1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

これはココロが動くのかメンバーで議論することも。最高のプロダクトづくりを目指しています。
<WORK>大手企業からスタートアップまで、ビジネスとデザインの架け橋となるような支援を行っています。
セブンデックスは「事業成長にコミットするUXUIデザインファーム」として、 クライアントのビジネス課題を解決しています。 ◆UXUI DESIGN サービスの「らしさ」を引き出し、 ユーザーにとって手触りのいいデザインを創り上げます。 課題抽出からアイデアをカタチにして、新しい体験価値をクライアントと共創する。 ユーザーに愛されるプロダクトを創り出し、ビジネスを成長させることがミッションです。 https://sevendex.com/service-ux-ui-design ◆BRAND DESIGN 企業やサービスが持つ価値を磨き消費者の心に届きやすくするための「象徴」を作り出します。 企業やサービス独自の価値と、消費者やユーザーが心に抱く印象を一致させ、 本来あるべき姿、個性を引き出し浸透させます。 https://sevendex.com/service-brand-design ◆MARKETING 事業 組織成長にコミットする マーケティングパートナー ビジネスはモノを作るだけでなくユーザーのココロうごかす仕組みづくりが必要です。 アクションプランを最短で導くために、 データドリブンで課題分析、戦略策定、施策実施までを一気通貫で支援します。 https://sevendex.com/service-marketing ◆◆事業を評価されベストベンチャー100に選ばれました!◆◆ https://best100.v-tsushin.jp/company/sevendex/ ◆実績 https://sevendex.com/work

なぜやるのか

あらゆる角度からココロうごかすプロダクトをアウトプットしています
熱意を伝えることでクライアントとも親密な仲に
2018年にセブンデックスを設立して以来、 大手上場企業からスタートアップまで様々な背景で クリエイティブ領域、特にデザインの分野での支援を行ってきました。 デザインの価値が社会的に評価される傾向にはありますが、 これからもっと広く普及するべき思考として社会にインストールされていきます。 日本のビジネスにはまだまだ可能性があります。 ですが、まだ分断された施策で企業とユーザーのコミュニケーションがとれていない、 そう感じる部分も多くあります。 セブンデックスはUX/UIデザイン、ブランドデザイン、マーケティングといったビジネスクリエイティブで社会に“ココロうごかす”がひとつでも多く生まれるように、クライアントを支援します。 企業がカタチにしたい想いやアイデアを、カタチにすることが僕たちの仕事。 日本一のクリエイティブカンパニーを目指しています。 ◆創業ストーリー/今後の展望 https://www.wantedly.com/companies/company_3997395/post_articles/284592

どうやっているのか

メンバーの誕生日は全力でお祝いします!
ソファースペースには、ボードゲームやSwitchがあります!
◆メンバー セブンデックスのメンバーは現在16名。UXUIデザイナーが多く在籍しています。 事業拡大により今年度中に29人まで拡大する予定です。 社員インタビューはこちら! https://www.wantedly.com/stories/s/7dex_interview ◆社内の文化 ・社内イベントや日常業務まで、全員がより良くするためにすべきことを主体的に考えています。 ↓↓納会イベント↓↓ https://note.com/kensuke_tsutsumi/n/n29a4a9e1b406?magazine_key=m87b0d3dcd0f7 ↓↓合宿でのビジネスワークショップ↓↓ https://sevendex.com/post/95/ ・スキルを身につけるために有志で集まり勉強会なども開催しています ↓↓デザイン部↓↓ https://sevendex.com/post/139/ ・オフィスにNintendo Switchがあり、仕事終わりにはメンバーでぷよぷよやスマブラをやったり、お酒を飲みながらボードゲームをしています。 ◆制度/福利厚生 セブンデックスでは、ココロ動かす組織づくりのために、日々ユニークな制度を生み出しています。 ワンコインランチ制度(ランチ代補助)、マンガ購入制度(漫画について熱弁し、Boardメンバーのココロがうごいたら購入)、お昼寝OK、部活動など、これまで数々の制度が生まれてきました。 毎月の全社会議で「会社をもっと良くするための声」を集め、ひとつずつ形にして行きます。