1
/
5

JLSIメンバーショートインタビューvol.02 大手広告会社から成長過程のスタートアップに飛び込んだ理由

営業部
太田 海一朗さん
2019年11月入社

<前職とJLSIへの入社動機>
JLSIに入社するまでに2社で働いていました。1社目は教育業界にて中高生への生徒指導、2社目は広告業界にて法人営業の仕事をしていました。
大きな組織(2社とも従業員数1000人以上)から、当時10人未満の小さな組織への転職でした。ルールや仕組みなどをこれから作っていくフェーズでしたので、今までルールや仕組みが整っていた環境とは大きく変化し、初めは期待と不安が入り混じる気持ちで働いておりました。(期待3、不安7くらいでした笑)
入社のきっかけは、代表の堀口から誘われたことです。声をかけてもらった当時は転職を考えていなかったのですが、自社開発プロダクトのセールスやマーケティングをスタートするタイミングであり、自分の今後のキャリアにおいてもこのようなフェーズに関われることはチャンスなのではないかと思い、最初は副業(アルバイト)のような形でジョインしました。
セールスの活動を開始すると、知名度はないにもかかわらず、大手を中心に企業様や法律事務所様から多くの引き合いがありました。製品をご案内する際のお客様の反応も良く、ニーズもあり製品としても優れているなと実感しました。
前職に比べると会社が日々成長していくことを感じることができました。会社としてステージを上げていく・上場を目指していくという段階であったので自分自身をより高めていけるのではないか、市場を切り開く経験ができるのではないかと思い入社いたしました。

<入社してみて、JLSIの特色>
今ではスタンダードになっておりますが、コロナ禍の前からリモートワークを導入しており、Web会議システムも当たり前のように活用していたことに驚きました。
メンバーは魅力的な方が多く、主体的かつ協調性もあり全員野球で様々な仕事に対して向き合っています。また、変化がとても速く、どんな結果であれチャレンジはポジティブなものとして捉えている社風だと感じますので、スピード感を持って成長できる環境だと思います。

<今後について>
世の中から必要とされる会社にしていきたいです。
同時に社員1人1人が明るく、元気に、やりがいを持ちながら働いている会社の雰囲気にしていきたいと思っています。

株式会社日本法務システム研究所's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more