1
/
5

なにをやっているのか

「READ FOR LIFE」は、次の世代を担う子どもたちの生きる力を育むことを目指し、子どもたちに本との新しい出会いを提供するプロジェクトです。 第一弾として、2023年4月より渋谷区在住もしくは在勤で小・中学生の子どもを持つご家庭向けに実証実験を開始します。なお、本サービスは渋谷区が取り組む社会的課題を解決する新しいソリューションを実証事業に繋げイノベーションを生み出すプロジェクト「渋谷区官民連携オープンイノベーション」に採択され、佐川急便株式会社に配送協力を得ています。 創業者二人はGoogle Japanに在職しながら、副業起業家として「READ FOR LIFE」の立ち上げを行っています。

なぜやるのか

【READ FOR LIFEとは】 専門機関の調査によると、読書をすることが多い子どもほど、コミュニケーション、礼儀・マナー、課題解決、健康管理などの生活スキルが高い傾向にあることがわかっています。一方で、2022年12月時点の全国の新刊書店は約11,000店、10年間で約3割減ったといわれており、子どもたちが多種多様な本に触れる機会が減っています。 そこで本を通じて次の世代の子どもたちに生きる力を育んでもらうことを目的として誕生したのが「READ FOR LIFE」です。

どうやっているのか

「READ FOR LIFE」のサービス利用登録は、お子様の生き方・働き方に関しての関心領域について入力いただくところからがスタートです。入力いただいた内容と関連性の高い生き方・働き方を実際されている大人たちが「子どもの時に影響を受けた本」や「いま自分が大人として読んで子供に勧めたいと思う本」をオススメの書籍として選定し、その中から毎月3冊をご自宅に配送。「ベストセラーより生涯記憶に残る一冊を」をコンセプトに、子どもたちに本との新しい出会いを提供します。