1
/
5

【新卒社員紹介】舞台芸術関連からIT業界へ就職!

こんちは!今回は業界未経験、もと芸術関連の大学から弊社に入社して頂いた上田さんにお話をお伺いしていきます。

なぜ、IT業界へ就職しようと思われたのか聞いていきたいと思います!

・学生時代何をされていましたか?
大学生時代は舞台芸術学科の舞台美術専攻で、主に大道具や小道具・衣装・メイクなど舞台全体のデザインに関する勉強をしていました。

・私事ですが身近に芸術関連のことを学ばれている方がいなかったのでとても新鮮です!ではなぜ畑違いのIT業界へ就職しようと考えられたのですか?
将来の生活を考えた上で舞台美術を軸に生活していくのは厳しいと感じ、デザインやアートにかかわる仕事が他にないかな?と探した結果WEBデザインなどがあることを知りました。
そしてプログラミングスクールでWEBデザイン等のフロントエンドについて学んでいくうちにバックエンドにも興味を持つようになり今に至ります。

・たしかにIT業界は今後も成長産業ですので、学生時代に学ばれた知識を生かして弊社でも頑張って頂きたいです!就職活動では何か苦労されたことはありますか?
やはり今まで学んできた世界と全く違う世界で何もかも1からスタートだったので、IT業界の用語だったり採用試験で出題されるプログラミングのテストだったりと短期間で調べて覚えなきゃいけないことが多くて大変でした。
また、採用試験の勉強中に分からないところがあって躓いた際に近くに質問できる人がいなかったので、一人で解決するまでいろいろなサイトや参考資料を読み漁る等をしなくてはならなく非常に大変でした。

・独学で勉強されている方のほとんどが挫折されるという話もありますし、私も独学していた時期がありますので気持ちがわかります、、それだけ苦労された中でなぜ弊社にご入社して頂けたのでしょうか?
たくさん決め手となるポイントはあったのですが、特に魅力を感じた点は努力を認めてもらいやすい環境がある点です。
説明会や面接を通じて、「どのような努力をして、現在どんな活動をしているのか」というものを代表取締役の方が一人ひとり把握されていると感じました。
そのことから努力を見ていてもらいやすく認められやすい環境があるため社員のモチベーションが維持されつつも向上心がどんどん上がるという良い会社の空気が作られているのだなと思い、そのような社風に魅力を感じました。

・弊社の社風を感じ取っていただけたのですね!
入社されてまだ間もないですが入社後はどのようなことをされていますか?
ローコードを使って書籍購入システムを作成しています。
やはり今まで勉強してきたプログラミングのやり方とは全くの別物なので苦戦しています。
ですが、毎日新たな発見があって非常に楽しいです。
また、同僚の皆と協力しながらシステム作成しているため仲が深まっていってる感じがします!

・業界の性質上常に新しいことを学んでいく姿勢が求められます。それを楽しいと感じれるのはとてもいいことですね!
今後はどのようなエンジニアになっていきたいですか?
まずはユーザー視点での使いやすさを重視した開発を心掛け、周囲とのコミュニケーションを大事にし双方向的な解決思考を身に着けていきたいと考えています。
まだまだこの業界において羽化していない卵みたいなものなので遠い未来の事は〝どうなっていたい″など皆目見当もつきませんが、とりあえずは周りの足を引っ張らずある程度頼れる存在になっていればいいなと思います。

・最後に来年の就職者に向けてひとことお願いします。
就活や転職などいろいろ大変だとは思いますが、皆様がやりたい事を実践できる自分に合う企業を見つけられるよう検討を祈ってます!

リバティ・フィッシュ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング