虎ノ門×eスポーツ!街のeSports交流会「虎e門」やってみたら大変だったけど楽しかった話

Wantedlyのみなさま、お久しぶりです。 早くももう年末。
ゲシピ中井がおくる、不定期連載フィードでございます。

12月11日(水)、東京虎ノ門にある新虎小屋さんで、eスポーツを通じて参加者同士が交流する、大会&交流会イベント「街のeSports交流会「虎e門」〜バトロワ編〜」を開催しました!
今回のフィードでは、イベントの様子や感想を紹介していきたいと思います!

まずは新虎小屋についてご紹介

虎ノ門にある新虎小屋、そもそもどんな場所なのでしょうか?

新虎小屋は、2018年6月1日にオープンしたコミュニティスペースで、
・観光案内所としての機能「新虎GUIDE」
・ランチでカレーや地域の飲食店とコラボレーションした特別メニューなどを展開する「小屋めし」
・地元の方々にみんなに読んでほしい本を持ち寄っていただく「とらの本」
といった3つのコンテンツを展開しています。

加えて、港区や虎ノ門周辺の地域の方々、今後スペースを活用する方々と一緒に、新虎通りに新しい“コト”を発信する場として定期的にとても楽しいイベントを開催していらっしゃいます。

ランチメニューの角煮カレー。 とても美味しいので、チャンスがあればいつも食べてます!笑
夜に開催されるイベントはいつも楽しいです! 毎回参加したいくらい。

さらに、新虎小屋の特徴として、「いらっしゃる方々がみんな心温かい」です!
そんな新虎小屋さんの雰囲気がとても大好きなので、僕は仕事中に時々、心が新虎小屋まで幽体離脱しています(していません、でもそのぐらい素敵な場所です)

そして今回、虎ノ門で楽しいイベントや場所をたくさん提供していらっしゃる新虎小屋さんとコラボして、eスポーツ大会&交流会イベントを開催することになりました!

残りわずかな期間での準備…めっちゃ大変!

イベント実施日が決まったのが、イベントの2週間前。
イベントまであまり時間がない中での準備スタートでした。
ぶっちゃけ「大会と交流会やるぞ!」ぐらいしか決まってないレベルでした。

早速タスクを洗い出してみると、めっちゃある…。
というわけで、過去にやってきたイベントなどを参考に、急ぎ動き始めました。

決めることやること多すぎて、タスク管理表を1時間に何度見たかわかりません。
イベント開催にあたっての不安要素を潰したくて、いつでも新虎小屋の皆さんに相談しやすいよう、できるだけ新虎小屋に足を運ぶ日々でした。
(上記の通り、僕は新虎小屋が大大大好きなので、気持ち的には嬉しさ5割焦り5割でした)

こうやったら人に来てもらえるかな、当日はこんな雰囲気で盛り上げようかな、などなど期待を膨らませたりもするのですが、その分だけ現実とのギャップがあるので内心落ち着かない日々でした。

正直、イベント準備期間は焦燥感がやばくて「うわーこれもうあかんやつや、あーあー、オワですよオワ」と心のなかで思って眠りに逃げようかと一瞬思ったりもしましたが、新虎小屋の皆さんの顔が浮かぶと、やっぱりそうはいかないなと思ったり。みたいな心境を繰り返す時間はやっぱり進捗がなくてまた焦っての繰り返し…笑

「そもそもプレイ環境は大丈夫なのか」「回線も電源もばっちり」
「当日はどうやって回していくのか」「〜というタイムテーブルを、〜というオペレーションで回す」
「最大で4人同時プレイになってしまう状況で、どうやって大会をやるのか」「所属の違う人同士で4人編成のミックスチームを作り、各チームの試合結果を測定して、順位を競わせよう」

そんな具合に1つ1つ当日に向けた課題を解決していたつもりだったのに、抜け漏れに気づいて急いで対応することもあったので「もう勘弁してや―――――」とストレス気味になったりもしましたが、
イベント前日には、なんとか事前準備が間に合いました。

ミックスチーム対抗でバトルロワイヤルゲームをプレイ!

そんな準備期間を経て、いよいよ開催日を迎えた、虎e門。
今回は、バトルロワイヤル※ジャンルのゲーム大会&交流会を開催しました。

大会の試合ルールは、「各チームの試合結果で順位付け、優勝チームを決める」というもの。
参加者のうち所属が異なるメンバー同士で4人編成のミックスチームを作成し、合計3チームが大会に出場しました!

このチーム組成の時、かなりグダグダになってしまい、参加者の皆様には申し訳ない限りです…。

※バトルロワイヤル…巨大な無人島やフィールドを舞台に、プレイヤーキャラクター同士が戦いを繰り広げるゲームジャンル。

初心者から経験者まで、参加者全員がeスポーツを通じて楽しく交流!

ミックスチームを組んだことで、当初はどのチームでもほぼすべてのメンバー同士が「はじめまして」の状態からスタート。

そんな状況からスタートした大会でしたが、試合前の練習タイムや作戦会議タイムを通じて、一緒にプレイした人、チームメイト同士での交流が起こり、試合開始の頃には打ち解け始めている状態に!

試合の時も、初めてプレイする人がいらっしゃったので、操作方法やゲームルールを解説しました!
わかりやすいと言っていただき、みなさんゲームにも楽しくチャレンジできていたようで良かったです!!

最終的に、自分たちの試合のときはもちろん、敵チームの試合も周りと一緒に盛り上がりながら観戦する、そんな楽しい雰囲気になっていました。

実現したかった雰囲気が作れたことに、ついつい心のなかでニヤニヤしていました。

優勝チームとMVPを表彰して、大会終了! 大会後も参加者同士で大盛りあがり!

全チームの試合が終わったところで、各チームの試合結果、優勝チームとMVPを発表して表彰、参加者全体から暖かな拍手が起こりました!

大会終了後も、大会の熱狂そのままに、参加者同士の交流は続きました。

イベント参加者の皆様からは「初めてのeスポーツだったけど、やってみたら楽しかった」「ぜひまた開催してほしい!」など、とても嬉しい感想を頂きました!

当日、司会もグダグダになってしまったのに、みなさんから温かいお言葉をいただき、ひたすら嬉しかったです…!
イベント終了して、改めて「虎e門開催してよかった」と思いました。

楽しい雰囲気の中、大会が終わってよかったです…!

もちろんイベント当日は反省すべき点がありました。事前に用意していたアクションがいくつか抜け落ちてしまったり、司会は自分の頭の中でシミュレーションしてたとおりに進まず、焦ってパニクりかけてうまく回らずで結果的にフォローしてもらったり。

それでもイベントに参加くださった皆様の温かい雰囲気のおかげで参加した僕自身も楽しいイベントになりました。
(次回はもっと多くの人を呼べるようにしたい…!!)
虎e門、次回の開催に向けて頑張ります!!!

イベントでの学び
(1)開催日程は準備期間も考えて、1ヶ月前には確定しておく
(2)想定したものは、全員がわかるように可視化しつつ、想定が外れても大丈夫なように準備も進めておく
(3)日々の中間チェックは事故を防ぐ上でとても重要

おまけ:新虎小屋さん忘年会でもeスポーツ!

虎e門イベント開催からちょうど1週間後の12月18日(水)に開催された、新虎小屋の忘年会「虎ノ門においでな祭2019」でも、ゲシピのeスポーツブースを出展していました!イベント当日は、虎ノ門のみなさん、そして虎ノ門のPRキャラクター「カモ虎課長」にもプレイいただきました!

プレイするのも、お酒を飲みながら観戦するのも、どっちも楽しい。 これぞまさに、eスポーツの魅力。
カモ虎課長、初めてのプレイとは思えないぐらい操作が上手でしたw

忘年会のような、お酒を飲んで楽しむ場所も、eスポーツと相性バッチリ!
当日はイベントのメインステージとに負けず劣らず注目を集めていました(^ ^)

そして、イベントの最後には全体で集合写真!

(虎e門も、これぐらい沢山の人に来てもらえて、愛されるようなイベントにしたいなぁ…!)

素敵なイベントにお呼びいただけて、感謝です! 弊社のeスポーツブースも、みなさんの笑顔に貢献できたかな。 できたはず!

ゲシピ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more