1
/
5

2年半で蓄積したベンチャー採用ノウハウは100つ以上!代表的な採用ノウハウをご紹介します

「ポテンシャライトさんは具体的にどのような採用ノウハウを持っているのでしょうか?」

とご質問をいただくことがあります。
たしかに、「ベンチャー企業様向けの採用コンサルティングです」と言ってもどのようなノウハウを持っているのかはわかりづらいかと思います。

そこで、今回はポテンシャライトが持っている様々な採用ノウハウを小出しでご紹介したいと思います。


申し遅れました。
今回は2019年2月にPotentialightにジョインしました 上中 がお送りいたします。





※このブログは2019年11月現在のものです。ポテンシャライトは月に1個以上のノウハウを蓄積しておりますので、このブログを見たタイミングによっては、これ以上のノウハウがある可能性が大いにあります。その際はご面談でご質問下さい。

(1)媒体特徴表

ここ最近のベンチャー採用市場において外せないのは「採用媒体」です。エージェントさんにご依頼させていただく機会も多いですが、そこまでキャッシュが潤沢ではないベンチャー企業にとっては、媒体採用に頼ることが多いです。ただ、現在媒体は年々増えており、採用担当側も特徴を把握しきれていないのです。ポテンシャライト は常時40〜45社の採用を兼務しておりますので、各媒体の効果測定は常に行なっています。ある企業様でうまくいった媒体を他社様で使用してみるなど、スピーディーに動いています。
「媒体特徴表」は1つではなく数十枚に渡ります。
 - 職種別 媒体特徴表
 - 年齢別
 - 料金別
 - 企業フェーズ別
 - スカウト側か運用型か
 - スカウト返信率別
 - エンジニア言語別
 - エンジニア種類別
 - 登録者人数別
 - 実績別
 - 登録者のレベル感
などを文字ではなく、図でまとめています。
一部ご紹介をすると下記のようなイメージです。

<業界別オススメ採用手法(天気予報)>


(2)エージェント特徴表

代表の山根がエージェントを10年経験していたこと、また周りのエージェントさんともコミュニケーションを多く取る機会が多かったため、様々なエージェントさんとコネクションがあります。また、これまで合計130社の採用支援実績の中で、半数の60社程度の企業様ではエージェントさん経由での採用活動を行なっています。職種数でいうと30職種くらいあったかと思うのですが、どの職種/どの業界においてはどのエージェントさんがワークするのかは理解しています。
あらゆる観点においてエージェントさんを分類しており、整理をしています。

<エージェント分類(紹介数と質で比較)>

※上記エージェント名は記載しておりませんが、イメージ図としてご覧ください。

(3)採用ブランディングノウハウ

採用ブランディングとは、その企業を魅力的に表現するための情報を引き出して整理することです。スタートアップ/ベンチャー企業は知名度がなく、魅力の設計ができていません。また、事業も駆け出しで魅力があるとは言い難く、あらゆる観点で会社を語り、魅力的に映し出せるように設計をします。つまり採用市場においてのブランディング形成をします。
ポテンシャライトが定める23つのブランディング項目がありますので、その項目に従って質問をさせていただき、回答内容をうまくまとめていきます。

<採用ブランディング23項目>


(4)エンジニア採用ブランディングノウハウ

上記(3)のエンジニア採用バージョンです。エンジニアはビジネスサイドと比較すると魅力的に感じるポイントが異なります。エンジニアが魅力に感じるポイントを19つにまとめており、(3)と同じようにヒアリングをして魅力設計を行なっていきます。

※図は非公開なのですが、ご面談/ご面接時にご質問をいただればお話します。

(5)デザイナー採用ブランディングノウハウ

上記(4)のデザイナー採用バージョンです。デザイナーも技術職として採用することは難しく、魅力の設計は重要になります。

※図は非公開なのですが、ご面談/ご面接時にご質問をいただればお話します。

(6)採用広報ノウハウ

2016年以降にトレンドとなっている採用広報。採用活動をするための広報活動全般になります。ミッション/ビジョンについて、事業戦略について、社員インタビュー、人事制度について、などをインタビュー形式でブログ形式にまとめます。
今このブログを記載していますが、これも採用広報の1つです。ただ、2018年頃から採用広報記事の件数が莫大に多くなってしまい、チープな採用広報記事が満映してしまいました。そのため、採用広報にもしっかりとした戦略が必要なのです。その戦略設計や題材選定などを行います。

<採用広報の題材/題名設定案>


(7)エンジニア採用広報ノウハウ

上記(6)のエンジニア採用広報バージョンです。前述した通り技術職の採用活動は特殊です。採用広報の中でも、エンジニアに特化した採用広報は手法が異なるのです。ポテンシャライト はこれまで70社程度のエンジニア採用支援実績があるため、そこで得たノウハウを採用広報に適用しています。

<エンジニア採用広報の流れ>

(8)媒体別スカウトノウハウまとめ

採用活動において外せないスカウト業務。求職者を待っているだけでは応募はいただけません。各採用媒体においてスカウト業務は肝となっており、媒体ごとにスカウトノウハウは異なっています。Wantedlyであれば何に注意しなくてはならない、ビズリーチであればスカウト文章量はこれくらいが良い、などのノウハウを持っています。

※図は非公開なのですが、ご面談/ご面接時にご質問をいただればお話します。

(9)スカウト1to1シート

上記(8)に記載をした通り、スカウト業務が肝になりますが、求職者様に対してスカウトメールをテンプレートで配信しても返信率の向上は見込めません。「1to1」という表現を聞いたことがあるかもしれませんが、その求職者様にカスタマイズをした文章を記載することを指します。1to1文章は無限に作成をすることができるのですが、ある程度の型があります。その型をまとめたものが1to1シートになります。

※図は非公開なのですが、ご面談/ご面接時にご質問をいただればお話します。

(10)フェーズ別 採用手法まとめ

創業してから100名になるまで、採用手法はフェーズごとに異なります。理由としては採用予算の兼ね合いと、必要となる職種、知名度などが異なるからです。どのフェーズにおいてどの採用手法がマッチするのかをポテンシャライト は熟知しています。

※図は非公開なのですが、ご面談/ご面接時にご質問をいただればお話します。


いかがでしたでしょうか?


ポテンシャライト にジョインをしていただけましたら、こういったノウハウを用いて採用コンサルティングを実施してまいります。また、これらのノウハウは数年後には廃れているかと思います。ただ、新たなノウハウはそれ以上のペースで見つけ続けるのがポテンシャライト のやり方になりますので、皆さんにお願いしたいのは「ノウハウ」を創ることになります。



未経験歓迎!
新規サービスとしてスタートアップ向けの人事領域の支援 立ち上げませんか?
◆「HR partner」というHR業界における "新しい概念" を提唱する スタートアップ×HR支援企業 ポテンシャライトはスタートアップ/ベンチャー企業のHR支援をしております。 設立後、250社様ほどの企業様のHR支援実績がございます。 —— ポテンシャライトは、  - HRインキュベート事業  - エージェント事業  - Opela事業 People×Techツール の3つが存在しておりますが、本募集はHRインキュベート事業になりますので、同事業について中心に記載いたします。 —— ▶︎ HRインキュベート事業 スタートアップの採用/人事組織系の支援を行なっております。 具体的には、 &lt;採用活動&gt; いわゆる採用活動全般、また採用活動の上流である「人事戦略」から入ることもございます。  - 人事戦略立案  - 採用戦略立案  - 採用ブランディング設計  - 採用マーケティング設計   - 採用広報戦略策定   - 採用ピッチ資料の刷新   - Voice/Movieを用いた採用マーケティングの実施   - 採用イベント実施  - 各種採用ツールの作成   - Entrance Bookの刷新   - エントリーマネージメントブックの作成   - その他用途に応じて採用ツールの作成  - 採用実務   - 採用経路の検討   - 母集団形成   - 書類選考   - 最終面接後のディレクション &lt;人事組織活動&gt; 「入社」を起点にして、さまざまな人事組織における支援をしております。  - エントリーマネージメントの実施  - 入社オンボーディングの策定/実施  - Mission/Visionの策定/浸透  - Value/Cultureの策定/浸透  - マネージメント育成  - 人事制度設計/運用  - Wellness分野の刷新   - 福利厚生/働き方の提案  - 各種ポリシー策定   - 人事ポリシー   - 組織ポリシー   - マネージメントポリシー   - コミュニケーションポリシー など ◆HR業界出身の方へ 「自身の提供サービスでは顧客の課題は解決できない」と思ったことはありませんか? ポテンシャライトには人材紹介会社、求人広告会社、HRtech系企業などあらゆるHR業界の出身者がおります。 例えば、  - JAC Recruitement  - Lib  - ワークポート  - マイナビ  - インフラトップ  - キャリアデザインセンター  - イマジカデジタルスケープ  - レバレジーズ  - div  - beyond cafe  - サーキュレーション などです。 ほぼ共通している転職理由としては、 「自身(自社)の提供サービスでは顧客の課題は解決できない」 というものでした。 この記事をご覧になっている方がHRに少しでも触れたことがある方であれば、ご理解いただけるかと思いますが、 例えば、人材紹介会社であれば、「自社が得意な職種」であれば紹介はできるかもしれませんが、それ以外は難しい。且つ入社後の「定着」「活躍」には触れることができない。 また求人広告会社であれば、自社が取り扱う求人広告だと提供可能ではありますが、それ以外では難しい。且つ求人広告で採用が不可能な場合もある。にもかかわらず強引に提案する。 こういった実態はあるかと思います。 当社ポテンシャライトは「HR partner」というポジションです。 ありとあらゆるスタートアップの内部に入り込み、そのスタートアップの「人事」として縦横無尽に動き続け、相手となるスタートアップ企業よりも熱量を持って、HRという側面からスタートアップを成長させるポジションを担います。そのため、 「ポテンシャライトが提供できないサービスは ”ない” 」 と顧客には伝えています。 ◆取引企業例 プレイド、ヤプリ、Repro、エブリー、17 LIVE、リブセンス、クラスター、カバー、BitStar、Cygames、ミラティブ、マイネット、ユニファ、メルペイ、ヘイ、Nature、リンクアンドモチベーション、セブン銀行、東急など多数
株式会社ポテンシャライト
株式会社ポテンシャライトでは一緒に働く仲間を募集しています
株式会社ポテンシャライト からのお誘い
この話題について、
話しませんか?
気軽な情報交換や相互理解に活用できます
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ポテンシャライトからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?