1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【第七弾】バイカーの登場。

第七弾はJAMのムードメーカーの紹介です。

八隅雄起。

写真では手とアゴしか見えませんが、バイク大好きもうすぐ27歳の男子です。

これまではバリバリのJSフレームワーク使いでしたが、今はオフショア対応、上流工程や品質管理、サポートといった俯瞰力を育てるためのプロジェクトについています。

みんなで集まったとき、例えば、全体会議や懇親会の時は、彼がきっかけで笑いが起こることが非常に多いです。

それは、彼がみんなのことをしっかり見ているからです。洞察力も長けていますし、人の気持ちを考える、たまに考えすぎちゃうやさしい男です。

気使いにおいては彼の右に出る者はいないかと。

ゆえに会社一のムードメーカーのため、会合には必要不可欠な存在です。

JAMはたまに、キャンプに行ったり、山に行ったりして、そこで料理を作り、自然に囲まれながら酒を交わし、たわいもない話で時を過ごしています。

彼がキャンプにハマるきっかけとなったのは会社としてもうれしい限りです。

その分、友人とのキャンプが忙しいようで、なかなか僕らの相手をしてくれなくなったのはさみしいですが。。

会社によっては、社員同士の交流がない、また会社によっては自分の発言のシチュエーションがなかなかない。など、それぞれの会社特有の風紀があるかと思います。

JAMはみんなで会社を作っていく組織です。

彼のように、組織にとって必要なポジションを自ら取り、むしろ、自分自身も気付いていないくらい、そのポジションが他人にとって重要だった、みたいなことって結構多いんです。実は。

そのポイントは「発言」と「他人の意見を否定しない」。

このルールをJAMは徹底していますので、彼も他の社員も自身に合ったポジションを自ずと取っているんだと思います。

それが一番働きやすい居場所ってことですからね。

だから彼のように遠慮なく発言をしてください。

そして、自分が仕事をしやすい環境を作っていっていただければと思います。

株式会社JAMでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう