1
/
5

コロナ禍になり変化したFullonの採用と業務について

こんにちは。Fullon採用担当です。
昨年より世界各地に蔓延した新型コロナウィルスにより、私たちの日常は
少なからず変化をしているかと思います。

Fullonでも振り返れば、採用のあり方や日常の業務の変化が多い年だったと感じており
今日は1年での変化を振り返りたいと思います。

採用に関して

これまで新卒採用を中心に行っておりましたが、
事業拡大や組織強化に伴い、Wantedlyを通じた中途採用をはじめました。

共に仕事をする上で、ビジョンやミッションを共感していただける方を
大切にしたいと思い活動を行っている中で、新型コロナウィルス感染拡大が起り
私たちの選考手法も変化さぜるをおえなくなりました。

対面でのコミュニケーションが当たり前だった中でオンライン上での選考は
スタート当初、どう当社について理解してもらい共感をいただけるか
試行錯誤しながら行った結果、言葉だけではなく視覚でも理解してもらえるよう
新たに資料を作成するなど採用チーム内でも工夫をしてきました。

ただ、この環境下でもわざわざ来社して選考を受けてくれる方もいらっしゃり
意欲的な面でもオンラインのみでの選考を来社選考を対等に判断する難しさも
ありましたね。

この1年たくさんの人とオンラインを通じてお会いする中で
ありがたい事に入社してくださった方もいました!
改めメンバーはまた別の機会に紹介させていただきますが、
引き続きFullonでは採用を行っていますので、開発エンジニアの方
ぜひ、当社に遊びに来てくださいね!(オンラインも継続中です!)



働き方について

現状、ほとんどの社員はテレワークを適用しており、
どうしても現場に行かないといけない社員のみ現場に行って対応という形をとっています。
元々テレワークを導入する予定があった当社は、事前にメンバーで試運転していたため、
緊急事態宣言時もほとんどラグがなく導入ができました。

テレワークに移行して、業務に支障が生じることはほとんどないですが、
人によっては、家で仕事をする抵抗感や、メンバーとコミュニケーションを取るために
ツールを使わないといけないのがやりづらかったり、遠慮しがちになってしまうと
感じる人はいるようですが、チーム内で話してコミュニケーションの方法を考えたりなど
工夫をしていただいているのでうまく改善できてきているように感じています。

元々プログラマーは作ることが仕事なので、テレワークになったことで
逆に集中できたりする人も多いのですが、
家での仕事は逆に集中できなくてカフェでやっているという方もいらっしゃるので
その辺りは採用チームでも解決策を模索しています。



コミュニケーションについて

基本的に通常業務と変わらず、Slackを活用、通話はSlackやGoogle meet、zoomなどを利用し
日々のコミュニケーションをとっています。

zoomについては会社でアカウントを持っているため、
営業が商談などでzoomを使用することが多く、エンジニアはSlackが多い印象です。
一つに絞ることはしていないので、状況に応じたツールで対応しているメンバーが多いですね

コミュニケーションの頻度は、意外とそこまで変わった印象はないですね。
社内で行う定例や打ち合わせなどは密を避けるため、オンラインにて実施するようになったので
直接コミュニケーションが取れない事を考慮し、資料などは以前より詳細に作るようになりました。

また、有志が集まってオンラインでの飲み会なども行っており、
今年の忘年会は、オンラインで実施しましたね!
お店などを予約できない代わりに、一部経費で予算がおりるなど
例年とは違う形の開催でしたがメンバーも楽しめていたようです。

コミュニケーションがオンラインを中心になった事で出てきた声としては、
先輩や上司へ質問しやすくなったというポジティブなものもありますが、
対面だと、話し口調で気軽に聞けるが、文章だと文章構成などを考えなければならないので
そこに費やす時間が増えたという声もありました。
メリットに感じる人とデメリットに感じる人のどちらもいる以上、
定期的に時間を作りコミュニケーションをとったり、質問しやすい環境をつくるなど
これからの働き方に合わせた環境は必要だと感じた部分ではありますね。


設備・業務環境について

自宅でもモニターなど質の良い物を使用しているメンバーもいますが、
やはり設備や環境に関しては圧倒的に会社の方がいいです。
仕事をする上で必要な物はしっかり整っていますし、
通信環境やそれに伴うセキュリティなども当たり前ですがしっかり整備されています。

また、お客様から借りている機材などは持ち帰ったりすることができないので、
そういった物を使用する場合は、出社しなければならないですね。

環境面や設備、お客様との都合を考えると、やはり完璧にリモートに移行するのは難しいと思います。


1年を振り返ってみて

今回の新型コロナウィルスの影響により、働き方が多様化している中で
リモートでの働き方も今後当たり前になっていくのだろうと感じています。

Fullonは、準備をしていたテレワークを実際に導入した結果、
業務上全ての事柄をリモートで完結することはできませんが、大半のことはリモートでも
作業できるということが証明できました。
まだ当たり前の日常が戻ってくる日まで時間がかかりそうですが、
変化に応じFullonも色々とアップデートしていければと思っています。

Fullonでは、まだまだエンジニアを募集しております!
開発がしたい!身に付けたスキルをもっと活かしていきたい!
そんなモヤモヤを抱えたエンジニアの方がいらっしゃいましたら
ぜひ、当社に一度話を聞きにきてみてください!

それでは次の記事でお会いしましょう!

Fullon株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
今週のランキング