1
/
5

【社員インタビュー:VOL.3】働きやすさ抜群の職場環境を整備する立場×そこでのびのびと活躍する立場。そんな2人が対談しました!

社員プロフィール

髙橋 哲也(取締役統括部長)

中川 泰輔(マルチキャリア部門サブマネージャー)


Q. おふたりのご経歴、ハナブサネットワークスに入社した経緯を教えてください。

髙橋:もともと運送会社でドライバーをしていましたが、知人の紹介で弊社の前身会社で働くことになりました。そこで現代表と知り合いました。23年前の話ですね。その後、現代表がその会社を引き継いで独立することとなった際に、声をかけていただき、ついてきたという経緯です。

中川:製造業の工場勤務をしていました。辞めたかったわけではないのですが、「別の職場を経験するなら20代のうちにしておきたい」という気持ちが4、5年目辺りで出てきて……。スポーツが好きで、前職を辞めてから少しの間、国体をライブ配信する会社でアルバイトをしていたんです。それで、ハナブサネットワークスならスポーツ中継の仕事に関われると転職サイトで知り、魅力を感じて入社しました。


Q. おふたりの現在のお仕事内容を教えてください。

髙橋:総務や経理、採用、それから社員のサポートです。

中川:入社後は、希望通りのスポーツ中継の業務に携わっていました。その後異動して、現在は弊社のメイン業務である設備構築に携わっています。

髙橋:中継の仕事は、イベントの閑散期になると仕事がないから、その間設備構築の仕事をしてもらっていたんですよ。そしたら仕事ぶりが見込まれて、そのまま引き抜かれちゃったんだよね?(笑)

中川:設備構築をやってみたらとてもやりがいを感じられたので、自分としても異動を希望していたんです。とても満足しています!


―未経験で入社されて、どういった研修を受けたのでしょうか?

中川:基本はOJTです。はじめは現場に行って実物の名称を一つひとつ覚えたり、雰囲気をつかんだり。客先での研修も受けました。わからないことがあれば、いつでも気軽に尋ねられる職場環境なので、スムーズにステップアップしていけたように思います。

髙橋:ちなみに現在では、新人社員さんには1ヶ月おきに配属先を変えて、社内の全部署をひと通り見てもらうようにしています。どんな仕事があるかを知った上で案件選びができるほうが良いですから。


―担当案件決めには本人の意向が反映されるということですか?

中川:はい。もちろん必ず希望通りに行くとは言い切れませんが、本人の意思を最大限尊重してもらえます。

髙橋:本人の希望や個性に配慮し、高いモチベーションで働けるよう、適材適所の配置に努めています。それから、上に立つ者として、部下との間に壁を作らないよう気をつけています。そうすれば「資格を取りたい」とか「こんな仕事をしたい」とか、部下が自発的に話に来てくれる。上から目線でああしろこうしろと言うのではなく、働きやすくて風通しの良い環境を整備できていれば、自ずとうまく回っていくはずというスタンスです。


Q. おふたりはお互いをどういった存在と感じているのでしょうか?

中川:髙橋部長は、潤滑油のような存在というか、その人柄の良さで社内全体の人間関係が和むんですよ。本当に有り難いです。

髙橋:そう言ってもらえると嬉しいです。私は中川さんの採用には関わっていなかったものの、山口から上京してくると聞いて「大丈夫かな?やっていけるかな?」と当時ちょっと心配していました。そんな中川さんが、仕事に対してとても積極的で向上心があるから、あっという間に「安心して任せられる存在」になった。部署のリーダーとしてもよくやってくれていると思います。これからは会社を背負っていってほしいと期待していますよ。


―おふたりは日頃からよく話したりするのですか?

中川:はい。かなり密に連絡を取り合っていますね。上と下との距離の近さも弊社の特長だと思うのですが、それがあるから皆のびのびと力を発揮できていると感じます。

髙橋:案件についての報告や打ち合わせもだけど、どちらかというと雑談のほうが多いような気がするけどね(笑)


Q. 会社として、個人として、今後チャレンジしていきたいことはありますか?

髙橋:通信インフラは変化の激しい世界です。弊社としても、これからはIoTやAIを絡めて構築していく方向性です。結果として、現在のような通信業メインの会社ではなく、まったく違う種類の会社となる可能性だってあるでしょう。経営側の人間として、この先どうなっていくにせよ、弊社が常に社会に求められ利益を上げられる会社であり続けられるよう全力を尽くします。個人としては、社員のやる気や頑張りに待遇や職場環境で応え、社員のモチベーションが上がるようさらに努めたい。働きやすい環境づくりに今後も注力していきたいです。

中川:さまざまなチャレンジを通して、もっと成長していきたいですね。そして、髙橋の話のようにたとえ弊社が業種を変えたとしても、十分に適応し活躍できるような力をつけていきたいです。「私のようになりたい」と部下に思ってもらえるような人間になれたらと思います。


Q. どういった人と一緒に働きたいですか?

髙橋:チームでの仕事が多いので、一定の協調性を持ち合わせている人ですね。個の可能性を否定するわけではなく、持っている知識やスキルは人それぞれ違うので、それを効果的に組み合わせて業務で成果を出すということです。

中川:責任感のある人でしょうか。仕事ができるできない以前に、安心して一緒に仕事に取り組めることが大事ですので。


Q. 最後に求職者へのメッセージをお願いします。

髙橋:泥臭いところもある仕事です。でも、臆さず取り組める方であれば、ものすごい速さで進化していくダイナミックな通信の世界を肌で感じられます。ご興味を持たれた方はぜひいらしてください!

中川:仕事に自分を合わせるのではなく、自分の強みを活かせる、自分を輝かせてくれる場所を与えてくれる会社です。どんどん挑戦していきたい方、アットホームな環境で働きたい方、ぜひ一緒に仕事をしましょう!


インフラエンジニア
第二新卒活躍中!アットホームな職場環境で通信のインフラに関わりたい人募集!
ハナブサネットワークスは「通信」や「情報」など、社会になくてはならないインフラを構築していく電気通信会社です。 中小企業から大手企業との取引に止まらず、スポーツ中継や選挙放送、大規模イベントなどの幅広い領域で、快適なネットワーク環境の構築を手掛けています。普段立ち入ることのできない場所に入って、案件に携われることもあります。 5Gなどの最新技術を用いたネットワーク環境への移行が進んでいたり、スタジアムなどの新設が増えたりしていることから、世の中の需要も高まっている事業領域です! ▼具体的な事業内容 ・電気通信設備工事の請負及び付帯する業務 ・通信設備工事一連(光ファイバー回線・メタリック回線) ・建築物内通信設備一連(構内設備工事・LAN設備工事) ・通信システムのネットワーク構築及び施工 ・防災、防犯機器の販売及び施工 ・回線取次手配、PBXその他OA機器販売設置(オフィス移転工事) ・WiFi設備施工 ・デジタルサイネージ施工 ・TV映像伝送業務 など
株式会社ハナブサネットワークス
株式会社ハナブサネットワークスでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング