1
/
5

<営業・営業事務>IT 自社製品

【プロフィール】

村田 美月
2016年に中途採用として入社。
サービス事業部に所属し、営業を担当。

小野澤 真理
2019年に中途採用として入社。
サービス事業部に所属し、営業サポートを担当


「エンジニアと一緒に商談」という特徴的な営業スタイル。

村田:私の主な仕事は、決済端末「Incredist Premium(インクレディスト プレミアム)」と専用アプリ「ペイメント・マイスター」の営業です。決済端末から決済アプリケーションまでを自社開発しているという強みを生かし、アパレルメーカーから通信キャリアまで、様々なお客様のニーズに合わせてカスタマイズのご提案をしています。

フライトシステムコンサルティングの営業は「エンジニアとチームで行なう」のが特徴です。社内での打ち合わせはもちろん商談にも、エンジニアに同行してもらいます。例えば、営業先でどんな自社開発ができるか技術のご説明をする場合、私では足りない部分があれば、エンジニアが専門的な知識で対応するという連携プレーが可能です。そのためスピード感をもって開発やサービスのご提供をすることができるのです。



社長自ら勉強会を開催。
助け合う文化で仕事に自信がもてる。

小野澤:会社に助け合う文化が根づいているのは、現役エンジニアでもある社長が率先して動くことが影響していると思います。私は営業サポートがメインですが、入社してすぐ社長がクレジットカード業界や決済業界に関する勉強会を開いてくれました。しかも社長自ら資料を作り、知識の浅い私たちにもわかりやすい言葉で説明してくれて、正直驚きました。


村田:そんな社長の元で働くエンジニアは、誰もが営業部と垣根を作ることなく協力的です。質問すれば勉強会を開いてくれますし、急ぎの案件では自分のタスクを置いてでもサポートしてくれます。仕事に必要な知識を共有し合うことで、私たち営業は自信をもってお客様に接することができます。職種は違っても営業とエンジニアは1つのチームなのです。



営業の枠にとらわれずマルチに動き、
トレンドにも強くなる。

村田:フライトシステムコンサルティングの営業がおもしろいと感じるのは、マルチに仕事を任せてもらえるところ。他社で営業をしていたときは目標数字の達成ばかりを求められました。でも当社ではゼロからプロジェクトに参加させてもらう機会が多くあります。その分、提案書の作成、技術関連の打ち合わせへの参加、製品の保守サポートなど、営業の枠にとらわれない様々な業務に携わることができます。

そうしてマルチに仕事をしているうちに、自然と情報の感度が上がっていくのも楽しいです。今ではキャッシュレス業界のトレンドにも詳しくなり、自分の生活にも役立つ知識が増えていますから。


小野澤:トレンドといえば、フライトシステムコンサルティングの本社がある恵比寿は、流行の先端を行くおしゃれなお店が多い街。日替わりで恵比寿界隈のフードトラックを検索してランチを買いに行くのも楽しみの1つですね。社内にはカフェのような雰囲気のリフレッシュルームがあり、おやつ売り場も設置されています。休憩時間にホッとひと息つける憩いの場所です。





お互いを尊重し合える職場。
チームプレーが好きな人と働きたい。

村田:フライトシステムコンサルティングの営業は、チームで仕事をするのが好きな人に向いていると思います。誰かが仕事を休んでも仕事がストップしないように、営業メンバー同士の情報共有が活発なので、コミュニケーション力は必須です。個性的な人が多いのですが、きちんとお互いを尊重していて風通しがいい。本当にストレスフリーな職場だと実感しています。


小野澤:当社はルーティン業務以外にも、新しいことにチャレンジする機会を与えてくれます。お客様との会話の多い営業サポートの私にもiPhoneが支給され、担当営業に代わってお客様のところに出向くこともあります。営業はキャリア採用の人がほとんどで、私も入社当時は気負っていましたが、慣れない業務には周りがサポートしてくれたおかげで、すぐになじむことができました。





株式会社フライトシステムコンサルティング's job postings

Weekly ranking

Show other rankings