1
/
5

なにをやっているのか

「ブランドを、未来の文化へ。」 ▶︎FRACTAとは  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ FRACTAは「トータルブランディングパートナー」です。 企業・商品・サービスなどのブランディングを支援しています。 FRACTAが最も大切にしているのは、「ブランドが自走できるようになる」こと。 私たちの仕事は、ブランドを一方的・単発的に「プロデュース」することではありません。 クライアントとひとつのチームとなって伴走することで、ブランド本来の魅力を最大限引き出し、利益を生み出し、それに持続性をもたらすことを目指しています。 FRACTAでは、つねに俯瞰して理想と現実のバランスを捉えながら、創業から培ってきたテクノロジー・クリエイティブ・ビジネスの知見を駆使して、ブランドの輝きを社会に実装します。 ▶︎事業内容  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ FRACTAでは、大きく分けて3つのサービスを提供しています。 ①One by One ブランディングのプロフェッショナルであるFRACTAメンバーがブランドチームの一員となり、クライアントと伴走しながらプロジェクトを進行するサービス。 ブランドの言語化からカスタマージャーニー、コミュニケーション設計など、目標達成に向けての提案や手段の検討といった【構想】はもちろん、 クリエイティブやサイト構築などの【実装】まで、一貫して行うことができるのが特長です。 支援のスタイルは多様にあり、クライアントの課題によってフレキシブルに対応することができます。 ②Branding Camp ブランディングやコマースについてのセミナーやワークショップを行う教育サービス。 これまで多数のブランド支援を行ってきたFRACTAならではの、実務に寄り添った実践的な内容を提供しています。 ブランディングやコマースで成功するには、自分たちのブランドと真摯に向き合うことが必要不可欠。 そのため、このサービスでは「こうすればうまくいく」「このツールを使えば成功する」というテクニックではなく、考え方・取り組み方をレクチャーしています。 ③Star Tracker 「ブランドビジネス関連の情報提供」「ブランディングを進める際に活用できる各種ツールの提供」「テキストおよび定期オンラインミーティングによる相談サービス」の3つの機能でブランドの自走を促す、ブランディングのオンラインサービスです。  様々な領域のプロフェッショナルが集うFRACTAだからこそ実現できるブランド体験の構築がここにあります。

なぜやるのか

〈日本企業のブランド化、「ブランディングの民主化」のために。〉 2020年、新型コロナウイルスによって世界は大きな変革を余儀なくされました。 正解のない時代だからこそ、その中で生き残っていくために、ブランディングは重要な役割を担っています。 日本企業が世界で生き残るには、ただブランディングを行うのではなく、自分たちでブランディングを「実行し続ける力」が必要です。 少しでも多くの人のブランディングの実践を支援し、知識をアップデートできる環境やノウハウを提供することで、日本企業のブランド化、ひいては「ブランディングの民主化」を実現する。 それが私たちFRACTAの使命です。 ▶︎VISION  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「ブランドを、未来の文化へ。」 私たちは、ブランドが持つ無限の可能性を信じています。 この世に芽生えた新しい思想が、価値が、個性が、社会をきっと前に進めてくれる。 人々がブランドと出会うことで、十人十色の好きが広がっていき、彩り鮮やかな未来が生まれる。 私たちFRACTAは、マーケティングとブランディング、そしてテクノロジーとデザインの力で、 ブランドの果敢な挑戦が未来の文化として実装されるまで、共に伴走していきます。 ▶︎MISSION  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「最大の理解者、最良の伴走者となり、ブランドの輝きを社会に実装する。」 ブランドの世界には、非常に難しい課題がたくさんあります。 「課題をいかに解決し、ブランドの輝きを社会に実装するか」を考えるために私たちはいます。 私たちの仕事は、単に「制作物を作ること」「アウトプットすること」ではありません。 ブランドの真の課題を解決するために、問題の本質を捉え、戦略を立て、最適なアプローチを選択・実行することがFRACTAの仕事です。 そのために、FRACTAはクライアントとひとつのチームとなり、ブランドの最大の理解者として「伴走」しながらブランディングを推進することを大切にしています。

どうやっているのか

《FRACTAのPolicy》 ▶︎「Base and Quest」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ FRACTAが目指したい組織は、2つの側面を持っています。 安心して働けて社員の活躍を後押しできる〈Base〉と、新しいことにどんどんチャレンジし探求し続ける〈Quest〉。 部署や役割として「自分はBase側 / Quest側」ということではなく、全員がどちらの側面も持ち合わせた組織を目指しています。 〈Base〉 個人でずっと走り続けるだけでは疲れてしまうし、組織で戦う意味がない。 第一線で戦い続けるためには、ときにエネルギーをチャージしたり、みんなの知見を元にした武器を得たりすることのできる基地のような場が必要です。 この「場」は、同じ価値観を持った仲間によって成り立っています。お互いを助け、ライフステージの変化なども含めて社員の活躍を後押しできる組織であることが、私たちの考える〈Base〉の側面です。 〈Quest〉 FRACTAは「常に外に広く開き、高くアンテナを張り、時代の先を探求する。一人一人が夢を持ち、出会うものすべてを糧とすることができる。変幻自在で面白いことに夢中な集団」を目指しています。 新しいことへの興味関心が強く、変化やチャレンジを恐れない、柔軟性とスピード感を持った組織であることが、私たちの考える〈Quest〉の側面です。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《FRACTAの働き方・価値観》 ▶︎「ANYTIME, ANYWHERE.」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ FRACTAでは、オフィスへの出社とリモートワークのハイブリッド勤務を採用しています。 各自が毎日自由に選択でき、自分に合った環境で集中して働くことができます。 それぞれ異なる場所にいても円滑にコミュニケーションを行えるよう、 社内外の会話や会議・進捗管理・情報共有などには、様々なWebツールを活用。 有意義な時間を生み出し、プロジェクトを活性化することを目指しています。 とはいえ、すべてをオンラインにすればいいという考え方ではなく、場面や状況に合わせたオフラインでのコミュニケーションも重視。 同様にクライアントの工場視察や店舗に足を運ぶなど、ブランドを理解するために、実際に目で見て手で触れて「体験」することも大切にしています。 ▶︎「GOOD PROCESS is GOOD OUTPUT」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ FRACTAの仕事は、シンプルな成果だけではなく、プロセスにも大きな意味を持っています。 魅力的なプロジェクトや素敵なアウトプットには、意見を交換し研鑽する過程や、検討の透明性が必要です。 定例会の実施、積み上げ式のプロセス型資料など、プロジェクトの納得度や妥当性を高めるためにも、 多様なディスカッションの機会を設け、チームで練り上げていく過程を大切にしています。