1
/
5

複数社渡り歩き、スタートアップの道へ!Stockやメンバーの魅力について迫りました


こんにちは!Stockの採用担当です。

今回はStockエンジニアチームの早崎にインタビューを実施したので、その内容をご紹介します。

エンジニアとして複数社を経験してStockに入社した経緯や、エンジニア目線で感じているStockの魅力などについて詳しく話を聞きました!Stockについてより深く知ることができますので、是非最後まで読んでいただけると幸いです。

■まずは自己紹介をお願いします。

これまでに数社でシステム関係や開発、社内SE、バックエンドなど幅広い業務を経験しました。

Stockには最初は副業で関わっていたのですが、Stockメンバーたちの「仕事に対してプロフェッショナルな意識を持って取り組む姿勢」や「魅力的な人間性」に惹かれ、正社員としてジョインしました。

■実際にStockに入社してみていかがでしたか?

元々のイメージ通り「プロフェッショナルな意識の高さ」「魅力的な人間性」というStockメンバーの印象はまったく変わりませんでした。

一度決めた目標に対するコミットメントが非常に強いですし、一つ一つの仕事が高い水準で実現されていることを日々感じます。他の会社ではなかなか出せないくらい、プロフェッショナルな意識を持ってみんな仕事に取り組んでいると感じています。

「人間性」の面でも一緒にいてとても心地よい人たちばかりなので、気を張ることなくストレスフリーで働けていますね。

■他チームに比べた時の、Stockという会社ならではのカルチャーで感じるものは何かありますか?

全てのメンバーが、自分たちのプロダクトである「情報共有ツールStock」に対して強い愛着・熱意を持っているのも、このチームの大きな特徴だと思います。

Stockをローンチした当初から関わっているメンバーはもちろん、後から入社した私を含めた他のメンバーも「Stockはおれのプロダクトだ!」という強い想いを持っており、プロダクトに対する強烈な愛情や熱意を感じているように思います。これ程まで自社プロダクトに愛着を持つチームは他にあまりないように感じますね。

■エンジニアの立場から見た時の、Stockというチームの魅力についてお聞かせください。

まず一つは、自分がやりたいと言えば本当にやることの出来る環境だという点です。

Stockは、「もっとこんな仕事がしたい!」という意見があった時には、それに対してしっかりとチームとして受け止める文化があります。

また、開発だけじゃないことも経験できるのも大きな魅力ではないでしょうか。

一次情報でユーザーの声を聞ける仕組みがあるため、ユーザーの声を踏まえた提案や実現がいつでもスピード感を持って行えます。

■早崎さんが、これからStockチームのエンジニアとして心掛けていきたい事は何ですか?

社会に対して価値を届け続ける事を強く意識していきたいです。

自分が作って満足するのではなく、一番はユーザーが満足する事なので、ユーザーが「嬉しい」「便利だ」という価値を作っていきたいと思います。

あとはStockで一緒に働いているメンバーを大切にしていきたいので、年上の私が得てきた経験をメンバーにフィードバックしていきたいですね。

■Stockというプロダクトについて、インタビューを見ている方に伝えたいことがあればお聞かせください。

Stockのミッションは、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除くこと」です。そのためには、ユーザーのご意見を聞いた上で本当に必要な機能を精査して、シンプルな操作性のプロダクトを提供していきたいと考えています。

この考えは会社の中でも大切にしている「40度の熱があっても、0.5秒で分かるものしか実装しない」というものです。詳しくはこちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

https://note.com/stock_sawa/n/n85ebd1da133c

非IT企業の方々が気持ちよく使うためには、シンプルで簡単なプロダクトであることが重要なので、私たちはこの点に対して非常にシビアな基準を持って開発しています。

この基準を愚直に守り続け、ユーザーの皆さんに価値を提供し続けたいと思います。

■どんなエンジニアの人と一緒に働きたいですか?

まず「好奇心が旺盛な人」と是非一緒に働きたいです。

Stockは急成長しているチームで、自分が経験したことのない領域にも挑戦していかなければいけません。未知の領域にも好奇心を持ち、様々なことにアンテナを高く張れる人は、Stockで力を発揮できると思います。

自分で動き出す人」である方もStockにフィットするはずです。

Stockメンバーは各自がオーナーシップを持ったプロフェッショナルなチームであることを重要視しているため、受け身ではなく、積極的に動き出せる人と一緒に働きたいと思っています。

あとは「有言実行できる人」でしょうか。

まだ小さいチームなので、自分の領域をやり切ってくれないとグダグダになってしまいます。自分がやると言ったことに対しては、グリップして成し遂げていく気概のある方と是非一緒に働きたいです。

■最後に、インタビューを見ていただいている方に一言メッセージをお願いします。

Stockは、各自がプロフェッショナルであることを重要視しているチームだと思います。

そのため、プロフェッショナルとしてユーザーに価値を届けたいと思っている方にとっては最高の環境なのではないかと思いますね。

この記事を読んで、「Stockでユーザーに価値を届けたい」「プロフェッショナルとして仕事に没頭したい」と思われた方は、ぜひご応募いただければと思います。

是非一緒に最高のプロダクトを作り上げましょう!

株式会社Stockでは一緒に働く仲間を募集しています
株式会社Stock からのお誘い
この話題について、
話しませんか?
気軽な情報交換や相互理解に活用できます
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
株式会社Stockからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?