1
/
5

リモートワーク開始から半年経過!わたしのリモートワークの過ごし方/エンジニア・松倉編

こんにちは。人材開発部の秋山です!
新型コロナウィルスの影響により、弊社ではリモートワークを継続する運びとなりました。
2月から既に半年、フルタイムでの出勤スタイルを行っていない状態です。

以前【リモートワークやってみた/スタートから1ヶ月!最大のデメリットとは?】をUPいたしましたが、半年が経過し変わった点や、今後の課題などをそれぞれのメンバー視点でリポート!

今回は、2020年4月入社のエンジニア・松倉さんのインタビューをUP✨

前回同様に、リモートワークの導入継続を検討されている企業様や、
既に導入済の企業様にとって、「あるある」と共感していただける部分もあるのではと思います。

弊社へのエントリーをお悩み中の方にも、採用の動きを見れば雰囲気が伝わるのでは?と思いますので、楽しみながらご覧いただければ幸いです。


目次
・リモートワーク中の1日の動き
・リモートワークを過ごす中で変わった事
・リモートワーク継続をキッカケに


▼リモートワーク中の1日の動き

9:00~ 起床

起床後シャワーを浴びて、10時まで自由な時間を過ごして目を覚まします。
リモートワークになり通勤時間が無くなったので、就寝時間が大幅に伸びました。

10:00~ 始業開始

・記事作成
社内プロジェクトで、自社開発HPへ掲載する記事作成に取り組んでいます。
インターネットでリサーチをしながら記事を構成して、
切りの良いところまで進め、空腹が来たらランチタイムに入ります。

・連絡の確認
プロジェクトに関する連絡や報告があるので、随時確認・返信を行います。

[リモートワークで気を付けている事&工夫している事]
業務中はイヤホンで音楽を聴き、外部からの音を一切遮断して集中出来るようにしています。
分からない事や相談をする際は、メールでの固い文章ではなく、Slack等のチャットツールで連絡を取り、
雑談も混ぜながら会話をしているように質問しています。
何度も聞いた事がある曲をかける事で、歌詞を追うなど余計な事は考えず、業務に集中しています。

また、集中し過ぎて水分を取るのを忘れてしまうので、テーブルに常に水を置くようにしています。

自分が集中出来る環境を整えて、自分が働きやすい環境を作る事が大事だと思います!

昼休み

と言っても、
毎日 白米とおかずのようなランチは食べずに、お菓子で済ませている事が多いです。
ランチとしてお菓子を食べるので、食べようと思ったら食べ終わるまで仕事はしません。
そして、仕事の合間につまんで食べる、いわゆる「間食」はしていません。

ご飯が食べたくなる時もあるので、その時はお米を炊いて、炊き上がり次第ご飯を食べています。
そのため『お昼休み』は取らず、業務に取り組んでいる事が多いです。


午後~終業

引き続き、記事作成と上司へ記事の添削依頼を行います。
一度に集中してやるタイプなので、切りの良いところまで終わったら
休憩を長めに取りつつ仕事をしています。

定時時刻を過ぎても切りの良いところまで終わらなければ、自主的に仕事を続けてその日のうちに終わらせます。


土日祝の過ごし方

基本的に仕事からは離れて、自分の好きな時間を過ごすようにしています。
平日の仕事に向けて、リフレッシュを第一に考えています。

それ以外には、土日のどちらかかまたは両日でITに関する資格の勉強中です。
4月に入社したばかりで、プログラマーとしてはまだまだ知識が浅いため、
今後の常駐先で、少しでも迷惑をかけないように・足を引っ張らないように、
そして何より自分の今後のためにも勉強は欠かせません。
もちろん、無茶をして平日に疲れやストレスを持ち越さないように、
肩に力を入れ過ぎないように、出来る範囲で進めています。

勉強中も業務中と同様に、聞いた事のある曲やプレイ済みのゲームのBGMなど
聞きなれた曲を探して聞いています。

▼リモートワークを過ごす中で変わった事

新型コロナウィルスの影響を受ける前から自炊生活をしているのですが、
リモートワークになってから外出の機会が減ったため、自炊メニューのバリエーションが減りました。

気軽に出かけられる状況では無いので、普段食べないレトルト食品や冷凍食品など保存がきく食品を使う機会が増えました。
同様に家事も大きく減ったように感じます。
洗濯物や掃除の回数が少なくなり、前ほど大変ではなくなりました。


▼松倉的リモートワークのメリット・デメリット


【メリット】
・好きな時間に好きな場所で働けるので、自分のやりやすい環境での仕事が出来るようになった点
・スーツやワイシャツのクリーニング等の洗濯や手間が減った点
・連絡のやり取りが増えた事で、より親密に気軽に連絡がしやすい環境になった点
・気温や天気の影響を受けず、通勤によるストレスが減った点

【デメリット】
・対面で会話をする機会が減ったため、プライベートな事など空気感を読む必要のある踏み込んだ会話が難しくなった点
・自宅なので、ゲームや本など周りに誘惑が多い点
・運動不足と体力低下を実感している点


▼リモートワーク継続をキッカケに

直接コミュニケーションが取れない今、
どのようにしてお互いが親密になれるのか・歩み寄るのかを考えるチャンスがやってきたと思います!
偶然にも、現在の業務のメインである記事執筆において 文字で表現する事の難しさも感じている中、
改めてコミュニケーションの大切さに感謝している日々です。

そして、リモートワークでなければ、こんなに確保出来なかった自分に使える時間。
大げさかもしれませんが、1分1秒も無駄にする事なく、資格取得・スキルアップを行い、
リフレッシュも忘れずにアフターコロナに向けて取り組んでいきたいと思います。

フォワードソフト株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings