1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

安定よりも挑戦することを選んだ僕のエンジニアストーリー

こんにちは!Fullon採用担当です!
Wantedlyから入社したメンバーを紹介したいと思います!

まずは自己紹介からお願いします!

初めまして!6月に入社しました水谷です!
北海道出身で、前職は、地元の商社で働いていました。
主にオフィス関連商材を扱っており、推進部という部署で
営業担当のわからないところを補うサポート業務や
施設への導入に合わせたコンサルティングなども担当していました。
地元商社で1年ほど経験を積んだ後、Fullonへの入社にあたり札幌から東京に上京してきました。
当時、緊急事態宣言が出始めたころで家選びから引っ越しまでとにかくバタバタだったのですが
会社へのアクセスがいいとこも見つかり無事入社ができました(笑)


転職のきっかけ

もともと就職活動している時に東京と地元企業を半々で検討しており
当時、東京の企業を受けていましたが中々受からず、地元で内定をいただいた企業へ入社しました。
就職しなくてはという気持ちもあったので、やりたい事や将来何が必要か深く考えられておらず
入社後は、自分が何がしたいのか、将来何が必要になるのかなどを考える1年でもありました。

東京に行きたいという想いは就職後も残っており、
たまたま、日経新聞を読んでいる中で、プログラミングスキルが必要になるという記事を目にしました。
ITが進む社会でプログラミングスキルが必要だということはなんとなく感じていましたが、
近い将来、小学校中学校の義務教育でもプログラミングが導入されていくということを知り、
このままでは時代に取り残されるのではないかと感じ、ITへの転職を考えました。
とはいえ、スキルがない状態では転職も難しいと思い、
仕事と並行し独学でプログラミング学習を開始。

お金をかけてプログラミングスクールに通う選択肢もありましたが、働きながら両立できるものとして
お金よりも時間をかけようと思い独学を選びましたね。
独学で完璧になるのを待っていても転職のタイミングを逃してしまう気もしていたので
働きながら独学で学び、さらに並行して転職活動に向けての準備もしていました。

Fullonを知ったきっかけ

前職の会社は従業員数が多く、安定もあり社員の人柄も良かったのですが、
それに甘んじて保守的な思考の人が多かったのです。
この会社の名前をとって社会に出た時、自分はどうなるのか?という不安もあったので、
転職するときは、企業規模が大きくなく、自分がスキルを身につけて責任や求められる様な
自発的な行動が求められるベンチャー企業を中心に探していました。
そんな中、東京の企業で未経験をOKとしているエンジニア募集を探している際、Fullonを知りました。

Fullonを選んだ理由

当時、最初にカジュアル面談をしたのがFullonでした。
面談の際に、代表の木下が未経験なのはいいこと、異業種のスタートだとITの世界に入った時、
新しい発見がある
という話をしていただき、未経験に対してマイナスイメージが多いかと思っていたので
自分の中でその言葉が深く刺さりました。

また、ITについて知識の浅い自分に対して、
IT業界の構造について話をしていただいた時、
IT業界は下請けになる構造があるということを話していただきました。
Fullonは、下請けだけではなく、自社開発を含めてITの構造を壊していきたいと熱く語ってもらい
IT業界の闇などネガティブワードがある中で、その不安を払拭してくれたのも選んだ理由でしたね。

入社してからの印象やギャップはありましたか?

大きくギャップはないのですが、
入社前から新型コロナウィルスの影響もあり、社内メンバーと顔合わせる機会は
あまりなかったので、正直多少不安はありましたが、
その分月に最低でも1回リモートでメンバーで顔を合わせる様にしていただいているので
コミュニケーションをとることができるのはありがたいですね。

また、自分自身未経験からのスタートなので、エンジニアとしての勉強も並行して行っているのですが、
現在は、先輩メンバーに課題を出してもらい業務と並行しいいて進めています!
オンラインが中心ですが、わからないところは随時質問できる環境ですし、
事業部長が主体となり、Slackで質問できるチャンネルもご用意いただいているので
働き方に左右されずスムーズに進められるのはIT企業ならではだなあと感じましたね(笑)

また最近は、Fullonが始めた同じビルのコワーキングスペースに、プログラミングスクールの会社が
入ったこともあり、新しく福利厚生でスクールの授業も受けられる様になったので、
そういった新しい事への導入スピードが早いのも嬉し反面、驚きましたね!

Fullonのメンバーや会社の雰囲気について

Fullonメンバーは親身になって相談に乗ってくれる方が多いです。
自分の探している案件について細かく教えてくれたり、業務についてわからないことを
サポートしてくれたりと面倒見の良い人が多いイメージですね。

今後のキャリアについて

まずは、今勉強しているスキルを磨き、次ステップとして開発に行きたいのはもちろんですが
Fullonには、エンジニア以外にも営業やデザイナーなど様々なポジションの方がいるので
自分の長所であるコミュニケーションを生かして技術力以外にも、
営業力をつけて交渉など多岐に渡る範囲で活躍できるエンジニアになりたいと思っています。
技術を極めていくのもそうですが、ビジネスのことを考えるのも好きなので、
将来的にはどちらも対応していけるマルチなポジションに就きたいですね!

Fullonに会う人ってどんな人?

いい意味で、型にはまらない人が入ってきたら面白そうだと思います。
Fullonはまだ歴史も浅い会社ですし、規模を大きくしていく中で、
保守的になる人よりも、ガンガン攻めていける人の方が事業の成長はもちろん、
メンバーの刺激にのもなって相乗効果が生まれるのではないかと感じています。
成長へのサポートや面倒見のいいメンバーも多いので、いろんなことに挑戦したい人や
マルチに活躍してきたい人には刺激的で楽しいと思いますね!

Fullon株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう