1
/
5

Stockが実現させたい『ミッション』に魅力を感じてジョイン! 若手エンジニア小嶌(こじま)にインタビューしました。

こんにちは。Stock 採用担当です。

今回は、若手エンジニアの小嶌(こじま)にインタビューしました。

大手企業からStockに転職した経緯や、日々働いている中で感じるStockの魅力について詳しく聞きました。是非、最後までお読みいただけると幸いです。

■まずはじめに、自己紹介をお願いします。

株式会社Stockで、スマホアプリ開発のエンジニアをしている小嶌(こじま)です。

新卒で大手企業にスマホアプリエンジニアとして入社したところから、エンジニアとしてのキャリアをスタートしました。

Stockには、社会人3年目のタイミングでジョインしました。

■ 大手企業でエンジニアをしていた中、Stockに入社した理由は何でしょう?

「世界中の 『非IT企業』 から、情報共有のストレスを取り除く」という、シンプルだけど強烈なミッションに魅力を感じたことが一番の理由です。

前職では「自分のしている仕事が、社会に対してどのような価値提供をしているのか?」という点に実感を持てない中で日々過ごしていました。

「自分の仕事が、社会に対してどのような貢献をしているか感じられる中で仕事をしたい」という想いが強くなり転職活動をしていたところ、Stock のことを知りジョインしました。

■ Stockに入社して「自分の仕事が、社会に対してどのように貢献しているか」を感じることは出来ていますか?

はい、これは期待を遥かに上回って日々感じることが出来ています(笑)。

Stockは「世界中の 『非IT企業』 から、情報共有のストレスを取り除く」という非常に明確なミッションを持っており、自分の仕事が社会に対しどのように貢献すべきかが非常にクリアです。

しかも Stockが掲げるこのミッションは「Stockというプロダクトがあれば、必ず実現できる」と強く信じることができるものです。

全く夢のようなミッションが掲げられているのではなく、本気になれば実現できると感じられる点は、Stockで働く大きな魅力の一つだと思います。

■ 他に大企業で働いていた頃との違いを感じるシーンはありますか?

「どのようにプロダクトを改善すべきか?」というところから、エンジニアたちが主体的に議論に関わることが出来るという点が大きく違います。

大企業だと、どこからともなく(笑)要件が降ってきて、それを単に実装するだけということがほとんどでした。このようなプロセスだと、内心では「本当にこの機能が必要なのであろうか?」と疑問を持ちながら開発しなければならないケースも少なくありません。

しかしStockでは、その開発背景や意義も含めて自分たちで考えて開発していくので、しっかりとハラオチした状態で開発に臨むことが出来ます。

■ 各メンバーが、プロダクト改善案を考えやすくするための仕組みがあるのでしょうか?

Stockでは、エンジニアメンバーもユーザーの方の声に多く触れられる仕組みがあり、自発的にプロダクト改善案を考えやすい環境が非常に整っています。

具体的には、「全メンバーが、タイムリーにユーザーの声に触れられる仕組み」があったり「誰でも自由にユーザーさんとのZoomに同席できる」といった仕組みがあります。

そのため、これらのユーザーの声を元に、エンジニアメンバー自身が主体的にプロダクト改善案を考えることができます。

■ エンジニアチームのメンバーの雰囲気はいかがでしょうか。

とにかく優しい人が多いですね(笑)

失敗しても問題ない・臆せず発言して良いという、いわゆる「エンジニアの心理的安全性」がとても高いレベルで実現出来ているチームだと思います。

出来ないことや失敗があってもお互いに責めることもありませんし、Stockのエンジニアチームには、フラットでとても良いチームワークがあります。

■どのような方にStockにジョインしてもらいたいですか?

「世界中の 『非IT企業』 から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションに共感する方に是非ジョイン頂きたいです。

Stockのメンバーはこのミッションに高いレベルで共感しており、このミッションへのコミットメントこそが、Stockチームの力やスピードの源泉になっていると感じています。

Stock のこのミッションに共感し、掲げるミッションを達成したいと感じる方と是非一緒に働きたいですね。

■ 最後に一言お願いします!

お話させて頂いている通り、Stockでは「世界中の 『非IT企業』 から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションを掲げ、そこに対して本気で取り組んでいます。

日々の自分の仕事が、社会にどのような価値を提供しているかということを常に意識した状態で仕事ができるのは、とても充実感があります。

少しでもStockに興味を持った方は、是非お気軽にお問合せ頂ければと思います!

株式会社Stockでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング