1
/
5

キャリアコンサルタント資格を持ちながら、10年間フリースクールの最前線で働いていた荒木執行役の軌跡〜再起人材と向き合って〜

こんばんは!
この度は、弊社執行役員として「会社の保健室」(現在商標登録中)の運営担当者の荒木執行役をインタビューしました。

今までの経歴や、荒木執行役が抱えるビジョンについて皆様にお伝えできたらと思っております。

是非最後まで目を通していただけたらと思います!


それではどうぞ!

プロフィールと経歴



荒木信雄(38)

専攻 
発達課題・ 交流分析 ・ 人間関係学
「経験と知識により企業風土と人間関係を改善することができます。」
キャリア形成支援ルーム アットノーム 代表
フリースクールカウンセラー歴10年(全国フリースクール伊藤幸弘塾)
1000名以上の不登校、ひきこもり、非行、家庭内暴力問題を抱える青少年その家族への社会復帰支援
キャリコン実技対策レッスン合格率90%超え
キャリアコンサルタント専用オンラインサロン運営 100名以上在籍
CEO パーソナル カウンセリング レッスン
MBA学院生 キャリアカウンセリング
講座 研修 ワークショップ
親子関係 講座
第一印象コントロール 講座
職業興味理解 講座
自己理解 講座
ライフデザイン 講座
目標設定 講座
店長・管理職能力開発 研修
高校への進路 研修
カウンセラースキルアップ 講座
コミュニケーションマナー 講座
著書
・エンプティーママと子どもを幸せにする小さな魔法
・傾聴メッセージ
人たらしカウンセラーがこっそり教える心の扉をひらく鍵



Q.今どのような仕事をしていますか?


A.キャリアコンサルティング及びカウンセリングサービス

メイン事業として、引きこもりの少年少女の社会復帰を目的としたフリースクールの運営を行っています。ここ10年で1000名以上のひきこもり、非行、家庭内暴力を訴える子供達の社会復帰支援をカウンセリングの側面から行ってきました。また私自身がキャリアコンサルタントの資格を有し資格取得支援を行う中でサポートした方の合格率90%以上の実績を持っています。それを元に現在はオンラインサロンを運営し、現段階で約100名の方に好意にしていただいています。


Q.仕事を行う中で有意義だと思うポイントはどこですか?

A.個の人生を豊かにし成長を促進し、それに連動した企業成長ですかね。

自分の人生に悲観している人々に対して、耳を傾け可能性を示唆してあげることにより個人の人生を豊にすることができます。親や家族、社会そして職場の上司や同僚、さまざまな人間関係において上手く向き合えていない人との関わりが多い中で寄り添うことでその人の人生の幸福度や豊さの向上に協力できることが私のやりがいですかね。

Q.荒木さんの強みを教えて下さい。

A.支援難易度が高いフリースクールでの引きこもりや不登校、非行の青少年社会復帰支援経験10年の事実

私自身が最も強みと感じるのはやはりそこですかね。著書にもしていますが繊細な子どもや複雑な家族問題を対応する中で人間関係学や傾聴力、キャリアコンサルティングスキルを大きく高めることができました。「会社の保健室」の運営に関して、法人様の離職率低下の一助は存分にやれる自負がありますね。

Q.株式会社再起人材とのシナジーをどのように生んでいきたいですか?

A.再起人材の採用・教育・活用を行う株式会社再起人材(人を入れる注ぎ口)補助業務として定着率を高め人材管理スキルを高めるアットノーム(人を逃さない蓋)、この2本の柱で豊で確実な組織を作り上げます。

SNSや採用プラットフォームを用いて爆発的な集客力を誇るキムソウに、私の作り上げる人材に耳を傾け定着率を高めるアットノームが加わることで確実に強靭な組織を構築できると考えています。今後多くの法人様に対して再起人材の活用を推進していく中で絶対的な自信がありますね。

Q.これからの展望を教えてください。

A.キャリコンの経済地位の向上

今現在の人材市場の中で、キャリコンの経済地位は思っている以上に低く資格を取得しても依頼や仕事、活躍の場を得れない現状があります。まずは私が駆け出し、キャリアコンサルティングという「個人」「組織」どちらも成長させられるサービスを普及させ、経済地位も高めていきたいと考えています。私はすべてのキャリコンを目指す方々に夢を与え躍動する未来を描いてもらいたいと強く願いを込めています。そのためにはその活躍の風土を日本に広めるのが私の役目だと自負しております。そのために株式会社再起人材と連携を取り再起人材事業の取り組みを楽しみに抱いております。

株式会社再起人材's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more