1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員が働くうえで大切にしていることとは?ー社員インタビュー

こんにちは、ベストパーツの佐々木です。
さて、みなさんにとって仕事とはなんでしょうか?
これはベストパーツの社員や他のみなさんにとっても、常に隣り合わせの課題でもあると思います。

結論、答えは人それぞれだと思います。何かを得るため仕事をする人もいれば、生活のために仕事をする人もいたり、社会に貢献したいから仕事をする人もいると思います。
ベストパーツの社員もそうで、みな同じ生き方をしているわけではありません。

そこで、社員が仕事をしながらいかに自分らしさを大切にし、自己実現をしているかについてご紹介しようと思います。今回は、20代の業務部の古川さんと複数の社員にインタビューしてみました。

業務部に所属している古川さんからの意見は、

「仕事は自分にとって社会との接点です。仕事をすることはもちろん生計を立てるためもありますが、社会に貢献していきたいという気持ちが強いからです。
また、ワークライフバランスを大切にしているので、仕事とプライベートのバランスを取ることで、見えてくることがたくさんあります」

ワークライフバランスをすることで仕事視点からだけではなく、消費者目線になると見えていなかった問題点が出てくる時もあります。
オフの時に仕事の疲れを癒す時間を持ち、休みの時間と仕事の時間をしっかり分けることを大切にしているそうです。

また社員Aは、「学生時代から地域のために何かしたい強い気持ちがありました。
ボランティアはもちろんのこと、仕事で地域を盛り上げることやベストパーツで、より多くの企業とつながっていきたいから仕事をしている」とのことでした。

ベストパーツでは、東北の企業や全国の企業さまと共にまちを活性化しています。それにより、人々が喜んでいるのを見て自分も笑顔が生まれ、やりがいへと変わっていきました。

僕自身もそうですが、学生時代の経験や価値観が、仕事を選ぶときに影響していると思います。
地域に対する想いが強いからこそ、思いやりのある行動につながったのですね。

一方で社員Bさんは、
「時間をとても大切にしています。時は金なりともいわれるように、時間は資産だからこそ時間の使い方を意識しています。私にとって仕事とは、時間を有意義に活用して誰かのために役立てることです。

また、自分が好きなことをするためには仕事をして、仕事で成果を上げることで自分の幸福につなげられます。さらにはプライベートでも、罪悪感を得ず幸せな時間を作り上げれると感じています。」
仕事で得られるお金も大切ですが、時間はそれ以上に大切な資産ですよね。

ただ、その二つだけでは幸福にはつながらず、誰かの役に立つために時間を使うことで幸せへと近づいていく。深いですね。
仕事ばかりではなく、プライベートも大切にしている方が多いと感じました。社員がみな真剣に仕事に向き合って、ワークライフバランスを上手くとれている印象がありました。

このように仕事に対して情熱があり、活躍している社員だからこそ、説得力のある言葉だったと改めて感じました。

情熱を持って働いて、自己実現もしたい!

また、そういう人達と一緒に働きたい!という方はぜひ一度お話ができれば嬉しいです。

べストパーツ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう