1
/
5

なにをやっているのか

カメラや双眼鏡、スマホ、パソコン、PS5まで。幅広い家電・ガジェットをレンタルできるモノカリ
2-30代が活躍するアットホームな職場
当社は「モノ選びに革新を」という理念を掲げ、主に家電・カメラ・ガジェットなどのモノのレンタルサイトとモノの比較webメディアを運営している会社です。 ● モノカリ - 家電・カメラ・ガジェットのレンタルサイト 一眼レフやミラーレスなどのカメラをはじめ、掃除家電や調理家電、ゲーム機まで幅広い家電をレンタルできるサービスです。これまで買うしかなかったモノを一定期間のみ借りる、という新しい概念を提案しています。個人から法人まで幅広い利用があり、年間1万人以上の方に利用されています。 ● モノナビ - 月間100万UU超 モノの比較サイト 何か特定のモノを探している人に対し、選び方からおすすめ商品の比較まで提案し、買いたい人を後押しするwebメディアです。質の高い記事を作っていることから、ワールドビジネスサテライトやタモリ俱楽部など多くのテレビ番組でも取り上げられています。

なぜやるのか

旅行の時だけカメラをレンタル
在宅者が増えゲーム機レンタルのニーズも急上昇
沢山のモノが溢れる現代で、本当にいいモノは数少なく、見つけるのは大変です。 「カメラが欲しいけれど、何を買えばいいかわからない…」 「このスマホはサイズ感はいいけど、機能は揃っているのかわからない…」 モノナビとモノカリは、そんな方を後押しするWebサービスです。 モノナビでモノを比較して本当に良いモノを知り、モノカリでまずはレンタルして試してみる。 購入ではなく、必要な期間だけレンタルする、という購買行動の新しい形を世の中に普及するのも私たちの使命であると考えています。 例えば、買うと10万円以上するMacBook。モノカリでレンタルすれば、月9,800円、定価の10分の1以下で借りることが可能に。365日、ネットから予約すれば、欲しい日にすぐ借りることができます。 明日学校で3日間だけ使いたい、今日から1ヶ月仕事で使いたいなど、利用者のニーズは様々。 これまでの常識を覆し、「高価格なモノを、安く、使いたい期間だけ借りる」というコンセプトの下、あらゆるモノをレンタルできる世界を目指しています。

どうやっているのか

リクルートから上場企業の子会社社長を経験した代表の金子が、3年前に一人で立ち上げた会社です。 紆余曲折しながらも、今のビジネスモデルに行きついたのはほんの1年ちょっと前。 直近1年で事業は急拡大し、仲間も増え、現在は12名のメンバーで事業運営を行っています。 全員が未経験からのスタートなので、これまでインターンをしたことがない、バイトもしたことがない、という方でもご安心ください。 メンバーは2-30代が中心です。役職やポジションに関係なく、同年代の仲間と一緒に切磋琢磨しながら仕事ができる環境があります。