1
/
5

なにをやっているのか

川俣町は福島県のどこにあるの?
山木屋地区:天然のスケートリンク
福島県川俣町は、山木屋地区でのトルコギキョウ新規就農者を地域おこし協力隊として募集します。 川俣町とは 福島駅から車で30分、里山と清流に囲まれた自然豊かな町です。 人口は約1万3千人で、古くから絹織物の町として栄え、最近では朝の連続ドラマ小説「エール」の舞台になりました。特産物として、世界一薄い絹織物「川俣シルク」や闘鶏からおもてなし料理に発展した地鶏「川俣シャモ」があります。 働く場所は、山木屋地区 トルコギキョウの生産地は、町から車で20分の山木屋地区にあります。 標高500メートルの准高地で、花づくり・酪農を主な産業とし、冬には天然のスケートリンクで子どもたちが遊ぶ姿が見られました。しかし、少子高齢化に加え、東日本大震災時から「指定避難区域」の対象となったことでますます離農が進み、後継者不足問題を抱えています。 トルコギキョウとは トルコギキョウはブライダルの装飾やブーケに使われたり、記念日等の花束を華やかにしてくれたり、花言葉に「感謝」「穏やか」という意味もあるので、葬儀に使われたりもしています。 山木屋地区のトルコギキョウ栽培は、約30年前にスタートしました。 山木屋の昼夜の寒暖の差が生み出す発色のよさと農家さんが長年にわたり培ってきた知恵・技術による日持ちの良さで、「あぶくまカットフラワーグループ」としてのブランドが市場で高く評価されています。 あぶくまカットフラワーグループとは 山木屋地区で、トルコギキョウを中心に切り花などを生産する花卉農家のグループです。 現在8つの農家さんが所属し、グループで年間約30万本を出荷し、トルコギキョウを県内の特産品に育て上げています。それぞれの農家さんが自営業で花づくりを行っていますが、定期的に会合や意見交換会を行い、ノウハウを共有しあい、トルコギキョウのブランド価値を落とさないよう、切磋琢磨しています。

なぜやるのか

トルコギキョウ
山木屋の自然、農家さんの知恵・技術で生まれる、美しい花をこれからも残していきたい 山木屋のトルコギキョウは、市場で「ミドルアッパークラス」(中の上の階級)に位置づけられています。色が美しく、日持ちするということで、花屋さんから人気があり、価格も少し高めです。 山木屋地区は、東日本大震災の影響で避難を余儀なくされ、住民が約1200名から約300名まで減り、急速な過疎地域となりました。山木屋地区を盛り上げるためにも、そして、これからも美しいトルコギキョウを町のブランドとして、町の「希望」として残していくためにも、農家さんが培ってきた花卉栽培の知識・技術を熱意ある方に継承していきたいと考えており、今回の地域おこし協力隊の募集へと至りました。

どうやっているのか

あぶくまカットフラワーグループの皆さん
山木屋地区:天然のスケートリンク
トルコギキョウ栽培について トルコギキョウ栽培は、4-9月が主な栽培時期となります。 種まき、定植、栽培・管理、収穫といった作業があります。出荷時期は早朝から夜遅くまでの作業になり大変ではありますが、どのくらい自分で収入を得たいか、技術の習得度・工夫によって作業時間は変わってきます。 あぶくまカットフラワーグループは、栽培技術・方法、販売ルートを確立していますので、3年間でしっかり技術を習得していただければ、独立後の収入面の心配はありません。 また、栽培時期以外の期間は、ご自身の収入目標や生活スタイルに合わせていただくことができます。10-3月で、他の作物(例えばほうれん草等)を育てていただき収入を増やしていくこともできますし、旅行や余暇を楽しむこともできます。 現在、あぶくまカットフラワーグループには、28歳~77歳までのメンバーがおり、高齢になって働けるのも魅力のひとつです。 地域おこし協力隊として、何をするのか 地域おこし協力隊の方には、あぶくまカットフラワーグループさんに弟子入りしていただきます。協力隊任務の3年間で、農家さんのもとでお手伝いをすることで、トルコギキョウ栽培のノウハウ・技術を習得し、4年目に独立していただきます。川俣町産業課、JA、農業関係者、地域関係者で全面的に就農・生活の相談・支援を行ってまいります。 祭りや天然のスケートリンク等季節ごとの行事もありますので、農業の合間に地域活動を楽しんでいただくこともできます。