1
/
5

なにをやっているのか

まぐろ加工場風景
【事業内容】 ・辻水産は愛媛県宇和島市で水産業を行っています わたしたちは養殖事業から加工、直販まで六次産業化事業を行っており、同業他社との大きな違いとなっております。(一般的には生産はやっていなかったり、直販での販売をしていない企業様が多いです) →直販の詳細な情報などは以下のホームページにもありますのでぜひ御覧ください。   http://www.tsujisuisan.co.jp/index.html

なぜやるのか

【辻水産のこれまで】 わたしたちは愛媛県宇和島市の豊後水道と黒潮が押し寄せる自然の恵み豊かな漁場で水産業をしています。 創業は35年で、途中民事再生もあり様々な経験をしてきた会社でもあります。 この35年紆余曲折もありましたが、そのおかげで「生産から加工、直販まで」の独自のビジネスモデルを展開するまでに至りました。 現在では直販のオペレーションも確立され、より新鮮な食品をエンドユーザーに届けられるようになりました。 また、生産者の顔が見えるようなしくみも整えており安心して購入頂ける環境を作っています。 【歴史が重なっても変わらないもの】 わたしたちは35年の中でいろいろな経験をしてきましたが、水産業を行う上で変わらない考え方が常にあります。それが以下の経営理念です。 <経営理念> ・「人」と「人」との繋がりを大事にする。 ・「人」と「地域」との繋がりを大事にする。 ・「人の営み」と「自然」との繋がりを大事にする。 わたしたちの仕事は自然と関わり、人・地域と関わる、そんな仕事です。 だからこそ、生産者の顔が見えるような工夫も行い少しでも自然、人、地域とわたしたちがつながるような仕事の仕方をしています。 創業以来この理念を胸にメンバー一同事業を進めてきました。 そこは時代が変遷しても変わらない、わたしたちの事業の原動力になっています。

どうやっているのか

わたしたち水産業の事業は自然との関わりがとても強い事業です。 また、水産業は人々の生活に不可欠な衣食住の「食」に直結する仕事でもあるため、人との関わり、ひいてはその集合体である地域との関わりも密接になっています。 だからこそ、以下の社訓をメンバー全員が意識し日々の仕事に取り組んでいます! 【社訓】 ・我々は自己啓発に努め、社業と供に発展を図るべし。 ・我々は社業を通じて地域社会への貢献に努めるべし。 ・我々はお客様が第一主義を貫き、誠実の真を得るべし。 また今のメンバーはプライベートはアクティブに過ごしているメンバーが多いです。 特に釣り好きな人が多いので、もし釣りに興味ある人はぜひ教えてもらってください!笑