1
/
5

ミッションに共感してStockを選んだ。入社したらもっと共感した。若手エンジニア小川にインタビューを実施しました!

こんにちは。Stock採用担当です。

今回は、フロントエンドを担当する若手エンジニアの小川にインタビューしました。

なぜエンジニアという職を選んだのか、どうしてStock を選んでくれたのか。どこに共感して、何に責任感を抱いて働くのか。詳しく話を聞いてきました。ぜひ、最後までお読みいただけると幸いです。

■まず初めに、自己紹介をお願いします。

エンジニアをしています、小川です。

フロントエンドを担当し、直近ではデスクトップ版アプリの開発をしています。

大学卒業後、新卒では北欧雑貨を取り扱うお店で販売業務をしておりましたが、業務の効率化に取り組む過程でプログラミングに興味を持ちエンジニアとして転職しました。

エンジニアとして別の会社で約1年半ほどスマートフォンアプリ開発やwebフロントエンド開発に携わったあと、Stock に入社して今に至ります。

■Stock入社の決め手は?

価値観の一致ですね。

「世界中の 『非IT企業』 から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションは自分も共感を抱きました。

たとえば働きながらプログラミングを勉強していた時は「時間」に縛られて生活していました。本職もあるし、勉強もしたい。家事だってやらないといけない。本筋ではない些細なことに、「時間」が奪われてしまいます。でも世の中には、そうした課題を解決する便利な商品やサービスがたくさんあって、効率化を助けてくれます。

今度は自分が誰かの些細なストレスを取り除いて、誰かが目標に向かう時間をつくる側に回りたいと考えていました。

自分のスキルで、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」仕事をしたくてStock を選びました。

■ 「価値観が一緒だ」と感じた具体的なエピソードはなにかありますか?

僕が入社面談時にポートフォリオとして提出したアプリで、自分がすごくこだわったところをエンジニアチームを取りまとめているの大道さんに褒めてもらったことが忘れられません。

>ローンチから2年で登録社数3万8000社を超えた情報ストックアプリ「Stock」の開発を手掛けたボードメンバー大道に、インタビューを実施しました!<

それはtrelloのようなカンバン形式のタスク管理アプリなのですが、当初はこれを使うためにアカウントを作ってログインする必要があったのです。ただ、「もし自分が採用担当の立場だったら、わざわざアカウントを新しく作ってまでログインしないだろうな」と考えて、クリックひとつですぐにテストできる機能に変更しました。

「この機能は、小川さんがユーザーを第一に考えていることが伝わってきて、とても素晴らしいですね」と大道さんが喜んで褒めてくださったのがとても印象的です。この会社は本当にUXを大切に意識しているのだろうなと実感しました。

■ エンジニアとして実際にジョインしてみてどうですか。

良い意味でのギャップばかりですね。

たとえば、エンジニアの中には「いかに難しい機能を作るか!」みたいなところにやりがいを感じる人もいらっしゃると思います。しかしStock はあえてそうしない。あえてのシンプルを徹底しています。

多機能であることが真のUXであるかどうかを自問自答した結果です。これは入社して自分が実装する側になってみるとよくわかります。「世界中の 『非IT企業』 から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションが徹底されているなと痛感しました。

僕もこれに倣ってデスクトップアプリを作っています。オフラインでも使えるようにしたり、通知の方法にも気を配ってユーザーフレンドリーでなものを作れているなと感じています。働いていて楽しいです。いま僕が感じていることについては、100%断言します。

■ 先輩エンジニアとの仕事の雰囲気を教えてください。

少人数のチームですし、「フロントエンドはお任せします」という募集だったように、任される仕事の幅も広いので、わからないことがあってもなかなか質問できないのではと心配していたのですが、実際に入ってみるとそんなことはなくて安心しました。

もちろん最初は自分で調べますが、それでもわからなかったら素直に尋ねればアドバイスを頂ける環境です。ことさら難しい問題は一緒になって考えてくれるし、自分の担当領域ではない人も一緒になって時間を割いてくれます。

みんな勢いがある一方で、思考は地に足がついて非常にロジカルです。毎日慎重に色々なことを議論しています。全員が同じ方向を向いているという意識を感じました。お互いを理解しようとしていることを日々の会話でひしひしと感じます。

■ 「お互いを理解する」についてもう少し詳しく教えてください。

一言で表すならリスペクトし合える関係性があります。

先輩が僕のコードをレビューする際には、悪いコードがあっても「こういう書き方もあるよ」と真摯に諭してくれます。まだエンジニアとしてのキャリアが浅い僕のことも尊重してリスペクトしてくれるので感謝しています。

■ エンジニアチームの外に目を向けてみて感じることはありますか。

相互にリスペクトする関係はほかのチームにもあてはまると思います。エンジニアチームだけに限らず、ビジネスチームとのやり取りの中にも感じます。

ほかの会社さんですとビジネスチームとエンジニアチームの間には少し壁があってお互いに見通しづらいかもしれませんが、Stock にはそのような壁がないように感じます。垣根なくやっているのだなと思います。

■今後の目標について教えてください。

「世界中の 『非IT企業』 から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションのために僕たちがやるべきことは、社会情勢などによって日々変化するものです。

なので、自分で時代の流れをキャッチアップしながら、そのときのユーザーの課題を解決するための引き出しを今後もどんどん増やしていきたいです。

■ありがとうございます。最後に、これからどんな人にStock の門を叩いて欲しいですか。

そうですね。1番は本当にユーザのことを第一に考えられる人です。これは大前提。その上で、自分の担当領域の仕事に責任を持てる人はStock で輝けるのではないでしょうか。

株式会社Stockでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社Stockでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう