1
/
5

なにをやっているのか

stand.fmは簡単操作で誰でも収録・配信できる音声プラットフォームアプリです。 デバイスをはじめたとした環境変化によってこれまでの音声プラットフォームのラジオが置き換わる可能性が非常に高くなっていると信じています。 気軽だけど、感情が伝わるこのフォーマットで新しい文化をつくっています。 2020年3月よりサービスが急成長し、前Q比400%でユーザーが増加、現在ではMAU(月間アクティブユーザー数)は数十万ユーザーを記録しており、1日のユーザーの平均滞在時間は80分近くにまで伸びてきています。 先日総額5億円の資金調達を実施し、マーケティングの強化、そして開発体制の強化を本格的に開始していきます。 今後数年以内には国内No.1の音声プラットフォームとして成長させ、その後はグローバルへの展開にも挑戦していきたいと考えております。 【プレスリリース】 ▼音声配信アプリ「stand.fm」配信者の収益化支援として、「月額課金チャンネル」機能をリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000056192.html ▼音声配信アプリ「stand.fm」、5億円の資金調達を実施し、配信者の収益化を支援するパートナープログラムを開始 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000056192.html ▼最大5人で同時配信!音声配信アプリ「stand.fm」に複数人でLIVE配信ができる新機能登場 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000056192.html 【参考記事】 ▼YJCの5億円出資でアクセル踏む「stand.fm」、MERY創業者の中川・河合氏が音声配信アプリに賭けたワケ(BRIDGE) https://thebridge.jp/2020/08/stand_up_fm ▼音声配信アプリ「stand.fm」が5億円調達、配信者への収益還元プログラムも開始 https://signal.diamond.jp/articles/-/234 ▼「Clubhouseの上陸は追い風」──音声配信アプリ「stand.fm」が考える、音声市場での勝ち方 https://signal.diamond.jp/articles/-/591

なぜやるのか

弊社が目指している世界は「音声コンテンツが当たり前になる未来」です。 私たちは音声コンテンツは文章よりも感情が伝わりやすく、動画よりも気軽に発信できるフォーマットで、作業しながら消費できる面白いフォーマットだと考えています。発信の気軽さに対して伝えられる情報量は多く、楽しそうに話している声を聞くと聞いている側も嬉しい気持ちになり、熱意ある音声は真剣に耳を傾けてくれます。 音声コンテンツを誰もが聞いたり発信したりする文化を作るためには、質の高いプロダクトとしてstand.fmを磨き込んでいくことが必要です。また、プラットフォームに参加する配信者に価値を還元していくエコシステムを構築することにも事業としてチャレンジしていきます。 ▼僕らが stand.fm を創った理由(note) https://note.com/ayataro48/n/n52aeef121c8f ▼音声SNS「stand.fm」の資金調達の裏側と隠れた真実とは(note) https://note.com/ayataro48/n/nb2674e5091c0 ▼日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ23BTH0T21C20A2000000

どうやっているのか

【組織】 経営陣やデザイナー、ディレクター含めた少人数体制で、MERYやメガベンチャー等の出身者で構成されています。 【技術スタック】 stand.fmでは、ほとんどのコードをJavaScript + Flowで記述しています。このため領域に関わらずコードが読める環境となっています。 ・クライアント React Nativeをメインに、音声編集・Live配信・コラボ収録などネイティブの開発が必要な箇所は積極的にネイティブで開発しています。 - React Native - Redux - Objective-C, Swift, Java など ・サーバー Node.jsでAPI・音声公開・Push通知配信など様々なサーバーを開発しています。 - Node.js - express - bull - MongoDB - Redis - Google Kubernetes Engine など