1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【不動産業界】賃貸アパート経営の基本

こんにちは、リーマ株式会社の阿部です。今回は賃貸アパート経営について調べ、学んだことをアウトプットさせて頂きます。

現在の日本では低金利の状態が続いています。そのような状況下で、金融機関に資産を預けておくよりも、アパートなどの不動産に投資して不労所得を得ようと考える人も多くいるでしょう。
アパート経営は副収入源としたり、私的年金代わりに活用したりするケースが見られるようです。なぜなら運営が軌道に乗れば長期間にわたって一定の家賃収入を得られるからです。

(1)他の投資との違い
アパート経営は不動産投資に分類されますが、投資の代表格とも言える株式投資とは異なる特徴を持っています。それは、株価の変動に比べると土地価格の変動は緩やかであるということです。

他にも、株は寝かせておくことも可能ですが、アパート経営の場合は入居者対応といった業務を運営者がこなさなければならないという特徴もあります。しかし、管理業務は賃貸管理会社等に外注することで手間を省くことができます。

(2)アパート経営のメリット

・メリット1 長期的な収入 になる
・メリット2 生命保険の代わりにもなる
・メリット3 経済変動に強い
・メリット4 手軽に始めることができる
・メリット5 節税対策に役立つ

(3)アパート経営のデメリット

・デメリット1 空室が出てしまうリスク
・デメリット2 建物の老朽化
・デメリット3 災害のリスク

(4)安定したアパート経営を行うには
アパート経営・マンション経営で安定した収入を得るためには、デメリットを考慮した対策をしっかり行ない、失敗する要因を可能な限り減らす必要があります。

そのためには、パートナーとなる不動産会社選びがとても大切です。例えば、オーナー様の物件の管理を行なう管理会社は、物件の劣化と入居率の低下を防ぎます。

リーマ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう