったのがきっかけです。

あとは、データセンターって冷房がめちゃくちゃ効いてて、すごく寒いんです。1日中そういう場所で仕事をしていると体もおかしくなってました。そういう、機械に優しい環境ではなくて、人と接して人間らしい生活もしたかったです(笑)

情シスは、周りの人や従業員とコミュニケーションを取ることが多いです。従業員の方がヘルプデスクに問い合わせるということは、目の前に困っている人がいるということなので、いち早く知恵を絞って、問題を解決してあげることが、やりがいに繋がっています。

初めて情シスを経験した会社は、明治時代からある貿易船を管理している伝統的な会社でした。外国人が多かったので、英語でのやりとりもたくさんあり、苦労した面もありましたが、情シスとして会社の生産性に寄与できている実感を持ちながら仕事ができた良い経験でした。1年半ほど経験し、情シス分野でもっと成長したいと思い、より『新しい会社』で働こうとfreeeに転職しました。


バリュエンステクノロジーズ(VT)の社員になろうと思ったのは、なぜですか?!

freeeには5年もいました。自分の中で思考が固まってきていたのと、この会社でしか通用しないのでは?とも考えるようになっていて、色んな会社の情シスを担当して知見を広げたいと思っていました。実は、VTの他にもう一社内定をもらっている企業があったんです。そこは、200名くらい情シスメンバーがいる大きな会社で、一人あたり2〜3社のお客様を担当する会社でした。お客様先によっては、客先に常駐する可能性もありました。

VTに決めた理由は、freeeで一緒だった木戸さんがいたこと、裁量が大きいこと、給与面、フルリモートで働きやすい、という「納得感」がありました。


ずばり、バリュエンステクノロジーズ(VT)の魅力は?

人数が少ないからこそ、意思決定が少なく、主体的に動きやすいです。何か新しいことをやりたい時も、自分で決めた上で承認権限がある人に直接持っていけるので、小回りがききます。

また、情シスを中心とした事業(コンサル、チャットボット)を外部にも展開しているので、色々な業務で役に立っていると感じられます。現在、情シスのAIチャットボットを開発中で、僕の経験上からくる要望をエンジニアのみなさんが形にしてくれるので、情シスの知見を活かしてもらうことができます。だからこそもっと知らなきゃと思って、勉強にも身が入ります。

社内のコミュニケーションも上手くいっていて、物事がスピーディに進んでいくのもVTの魅力です。


バリュエンステクノロジーズ(VT)に興味がある人へ、メッセージをお願いします!

ありきたりな回答になっちゃうんですけど、主体性や裁量を持って働けることです。フリーランスにすごく近い印象で、実際、会社では希望するポジション(正社員・業務委託契約)を選ぶことができます。

裁量があるから、自分らしく、自分を認められる働き方ができると思います。ワークライフバランスって言葉は個人的には好きではないのですが、仕事で自分の自己実現ができて、認められているという実感があります。各自の責任の元で働けるので、仕事さえできていれば、消極的・遠慮がちの人も働きやすいと思います。結果的に個人の時間も作りやすく、フリーランス向きな人にはオススメです。

本当にそうですね! 自分らしく、一緒に働いてくれるメンバーが入ってくれたら嬉しいですね♬

以上、石田 健二 のインタビューでした。
次回も他のメンバーについて紹介したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

バリュエンステクノロジーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう