1
/
5

なにをやっているのか

◇ブランドコンサルティング◇ 当社はブランドコンサルティングとして小売業へブランド提案および立ち上げ、 商品企画、店頭表現までを一貫してサービス提供しております。 今までに立ち上げ、運営をしてきている代表的なプライベートブランドとしては、 イトーヨーカドー様と取り組んでいる「顔が見える食品。」や「スイーツキング」、 東急ストア様と取り組んでいる「手紙のついた野菜と果物」などがあります。 1つひとつのブランドは消費者クライアントの店舗に足を運ぶ理由にもなっており クライアントの事業戦略上の強みの1つとなっております。 顔が見える食品。のうちの「顔が見える野菜。」や「顔が見える果物。」は 今ではイトーヨーカドー様から広がり、同じ7&iグループのセブンイレブン様や ヨーク様でも取り扱いが始まっております。 さらに、昨今、食事に対する安全・安心への関心は益々高まっており、 特に子供への食事においては食材の産地等を気にされる消費者が増えています。 そのような声に応えるために、保育園の給食食材に「顔が見える野菜。」が 使われています。始めは1 都 3 県 65 ヶ所の保育園への供給でしたが、 徐々に広がってきております。 また、昨今のフードロスへの対策として「顔が見える野菜。」では 産地で捨てられてしまう規格外の野菜や、カットする際に捨てられてしまう 切れ端などを原材料としてクレヨンを作り、 イトーヨーカドー様の店頭で販売をいたしました。 生産者が一生懸命に栽培してくれた野菜を大事にしたいと考えています。 ◇大切にすること◇ 当社が行っているブランドコンサルティングの特徴は仕組みを造り、 実態を作りこんでいること、です。分かりやすい表現や流行りの言葉を使うのではなく、 そのものらしさ、想いや理念を適切に表す表現を大事にしています。 そのうえで、実態を作りこんでいくために、食品の供給プロセスにおける 生産から関わり、最後の店頭表現までサプライチェーンの全てを一貫して管理しています。 ただ、管理するだけでなく、ブランドとして大事にしている価値観や想いや理念、 そのものらしさに基づいて管理しています。 例えば、安心・安全をブランドとして大事にしている価値観として置いた場合、 安心・安全を実現できる栽培について生産者様とやり取りをいたします。 栽培された食品が安心・安全に小売店の店頭に並ぶように、商社には安心・安全な 保管や運搬を依頼します。最後の小売店の店頭においても安心・安全が適切に 消費者に伝わる店頭表現になるように整えていきます。 ◇今後について◇ 「顔が見える食品。」は立ち上げて20年を迎えました。 今では累計約7,400以上の生産者とやり取りをしております。 このやり取りを支えるために社内にSEがおり、 エンジニアによるITを活用した事業運営をしております。 当社は今まで積み上げてきた「顔が見える」というコンセプトを さらに発展させていくべく事業展開を考えています。 「顔が見える食品。」は供給先が増えてきております。 日本の農業を保全し日本の食卓を豊かにするために生産・流通の基盤作りを 推進するために「顔が見える農産物。生産流通推進協議会」を設立いたしました。 ◇働く社員について◇ そんな当社の社員ですが、未経験業界/未経験職種から取り組んでいることに 興味関心を持って転職してくる人が多いです。 そのため、新卒/中途の境目はありません。 自分なりに社会の変化や世の中の動きを捉えて、それに対して何を生み出していけば 消費者が喜んでくれるのか、クライアントの売上が上がるのか、生産者のプラスに なるのかを考えて動いているメンバーが多いです。 初めて携わることも多くなるため、日々、自分なりのキャッチアップスタイルを持って 質の高い仕事に取り組んだり、大局観、全体観を持って思考したりしています。 今、自分が取り組んでいる仕事が今の消費者だけでなく、1年後や3年後の消費者の これが欲しかった、という声に応える。日本各地の生産者を守っていき、 10年後、20年後も田園風景があり、各地域ならではの食材や食文化を 守っていくことに繋がっていく想いでおります。

なぜやるのか

1996年、『農産物の流通をITの力で変革したい』と設立したのがシフラです。 「日本の農と食を守る」を理念にビジネス展開をしています。 ◇食や農の多様性◇ 日本には各地域に根差した食文化があり、その食文化を支える 食や農業の多様性があります。 その多様性は1人ひとりの生産者が想いを持っていることに根差しています。 私たちは、生産者の想いとノウハウやスキルを次の世代に渡していくことが 日本らしさ、地域らしさを守っていくことに繋がっていくと考えています。 効率化、生産性はもちろん大事ですが、その一言で全てが運営されたとしたらどうでしょうか。 日本全国、どこへ行っても同じ野菜や果物が栽培されている。栽培方法は全て同じ。 食べ方も同じ。何から何まで同じだったとしたら そこにその地域らしさ、栽培している生産者らしさは無く、 野菜や果物は工業生産品となってしまうと思います。 自分が栽培するのだから自分らしさがあると思います。 美味しく食べて欲しい、大きく育って欲しい、もっと甘くしたいなど、野菜や果物には 栽培した生産者1人ひとりの想いが詰まっています。 その積み重ねがその人らしさ、地域らしさ、日本らしさであり、 その想いをcifraは大事にしたいと考えています。 ◇次の世代へ◇ さらに、大事にするだけでなく、その想いの表現の1つである栽培のノウハウやスキルを 次の世代に渡していきたいとも考えています。 ノウハウやスキルは1人ひとりが持つものです。 AIに代表されるデジタルに保管していつでも、どこでも、好きな時に取り出せるものでは 無いと考えています。 人から人へしか渡せないものだと思います。 今はその渡し先がどんどんと減ってきています。 その課題に対してcifraでは「顔が見える農産物。生産流通推進協議会」を設立しました。 まずはどこにどのようなノウハウやスキルを持った生産者がいるのか、を把握するために 全国をプロのカメラマンにご協力いただき記録を残しています。 cifraは産業構造の転換を目指して事業運営をしております。 「顔が見える食品。」では流通のプロセスに生産者の想いや理念、ブランドのコンセプトなど を持ち込みました。それにより、野菜や果物が右から左に流れてくのではなく、 想いや理念をどう実現するのか、守っていくためにどうするのか、 という動きが各流通プロセスで求められるようになりました。 消費者やクライアントが求める今の少し先を見て、今の水準よりも少し高いレベルに 引き上げていくために動いています。 そのために消費者やクライアントが気が付いていない、分かっていない論点を整理し 実現していく、課題を解決していくために提案をし続けています。

どうやっているのか

◇シフラが大切にすること◇ シフラのメンバーは、自らが主体的に相手をリードする意識を持ちながら 仕事をすることを大切にしています。 言われたことをそのままやるだけの仕事はしません。 自分なりに考え、自分の仕事に対して意思を持ち、 発信することが重要と考えています。 そこに、職種や年次の縛りはありません。 ◇シフラで働くメンバー◇ 約60名のメンバーがシフラでは働いています。 様々なバックグラウンドを持つメンバーが入社しており、 入社のきっかけも各々異なります。 ただ、大小はあれど「食が好き」「農業に興味がある」と、 食・農業への想いや興味は多くの社員が共通で持っています。 ◇シフラの風土◇ シフラは、農業生産から商品化、販売支援までの流れを支援しています。 そのため、学ぶ対象も幅広く豊富です。 業務に直結する資格を取得する社員もいれば、間接的に役に立つ勉強をしたり、 プライベートでも食について考えたり。 会社から課される義務としての勉強はありませんが、個々が自発的に学び、 それを日々の業務に活かしたり、仲間とシェアすることで互いに知見を広げたり。 それがシフラでは当たり前になっています。 社員の学びたいという気持ちは、大切な財産です。 シフラは学びへの支援も機会提供も惜しみません。 たとえば、書籍購入サポートや、外部のセミナー受講や資格取得支援などはもちろん、 ネイティブ講師から教わる英会話など。 また、社外専門家や海外マーケットなどの情報にも豊富です。 目の前の仕事のためのスキルアップだけではなく、ビジネスパーソンとしての成長も 後押ししたいと考えています。 ◇働く環境◇ オフィス内は、一部の部門を除いて、ほとんどの社員がフリーアドレスです。 同じ部署のメンバーで近くに集まって仕事をすることもあれば、 連携が取りやすいように他部署のメンバーと近くで仕事をしたり。 働く環境も、その日の目的によって自分で決めることができます。 また、別のフロアには、キッチンスペース兼フリースペースもあります。 フリースペースには様々な本が置かれていたり、 一息つけるようコーヒーメーカーが置かれていたり。 行き詰まったときには、気分転換をして、また良いアイデアを生み出せるよう こだわって作られたスペースとなっています。 シフラの雰囲気としても、メンバー間での議論は活発です。 一人ひとりが携わっている幅は広いですが、決して手を抜かず 何がベストなのかを考え尽くすメンバーが多いです。 考え尽くし、他社と対話をし、内省し・・・それを繰り返すことで、 新しい気付きが生まれ、自己の成長へと繋がっています。 仕事への想い、ブランドへの想いを全社員が持っているからこそ、 このサイクルが生まれるのです。