1
/
5

なにをやっているのか

複数の注文をAIが最適な運行ルートを自動で計算します。
「移動で人々を幸せにする」 当社は、SaaS型のAI乗合配車システムを交通事業者や地方自治体へ提供し、タクシー・バス会社などの交通事業者のDXを実現し、新たな移動サービスを世の中に普及させる企業です。 AIで複数人の運行ルートを自動で算出させる仕組みを通じ、様々なシーン(例えば買い物、通院、子供の習い事、通勤など)に合わせた乗合タクシーサービスをタクシー・バス会社が企画・運行出来るシステムです。 現在は、JR西日本、乗り換え検索会社ジョルダン社などMaaSの主要企業とのサービス連携も行っており、移動サービスの潮流になろうとしています。 さらに、当社の大きな特徴の一つがグループ会社にタクシー会社があることです。開発したプロダクトをグループのタクシー会社でR&Dを行える環境なのでクイックにトライ&エラーを繰り返すことが出来るので開発の品質やスピードが圧倒的に早いです。

なぜやるのか

当社のミッションである「移動で人々を幸せにする」とは、移動と人々の幸福度は相関すると考えております。つまり、移動に制限がかかると人は幸福にならないという考え方です。 なぜこのミッションなのかは、私自身の原体験です。 私の妻の祖母が某地域で一人暮らしをしていますが、免許返納もしており毎日食材を宅配してもらっている生活で外出をほとんどしていません。 数年前、家族で祖母の所へ行きレンタカーを借りて外出した時に、とても嬉しそうな顔をしており、帰り際には涙を浮かべながら、久しぶりにお出かけができてとても嬉しかったと感謝をされ、移動の重要性を理解できたからです。 さらに国内マーケットを見ると、人口減少や、労働力の減少によりタクシー・バス会社などの交通事業者が、持続的に成長することが困難になっており、特に地方では交通インフラが脆弱化しており移動が自由に出来ない環境になっております。 それにより、地域住民はもちろんですが、観光客も移動にストレスを感じ、観光消費の妨げにもなっております。 そのような環境下で、テクノロジーを活用して自由に移動できる社会を作り、利便性の向上はもちろん、地域の交通事業者が持続的に成長できるソリューションを提供しております。

どうやっているのか

自社オリジナルのAI乗合配車システム「Noruuu」を開発。利用者の予約情報に応じて、AIがリアルタイムで自動的に最適なルートを判断して配車を行うシステムです。タクシーなどに簡単に導入・設置をすることができ、利用者の移動の利便性を向上させるとともに、効率的な配車が可能になります。
地方では人口減少や、労働力の減少により交通事業者も持続的な成長が困難かつ、地域の交通インフラが縮小することで移動困難者が増加。テクノロジーを活用して自家用車がなくても自由に移動できる社会を作り、利用者の利便性の向上だけでなく、交通事業者も持続的に成長できるようにし、利用者と事業者両者の問題を解決します。
<”移動で人々を幸せにする”を実現するためには利用者の立場に立つことが鍵です!> 当社ではミッションを達成するため、まずは「利用者の立場をきちんと理解する」ということを常に意識しております。 そのためには行動ベースでのミッション理解が必要不可欠! 具体的には・・・ ・普段から類似サービスを利用する ・入社直後の2週間の研修では実際に山口県へ向かい、地方のタクシー会社の現場を経験してもらう。 実際に利用者の立場に立つことで、地方の移動の不便さやアプリの利便性を実感し、開発の改善に活かすことができるのです。 <自分都合で条件を考えない!> もう一つ大切なのは「自分都合で条件を考えないこと」です。 当社のお客様の中にはMaaSやITという言葉になじみのない方も多くいらっしゃいます。 そのため自分達が使っている言葉を当たり前に使うのではなく、他者が理解しやすい言葉に置き換えて、説明を行っています。 具体的には・・・ ・アプリの「ステータス」を「状態」と言い換える ・「システム」ではなく「仕組み」に言い換える 分かりやすい説明はお客様への安心にも繋がります。 そのため社員としても自分都合で考えるのではなく、常にお客様目線で仕事に向き合うことは重要視する点なのです。 <情報交換は常に行う!> 常日頃から当グループのタクシー会社「山口第一交通グループ」と密に連携をとって、交通課題の情報共有を行っています。 具体的には・・・ ・当社にいる社員が「山口第一交通グループ」の新入社員のメンターになる ・開発メンバーが定期的に山口県へ訪問 ・ドライバーとの定期的な意見交換 東京にいながら常に地方へ目を向けることで、技術力を提供していく姿勢が自然と出来上り、地方課題に対しての素早いアクションが取れるのです! *第3回日経ピッチ決勝大会出場!* 第3回日経ピッチ決勝大会に、中国四国代表として坂田が選ばれ、 モビリティ分野における公共交通の未来について話をしておりますのでご興味のある方はぜひ下記をご覧ください。 https://staatpitch.nikkei.co.jp/archives/03/single-vol03.php?id=b07_11#singleMv