どんなに小さな赤ちゃんも救ってみせる。医師を支える NAVA テクノロジー

6. 25, 2019 ― 長野県立こども病院 ―

本ニュースは、Getinge本社で発表したニュースの日本語版です。 世界最小*の男児として生まれたその赤ちゃんは、在胎週数 25 週 4 日、出生時の体重わずか 258g であったにもかかわらず、無事退院の日を迎えることができました。この感動すべき生命の誕生を支えた医師チームの一員である糸島 亮(いとしま りょう)医師は、Getinge が提供するソリューション「NAVA(Neurally Adjusted Ventilatory Assist)」が赤ちゃんの肺の発達に重要な役割を担ったと語っています。

ゲティンゲグループ・ジャパン株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more