1
/
5

アパレル店長から未経験でメディアプランナーへ。最初にぶつかった壁とは?

ワンスターには
主に「セールスコンサルタント」「クリエイティブディレクター」「メディアプランナー」
の3つの職種があります。

中でも、メディアプランナーって聞き慣れない方も多いのではないでしょうか?
経験が必要な職だと思われがちかも知れませんが、
実は、ワンスターのメディアプランナーは未経験からの転職者しかいないんです!!

今回はメディアプランナーの仕事や、やりがいを探るべく、
中途入社で未経験からメディアプランナーとして働かれている石川さんにインタビューしました!

本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

石川さんは未経験から働かれていますが、ご自身でメディアプランナーを希望されたんですか?

いえ、配属のご縁でした!

職種に強いこだわりはなかったけど、元々は営業職で応募していて、
当時はそもそもメディアプランナーという職があることさえ知らなかった(笑)

あっそうなんですね!笑
となると転職の理由はなんだったんでしょうか??

転職の理由は「関わる人々の幸せを作り出せる生き方をしたい」という自分のビジョンを達成するためです!

前職ではアパレルの店長をしていて、
当時から、単にお洋服を売るのではなく、お求め頂いた方の毎日の生活が豊かになることを目指して働いていていました。

ただ、今後もっと色んな人と関わったりしていく中で、その人々の生きる未来を作っていける人になるためには、目の前の関わる人にサービスを提供するだけでは「関わる人々の幸せ」を実現することは難しいんじゃないかと感じたんですね。

目の前のお客様だけでなく、より多くの方の豊かさや幸せを考えた時にマーケティング業界に魅力を感じ転職を決意しました!

ワンスターを選ばれたのはなぜでしょうか?

最終的な決め手になったのは代表の千葉との面接です!

会社に合うかどうかだけではなく、「私がワンスターで働くことで幸せになるのか」と相手の未来までも本気で考えて面接してくださっていることをすごく感じて、
一面接者に対してもこれだけ本音で向き合ってくれる会社なら、関わる人の幸せを想う働き方を実現できるんじゃないかなと感じました!

win-winの姿勢が面接にも現れていますね!

それではメディアプランナーの仕事について教えていただきたいです!

ワンスターは主にYahoo!・LINE・Facebookのメディアに広告を出稿させていただいているのですが、
これらメディアの責任者として複数の商材を担当し、広告コストを抑えつつクライアント様の利益を最大化させることがメディアプランナーの主な仕事です!

クライアント様の商材ごとに、広告効果を最大化させるためには、どの年齢層にどの広告枠で広告を出すのか?などのベストな配信設計を考え、営業やクリエイティブの方に提案したり、出た結果から配信方法に修正を加えていきます。
これを繰り返し、広告のより良い運用体系を作り上げていきます!

クライアント様の利益を最大化するために必要なことは何でしょうか??

担当するメディアの特性を誰よりも理解することですね!

私の場合はYahoo!さんの運用を担当させていただいているのですが、
そのメディアをよく利用する年代や性別を把握したり、メディア自体がどのようなクリエイティブを良い広告と判断するのかを日々の運用から分析して理解することに努めています!

メディアプランナーはクリエイティブの方が作った広告を実際に配信する立場にあるので、
その広告の効果を最大化するためには、配信するターゲットや、表示させる位置を適切に定める必要があります。

ものすごく極端な例でいうと、
最高に良い子供服の広告を作ってもらったとしても、それを辻くんとか男子大学生に配信してしまったら台無しですよね(笑)

だからこそメディアプランナーは、担当するメディアを理解するプロでなくてはならないと思います!

たしかに、今僕に子供服の広告が届いても興味は持たないですね笑

メディアの方とも関わりがあるんでしょうか?

ありますね!
メディアの方と折衝を行うのも私たちの仕事の一つです!

他にも、運用ノウハウを作成したり、メディア全体のリテラシー向上のためのプロジェクトを考えたりと
一緒に仕事をさせていただく機会は多いです!

関わる人が多いので、ただ画面に向き合うだけの仕事ではないなと感じています!

(石川さんが入社後、最初に担当されていたLINEさんとのお写真です!)

実際に働き始めて苦労はありましたか??

最初の頃は画面の向こうのユーザーをイメージすることが難しかったですね!

Yahoo!を使って商品を買う人ってどんな人だろう?みたいなイメージが中々掴めず
「想像力の壁」をすごく感じて...

今まではお客様が目の前にいて、会話しながら提案が出来る世界だったから、
見えない相手に届けるのって難しい!って悩みました!

前職と大きく違うところですね!
その壁はどのように克服したんですか??

案件を担当していたチームとの会議で、自分の思考の浅さに気付けたことがきっかけだったと思います!

当時ドッグフードのプロモーションを担当させて頂いていたのですが、会議にメディアのプロとしているはずの私は話について行けていなかったんですね。
会議を通して「なんでだろう?」と思っても諦めずに情報を掴みに行く営業やディレクターの積極的な姿勢を感じた時に、私は自分で壁を作って考えることを諦めていたんだなと気付くことができました。

それに気付いてから「なんでだろう?」の先を絞り出して上長に何度も壁打ちしたり、
広告にペットフードしか出てこないくらい競合調査をしたり、毎日自分の思考を深める努力をしました。試行錯誤の繰り返しで大変な日々でしたが、その中で少しずつ想像力を養ってきたという感じですね!

周りの方々の力を借りながらではありますが、
その後からだんだんと結果を出せるようになり、配属3か月後にワンスターのLINE出稿額過去最高を運用させて頂きました。

過去最高額!すごいですね!

(インターン生の橋元くんにアドバイス中の石川さん)

未経験から働かれる中でメディアプランナーに必要な要素って何だと思われますか?

「意志の強さ」と「しなやかさ」かな!

メディアの責任者としてどんな状況でも諦めずにやり遂げる意志の強さが必要ですし、
毎日多くの人と関わる中で相手の状況や意図を把握して、柔軟に対応していくしなやかさも必要だなと感じています!

自分だけで考えようとすると何も進められないことがあるので、どれだけ多くの人を巻き込んで仕事を進められるかが大切ですし、関わる人が多いからこそ相手の立場に立ったコミュニケーションがすごく大事です!

ワンスターのメディアプランナーは販売職や営業職から転職された方が多いですし、前職でのコミュニケーション力が活かせる仕事だと思いますね!

最後にメディアプランナーのやりがいについてお聞きしたいです!

メディアさんに感謝の言葉を頂いた時や、一緒に喜びを分ちあえる瞬間はすごくやりがいを感じますね!

成果を出すことで、
「ワンスター様の担当でいられることが本当に嬉しい」とのお言葉を頂けたり、
現在ではパートナーとしての信頼関係が深まったことで、メディアさんにとっても初のプロジェクトを一緒に取り組ませていただいています。

誰もが知っている大きなサービスのパートナーとして働けることが誇りにもなりますし、
一緒に新しいことに挑戦して、新たな価値を世の中に提供していけるというのはメディアプランナーならではのやりがいだと思います!

石川さん、本日はお忙しい中ありがとうございました!

メディアプランナーはセールスコンサルタントやクリエイティブディレクターに比べて、
イメージが湧きづらい仕事かもしれません。
未経験で出来るのか?という不安もあると思います。

しかし石川さんをはじめ、ワンスターで働くメディアプランナーは、
みなさん全く異なる業界からのチャレンジで活躍されています!

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、まずは気軽にお話ししてみませんか?
心よりお待ちしております!!

株式会社ワンスターでは一緒に働く仲間を募集しています

メディアプランナー
クリエイティブディレクター
セールスコンサルタント
オープンポジション

6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings