1
/
5

なにをやっているのか

事例:BCP2.0に向けた新事業コンセプトのPoCアプリ開発
事例:住み替え支援サービス「すまいのほんね」のMVP開発
リレイスは、Webシステム開発や業務システム開発を通じて、お客さまの既存のビジネスモデルの変革、新規事業アイデアの実現をサポートしています。 大手企業様を中心に、新規事業のPoCアプリ開発・MVP開発などを担当しております。 【過去プロジェクト例】 ・BCP2.0に向けた新事業コンセプトのPoCアプリ開発:https://relace.co.jp/case-study/detail/bcp-2-poc-app ・住み替え支援サービス「すまいのほんね」のMVP開発:https://relace.co.jp/case-study/detail/sumai-no-honne ・学校行事の写真購入サービス「PhotoSpot(フォトスポット)」海外版の開発:https://relace.co.jp/case-study/detail/ps-international ・Web上でアルバムや写真集を制作・購入できるECサイト「Chuckle(チャックル)」のサービス開発:https://relace.co.jp/case-study/detail/chuckle ・農業教育用Webゲームアプリ「あぐりスクール」の開発:https://relace.co.jp/case-study/detail/agri-school

なぜやるのか

弊社オフィス風景
弊社オフィス風景
昨今、変化の激しい世の中では、企業の競争力を高める上でDX化は欠かせません。DX化が進むことにより、業務の効率化が促進されるだけではなく、今までのないサービスや商品の提供も実現することができます。 既存の受託システム会社のよくある問題として、「受動的」「スピードが遅い」「決められたことしか実行しない」などがあります。リレイスは無駄のない体制で、能動的にプロジェクトを進行するため、スピーディに開発を進めることを可能にしています。そういった点を評価していただき、多くのクライアント企業様と長期的な関係性を築くことができています。 リレイスは「DXを成功に導く伴走型ITパートナー」として、より多くの企業様のDX化の実現をサポートし、世の中に価値を生み出していきます。

どうやっているのか

弊社メンバーの打ち合わせ風景
オンライン打ち合わせの様子
エンジニア・デザイナー・マーケター等のフリーランスでプロジェクトチームを組成し、フルリモートで業務を遂行しています。リレイスに所属しているメンバーは、日本全国に点在しており、自由なワークスタイルで働いています。 フルリモートでも円滑に業務が進むように、担当マネジャーを中心にコミュニケーションやセキュリティ面の体制構築に力を入れているため、安心してプロジェクトに参加することが可能です。 昨今、個人の力をつけて独立・起業する方も増えています。 リレイスは、自分の目標に向かって挑戦し、スキルを身に着け、ステップアップしていきたい人を応援しています。1人では完結できないことも、他メンバーと協力することで、お互いの強みを活かし、大きな仕事をすることが可能です。実際に自分が関わったものが形になり、お客様からのフィードバックも得ることができるため、お客様への貢献を強く感じることができます。 ぜひリレイスの環境を活用し、密度の高い経験を積んでいただければ幸いです。