1
/
5

アレルギーやグルテンに対応したD2C事業の乳幼児フードブランド『the kindest』とサミットが提携

株式会社MiL
サミット株式会社

サミット株式会社(本部:東京都杉並区永福、代表取締役社長:服部 哲也、事業内容:食品スーパーマーケットおよびその他生活関連商品の小売チェーン サミットストア119店舗[2020年12月1日時点]、以下「サミット」)は、株式会社MiL(本社:東京都渋谷区神南、CEO:杉岡 侑也、以下「MiL」)と提携し、2020年12月9日より、サミットストア五反野店(2020年12月9日建替オープン予定)にて、MiLが事業展開する乳幼児フードブランド『the kindest』を導入します。


1.サミットとMiLの提携について
 D2C事業にてベビーフードを中心に、子育て世代に「ほんとうにやさしいもの」を届ける乳幼児フードブランド『the kindest』を手掛けるMiLは、2019年4月のローンチ以降、販売実績500,000食を突破し、インスタグラムのフォロワーは14,000人を超えるなど、子育て世代に高い評価を得ています。他方、「リアルなお店で直接商品を見てみたい」「直に商品を手に取ってみたい」というお客様の声も数多く頂いており、有力小売事業者との提携を模索してきました。そんな中で、首都圏トップシェアの一社であるサミットと接点が生まれ、D2C事業のMiLと、事業ビジョン「サミットが日本のスーパーマーケットを楽しくする」を掲げ、新中期経営計画『GO GREEN2022』で社会・環境に向き合おうとするサミットの間で、アレルゲンフリーの商品を子育て世代のお客様にお届けしたいと協議を重ね、今回の提携に至りました。


2.『the kindest(カインデスト)』とは


心と身体に”ほんとうにやさしいもの“を届ける乳幼児向けのフードブランド。
 子どもの成長に必要な栄養素を実証データに基づき、小児科医、管理栄養士、シェフとともに仕入れや商品の開発を行っています。着色料や保存料などの不要な添加物を一切使用せず、厳選した契約農家や 工場が生産した安心安全な食材を使った商品を提供しています。考える・調べる・つくる時間を、少しでも多くお子さまと過ごす時間に当ててほしい、と願って『the kindest』は開発されました。
https://the-kindest.com


3.日本におけるアレルギーの現状について
(1)日本人の2人に1人がアレルギーを持っている時代
 リウマチ・アレルギー対策委員会報告書(平成23年)によればアレルギーを保有する方は急速に増加しており、平成17年の同報告書では「3人に1人」のところ、23年には「2人に1人」がアレルギーを患っていると言える状況にまでなっています。

(2)乳幼児に特に多いアレルギー疾患 ~食物アレルギーの発症は2歳までに59.7%~
  食物アレルギーに関連する食品表示に関する調査研究事業報告書(平成30年度)によると、食物アレル
ギーの発症は0歳で31.5%、1歳で18.0%、2歳で10.1%と全体の6割近くが離乳期~幼児食の時期に 発症していることが分かりました。また原因食物は「鶏卵・牛乳・小麦」の主要3大原因食物で全体の67.2%を占める結果となり、特に乳幼児領域ではアレルゲンフリーを求める声が多くなってきています。





(3)市場に少ないアレルゲンフリー加工食品
 矢野経済研究所「コロナ禍の影響に関する加工食品製造業アンケート調査」(2020年)によれば、ヘルスケアの市販用加工食品の売上は伸びている一方、アレルゲンフリーの食品は少ないのが現状であり、今回、サミットはアレルゲンフリー商品コーナーを五反野店に設けMiLの『the kindest』を販売することとしました。

4.サミットでの展開について
(1)販売開始: 2020年12月9日(水)
(2)対象店舗: サミットストア五反野店 (他店舗への展開拡大についても議論・検討中)
(3)販売商品: 
 ・ツナとあすぱらがすのおかゆ 498円(税抜)
 ・マダイとかぶのことことペースト  698円(税抜)
 ・白身魚とひじきのじゃがいも和え 648円(税抜)
 ・カツオのとまと煮  648円(税抜)
 ・ツナのミネストローネ 648円(税抜)
 ・シラスの野菜煮  698円(税抜)
 ・にんじんのピューレ  600円(税抜)
 ・やさいだし  498円(税抜)
 ・さつまいものスープ 600円(税抜)
 ・ソフトクッキー   168円(税抜)

株式会社MiLでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング
株式会社MiLからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?