1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【中途入社して私が感じたこと第二弾」仕事を共にする人たちが一番大切!不安要素を補い長所を伸ばし続ける!

こんにちは!今回は「私がベストパーツに入社して感じたこと」第二弾となります。

今回は、私が働いている上で感じたやりがいや会社の社風と魅力について語ろうと思います。

やりがい

私は、個人的に朝からみっちり仕事がしたいタイプでしたので、ベストパーツの働き方がとても合うのではと思っていました。

実際入社して、こなすべき業務が多いので、まず自分の中で毎日クリアすべきタスクを整理しています。

次に、どうすれば同じ業務部の中でも同じように受け持っている人よりも早く処理できるだろうか、早く終わらせて次は何をしようか、などを考えながらやっています。

このように戦略的に仕事をこなしていけるとやりがいを感じます。

また、仕事をしている上で大切にしていることは、自分の中で不安要素があるものや、思い込みあるいはや自信のないことについて周りの人に必ず確認して尋ねることを心掛けています。

社内の雰囲気

ベストパーツでは、ワンフロアのオフィスということもあり、気軽に他の人に相談しやすいというメリットがあり、社員同士が常に助け合って働いています。

個人ではなく、組織で働く以上には社員同士の意識の違いを排除していく必要があり、ベストパーツではそれが可能となる環境が整っています。

また、情報が全て共有されているという点も含め、とても働きやすい環境だと感じています。

ミスが起こっても全員で共有し、問題をみんなで解決していくというスタンスのため、ストレスを感じずに仕事に取り組めています。

また、上司の方に気兼ね無く相談ができる雰囲気があり、様々な仕事に携わることができるのでスキルアップもしやすい環境です。

こんな人に向いている

ベストパーツでは、いろんな部署が体験でき、自分に合った部署に所属できます。

物流部、業務部、営業部と部署があり、その中でも業務部の人が物流の方にお手伝いに行ったりということももされるので、いろんなことをしたい人には向いていると思います。

ベストパーツの魅力

ベストパーツは、個人が成長できる環境であり、働きやすい環境が魅力的です。

入社したてだからこれしかできないでは無く、既存メンバーの方と同じぐらいの仕事量を当初からしていました。

前職では、入社時は仕事はあまり任せてもらえず、入れ替わりがなかったので仕事をいろいろしたくてもできませんでした。

一方で、ベストパーツでは入社後たくさんの挑戦をさせてもらえました。最初は一人の専属の方とやりますが、私の場合は早い段階から、独り立ちをさせてもらいました。

私自身、入社後ぐんぐん成長できたと実感しています。

さらに、仕事の方も常にやることが変化し、新しいことを取り入れています。

率先力になるように丁寧に教えてくれる先輩方がいますので、気兼ねなく行動することが可能です。

また、多くの新卒の方が抱く問題だと思いますが、仕事をする上で人間関係や仕事ができるか不安に思うかもしれません。

しかし、幸いに入社してから人間関係で苦労しなかった経験上、ベストパーツにそのような心配はないと個人的に思います。

社員の数が比較的少ないと思うので、みんなと仲がいいことや話しやすい環境が当社の魅力です。


以上、私が感じるベストパーツの社風や魅力についてお話しました!

いかがでしたでしょうか?少しでもベストパーツについて多く知って、興味を持って頂けたら嬉しいです。

べストパーツ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう