1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

収入0の金融ベンチャー?!積み上げた今だからこそ語る!あなたの未来を支える制度がここにあります!

【プロフィール】
岩崎 陽介(いわさき ようすけ)
一橋大学 商業部 経営学科 卒
2010年 野村證券株式会社 入社 トップ0.2%だけがもらえる社⾧賞をはじめとして、数々の賞を獲得。入社以来同年代トップ1%の成績を維持し続け、海外留学生に選ばれ留学。
2015年 IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として個人事業主になる。
2018年 岩崎アセットマネジメント株式会社を創業。
のちに株式会社Financial DC Japan に社名変更して現在に至る。
企業型確定拠出年金(DC)導入件数で、
全国1位(SBIベネフィット・システムズ株式会社パートナー1100社中)を達成。


今回は代表の岩崎さんにお話を伺いました。
Financial DC Japanの創業秘話について熱く語っていただいております!
ぜひ最後までご覧ください!!

成果を出しても出世したいとは思わなかった

まず最初に岩崎さんの経歴を教えてください!

新卒で野村證券に入社しました。
もともとバイトで営業の仕事をしていたことから営業職に入りたいという思いがあり、志望して内定をいただき入社しました。

バイトでの営業の成果もあり、常に成績はトップをキープしていたんです!

そして入社から3年後、野村證券の500人中上位16名の売上上位メンバーが選ばれる海外留学に行けることになりました。
海外留学では自分で行きたい国を選んで、1年間留学に行きそこで学んだことを資料にまとめて社長にプレゼンするんです。そこで僕はフィリピンを選んで、フィリピンで証券営業を展開するためにはどうすればいいのかを調査し、まとめました。

そうは言っても、ずっと調査をしていたわけではなく、フィリピン国内をたくさん旅行したり、ゴルフしたりと、国内営業時代とは違って、比較的自由に過ごしてました(笑)

でもそれが僕にとってはつまらなかったんですよね。

なんか、目標を見失ってしまって・・・
早く日本に帰って、バリバリ何かに向かって走り続ける自分でありたい!と思っていました。

なぜ野村證券をやめたんですか?

僕にとって尊敬できる上司がいなかったんです。

野村證券に入って間もない頃に、会社独自のルールを知らずにルールを破ってしまったことがあ。その時に呼び出されてコテンパンに怒られたんですよね。

でも知らなかったことを頭ごなしに怒ってくることに納得できなかったんです。
そこからも指導の仕方に疑問を持つことがありました。

言ってしまえばあまり相性がよくなかったんです(笑)

だから会社で出世するのではなく、独立をしました。

最高年収6倍?!なのに全く〇〇じゃない…

そうだったんですね…!独立後はどんなことをやっていたんですか?

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として働いていました。

仕事内容としては株や投資をお客様に提案するような形なので、野村證券でやっている事業と同じことを個人事業主としてやっていたという形ですね。

独立してからも成績は伸びていて、最高年収は野村證券時代の6倍近くになる年もありました。
しかしふと我に帰った時に、これはお客様の幸せを本当に考えられているのかと考えたことがあったんです。

成果を追い求めるあまり、お客様に必要のない提案をしてしまっているのではないかと感じた時に、本当にお客様のためになるビジネスをしたいと考えたんです。

なるほど…。
そのことに気づいたきっかけって何かあったんですか?

2018年に株の下落があって売り買いに失敗して、お客様にご迷惑をおかけしました。

謝りに行くと優しい言葉をかけてくれるお客様が多かったのですが、だからこそこれ以上迷惑をかけてはいけないと考えるようになり、もっともっとお客様のためになる仕事を追求していきたいと思うようになっていきました。

IFAとしての働き方も大きく変えていきました。
お客様のためになる、という観点で見ていった時に、確定拠出年金(DC)というサービスの魅力に気づき、これを普及していこうと決意しました。

それに心も辛くなってきていたんです。毎日株が下落しないか見てヒヤヒヤしている生活は、私自身も幸せとは言えませんでした。

そんな過去があったんですね。
でも今の事業も同じ金融ですが、以前の仕事と何が具体的に違うんですか?

確定拠出年金(DC)は、お客様との長期的な関係を築いていきやすいサービスです。
また、単発での売り上げはそれほど大きくはないのですが、お付き合いが継続する間は継続的にフィーをいただけるストック型のビジネスなので、導入すればするほど安定してきます。

今までのビジネスのやり方は、常に新規顧客を探し回らなければいけないやり方だったので、常に何かに追われている感じだったんですよね・・・
正直、これをずっとやり続けると思うと気が思いやられる状況でした(苦笑)

同じ業界でもお金の動き方が全然違うんですね!
現在の事業について詳しく教えてください!

企業型確定拠出年金(DC)を中小企業に広めていっています。
企業型確定拠出年金(DC)とは老後のための私的年金制度です。
といってもイメージがつきにくいですよね…(笑)

簡単に言えば60歳まで引き出すことができない貯金箱という感じです!
60歳まで出せない代わりに、様々な税制メリットが付与されていて、うまく活用すれば、より効率的に老後資産を準備していける制度なんです。
この制度を日本全国の企業に広めていくことで、みんなが老後まで幸せに暮らすことができると考えています。

こんなにいい制度が何故あまり世の中に広まっていないかというと、ストレートに言ってしまえば儲からないからなんです(笑)

ただその分ライバルもいないんですよね!
こんなにいい制度なのに誰もやっていないからこそ、業界で無双できると思っていち早く目をつけました!


収入0でもやりたかったビジネス

そうだったんですね!企業型確定拠出年金(DC)との出会いはなんだったんですか?

もともと確定拠出年金教育支援協会に入会していたんです。 そこで企業型確定拠出年金(DC)を知りました。
今は価値に気づいていい制度だなと思っているのですが、最初に企業型確定拠出年金(DC)を知った時は、いい制度だけど、儲からないのに誰がやるんだろうと思いましたね(笑)

でも先ほどあった株の下落があって考え方が変わり、自分自身やお客様の幸せを考えた時に改めてセミナーの話を聞いて、このビジネスには価値がある!まさに僕が今やりたいことと一致していると感じたんです。

そこからIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)と両立しつつ企業型確定拠出年金(DC)に特化した会社を設立しました。
最初は2年くらい収入が0でもいいから、企業型確定拠出年金(DC)を頑張ってみようと決意したんです。

収入が0でもですか?!なぜそこまでの決意ができたんですか?

幸せになると決めたからですかね。
もう元の生活には戻りたくなかったんです。

自分の幸せ、お客様も幸せ、それが永続する状態を目指そうと決意したんです。
また、この制度は今需要が伸びていて、絶対に必要とされる社会意義のある事業だと思ったので、自分の選んだ道にも後悔はありませんでした。

それにやってて、どんどんおもしろくなってきたんですよね。
お客様に制度の魅力を伝えると「こんな制度あったんだ!すごいね!ありがとう!」といった声をいただくことが多くなりました。
だからこそこの選択は間違っていないんだと自信が深まってきて、今ではすごいやりがいを持って事業に取り組んでいけるようになっています。

そうだったんですね〜!
では今Financial DC Japanはどんな未来を目指しているのですか?

企業型確定拠出年金(DC)の魅力を日本全国の企業に伝えて、1社でも多くの企業に普及していきたいと思っています!

ただそれだと僕一人だけの力では難しいと感じました。

企業型確定拠出年金(DC)を普及する仲間を増やすこと、また、自社でも採用も行い、企業型確定拠出年金(DC)を語れる人を増やすことで、より多くの人たちに企業型確定拠出年金(DC)の魅力が伝わる状態を作っていきたいと考えています!

企業型確定拠出年金(DC)愛に溢れているんですね!
それくらい一緒に働く人たちもDC愛に溢れた方がよろしいんですか?

いや!企業型確定拠出年金(DC)という制度はまだまだ広まっていないので、詳しく知っているような人は少ないと思います。
正直ここまで読んでいただいた方でもまだ魅力がよくわからなかったり、仕組みがわからない人が多いと思うんです。

だから今は企業型確定拠出年金(DC)のことを興味がなくても問題ないです!

それよりも成長したい!と思っている人たちにきてほしいなと思います!
企業型確定拠出年金(DC)への愛は、私と接しているうちに、勝手についてくると思います!(笑)

なるほど!では最後にfinancial DC Japanで働く魅力について教えてください!

やはり圧倒的に成長できます!
今までの僕の経験を活かして直接指導するし、各自の適材適所で力を発揮してもらおうと思っています。
だからこそ自分の強みを活かしていくことができるんです。

そして人生において大切なことはたくさんあります。
その全てをバランスよく満たせることこそが幸せだと思うんです。

たとえば過去の僕は成果にこだわりすぎて、時間を全て成果のために費やしてきました。
周りから見れば収入も高くて幸せそうに見えたとしても、実は身近な人との関係に悩んでいたり、なんとなく心がスッキリしなかったりと、不幸感を内包していました。
今の僕はバランスを意識した結果、とても幸せな状態で毎日を生きれています。

だからこそ僕に関わった全ての人が何か1つだけに特化するのではなく、バランスよく満たされるような環境を整えていきたいと思います!

また会社は、関わる全ての人が幸せでないと意味がないと考えています。
お客様はもちろんスタッフや僕自身も含めてです。 だからこれから働きたいと思ってくれた皆さんも、幸せになってください!

ここまで見て、少しでも『興味がある!』『おもしろそう!』と思っていただいた方たちも1度お話ししましょう!

皆様からのご応募お待ちしております◎


1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング