1
/
5

なにをやっているのか

短期・中長期の学ぶ人のやる気を引き出す塾・家庭教師・学校向けSaaS「TimeTact」 https://www.studyvalley.jp/timetact/ https://www.partnership.studyvalley.jp/teachers https://www.partnership.studyvalley.jp/ 経済産業省 未来の教室 STEAMライブラリー プラットフォーム構築事業 https://www.steam-library.go.jp Study Valley公式!メディア https://www.blog.studyvalley.jp/ 小学生向け苦手克服アプリ「アンカー」 https://lp.studyvalley.jp 無料オンラインコンテンツが探せる・見つかる検索エンジン「CanBee」 https://canbee.studyvalley.jp

なぜやるのか

教育を変革し、100年後の世界を豊かにする、をビジョンにしています。 孔子の格言の中に、 「あなたの計画が1年であれば米を植えなさい、あなたの計画が10年であれば木を植えなさい、あなたの計画が100年であれば子供に教育を与えなさい」 というものがあります。 我々は教育のシステムを変革することで、100年後の日本、さらにいえば世界を豊かにしていきたいと考えています。

どうやっているのか

美味しいお酒を飲むのは、モチベーションの1つ
2021年5月末現在、9名の社内メンバーおよび3名のパートナーさんで事業を行っています。 社内メンバーの中には元小学校の先生がいます。 チームの文化として、各々メンバーが最大限アウトプットすることでチームワークは醸成される、と考えており、結果を出すためにメンバー全員が目標に向かって協働しています。 また、創業間もないため、Valueは定義途中なのですが、 1. 美味しいお酒を飲もう 2. A bit of madness を掲げています。 1については、各人が毎月の目標に向かって全力で走り抜け、月末にその達成感で美味しいお酒をみんなで飲もう、というカルチャーです。お酒が苦手なひとはご飯が美味しく感じるそうです。 2については、ちょっとだけバカになろう、という文化です。正攻法や一般的な正しさを追求するのではなく、ちょっと狂ったアイディアで仕事をしよう、という考え方です。完全に狂うのではなく、「うわー、その発想おもしろい!」をチームで大切にしながら事業を進めていいます。