1
/
5

【プロラボホールディングス内定者/宮本若菜】

宮本若奈はどんな人!?

私は小学校から高校まで、夏休みも冬休みも休むことなく12年間バスケをしてきました。なので、小学校、中学校、高校の友達に私の印象を聞くと必ず「スポーツ女子」だ、と言われることが多いです。

バスケを始めたきっかけは、ただ兄がやっていたから私もやってみようかなーと軽い思いから始めたものの、自分自身こんなにバスケを続けたことに驚いている自分もいます(笑)

周りの仲の良い友達が休みの日にお出かけをしているなか、私は暑い夏の日も厳しい練習をしていたので、周りが羨ましく何度も辞めたいと思ったこともありました。しかし、それよりもチームで目標を決め、達成した時のみんなで泣きながら喜ぶあの感情が忘れられなく、バスケを続けてこられたのだと思います。

そして、私はバスケから「仲間の大切さ」を一番学べました。厳しい練習も、スタートメンバーの取り合いも、負けた悔しさも仲間がいて、支えあうことが出来たから乗り越えられることができたと思います。なので、私は協調性や周囲への気配りは誰にも負けない自信があります。

そして、趣味は旅行に行くことです。大学生の時はバイトを頑張りお金を貯めて、国内旅行や海外旅行にたくさん行きました。特にハワイは人も優しいし、ご飯も美味しいので大好きな場所です。

今までの経験で人生が変わったこと

私はバスケを通じて、小、中、高とキャプテンを経験させていただきました。最初キャプテンを経験するまでは、先頭に立って、責任を背負う立場は面倒くさいし、やりたくないと思っていました。

しかし、なったからには自分のことよりもチームのことを一番に考えて全力で取り組んだ結果、周りから「ありがとう」や「若奈がキャプテンでよかった」と感謝の言葉をたくさんもらって、私は何か先頭に立ってやることはこんなにも素敵なことなんだ、そして自分の努力が周りに認められることの素晴らしさを知ることが出来ました。



私がプロラボホールディングスを選んだ理由は、酵素ドリンクを使っていたことが大きな理由の一つです。その商品を使うことが私の生活の1つの楽しさになっていらからです。

エステプロラボの商品で私が楽しさ、喜びを与えてもらったように、私もエステプロラボの商品をもっとよく知り誰かに楽しさ、喜びを与えられる存在になりたいと思ったのがきっかけです。実際に説明会に行き、選考が進んでいく中で社員の方々の仕事を楽しんで取り組んでいる様子や、個人個人ではなく皆で目標に向かって頑張っている姿を見て、私も一緒になって働きたいという気持ちが強くなりました!

私は、バスケで培った努力と根性で何事にも積極的に取り組み、先輩からも後輩からも頼られる存在になれるよう頑張ります。

そして、プロラボホールディングスの世界№1のインナービューティー企業になるという目標に貢献できるように、佐々木会長の「志は高く、腰は低く」という言葉を忘れずに日々精進します。

株式会社プロラボホールディングス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more