会社にやりたいことがなかったから、やりたい仕事を創ってみたマーケターの話。


こんにちは!WHITE PRチームです。第3回目のWHITEメンバーの紹介をしていきたいと思います。今回はマーケティング局・局長高山にインタビューを決行!

会社の課題が見つかった時に、自分の意志を持って、会社を変えてきた彼のルーツと現在の話を聞いてみました。

マーケティングチームの詳細はこちら▼



我々が目指すのは、クライアントの成長戦略を考えるビジネスパートナー

クライアントから与えられるお題は、端的に言えば”どうすれば売上があがるのか”。一人あたりの顧客単価を伸ばすのか、購買回数を上げるのか、顧客数を増やすのか。売上が伸びるのであれば、その手法は問いません。広告的な側面で言うと、デジタルにこれ以上投資しても売上が伸びるのか、他の媒体で広告出稿したほうが良いのではないか、そもそもこの商品の売り方は今のままで良いのか、メッセージはターゲットのニーズと合っているのか、などを考えています。対応領域は、デジタルのメディア戦略からマスも含めた広告全体のコミュニケーション戦略、ブランド戦略まで多岐に渡ります。今の仕事はどれも規模が大きく、クライアントの業績に直結することが多いので、責任も大きいですが、ダイナミックで面白いですね。

メディア会社の限界を感じ、エージェンシーへ

最初の会社では、デジタルメディアの広告営業をしていました。特定カテゴリーには非常に強い媒体ではありましたが、とはいっても媒体社なので、クライアントに提案できることのの範囲が限られていて、それがすごくストレスでした。「自分だったら、うちの媒体使わないな」と思うことも多々あり、「広告代理店だったら、違う媒体の提案ができたのに、、」と思ったのが、最初の転職のきっかけです。

次の自分のステップを考えた時の条件が、広告代理店であることと、何かしら独自の強みがあること。その時に知り合いから紹介を受けた株式会社スパイスボックスは、デジタル広告代理店でありながら、戦略プランニングにも長けてる会社でした。マーケティング・コミュニケーションのより大きな絵を描きたい、という私の意向にも合っていると考え、転職を決意しました。

スパイスボックスで最初に配属されたのは営業推進チームでした。。アクセス解析が主な業務でしたが、なんというか、非常に領域の狭さを感じました。データを用いてWEBサイトの改善を提案することが主でしたが、集客を拡大するためのメディアも、既存顧客の売上を拡大するCRMも、さらにはマス広告も含めたメディア戦略や、ターゲットとニーズを踏まえたコミュニケーションの戦略も自分の業務にしたい。という想いがどんどん強くなりました。


自分のやれる範囲で、次の領域にチャレンジ

このままでは前職と何も変わらなくなってしまうと危機感を抱き、まずは自分のできる範囲から領域を広げていこうと動くことにしました。最初にしたことは、アクセス解析の業務を受注した際、オーダーに入っていなくともWEB広告の効果検証を付加しました。どのメディアが効率が良いのか、質の良いユーザーを集められた媒体はどれか。いわば「勝手なこと」を勝手に追加してクライアントに提出していたのですが、これが評判となり、次回以降は正式な発注として広告効果検証の仕事ももらえるようになりました。

また、その際にクライアントから「マス広告のWEBへの波及効果も検証できないか?」という依頼をもらい、統計に詳しい友人と共に、指名検索への波及効果検証プロジェクトも行い、そこでも追加でfeeをもらうことができました。


デジタルエージェンシーで感じたデジタルの限界

WEB広告とWEBサイトの検証を多数行うと、デジタル施策の凄さもわかると同時に限界もわかるようになりました。WEB広告だけだと、最初は獲得効率が良くても、すぐにアッパーが来て効率が悪化することや、ビジネスをジャンプさせようとすると、デジタルよりもマス広告のほうが確実な効果が見込めること。

そういう体験を重ねうるちに、デジタルだけだとできないことにも領域を広げ、メディア全体の予算配分最適化や、さらにはブランド戦略までも自らが描けるようになりたいと想うようになりました。

そういった想いもあり、大手広告代理店のマーケティング戦略を担当する部署での業務を自ら希望し、そこで3年ほどマーケティング戦略の業務経験を積むことができました。


実績を作り、自分のやりたいことを仕事にしていく

そして、2012年から再度スパイスボックスに戻り、マーケティングチームを統括することになりました。その時に感じていたのは、デジタルエージェンシーなんて会社は無数にあり、その中でも独自の能力を持たなければ、いずれはこの会社も淘汰されるだろうという危機感でした。そこで私は、この組織が勝負する2つのフィールドを決めることにしました。1つは「マス広告×WEB広告の予算配分を最適化する」こと。もう1つは「クライアントの購買データを分析して優良ユーザー化を促進する」こと。この2つの能力を有し、且つデジタルマーケティングの専門性を持つことができれば、これまでのようなメディア費の一部ではなく、feeの獲得が可能となり、売上を上乗せすることができるのではないか。そう考え、この2つの業務の受注を増やしていくことに決めました。

この構想は成功し、今ではマス広告も含めたメディア予算最適化のコンサルティング業務によるfeeが部署売上の70%程度を占め、WEBサイトの効果検証を行うアクセス解析関連業務は全体の10%以下までシェアが減少し、大きな業務転換を行うことができました。

今、自分のやりたいこと

そして昨年の10月からは、マーケティングチームはWHITEに籍を移動。これまでのマーケティングチームでの仕事に加え、商品戦略やブランド戦略、新しいマーケティングモデルのデザインなどの仕事を受注し、実績を増やしています。WHITEの強みであるテクノロジーと、我々のマーケティング戦略がセットになることで、クライアントビジネスのグロースデザインを実行することができ、目標としている「クライアントにビジネスパートナー」というカタチが実現できるのではないか、と、今は非常にワクワクしています。

大事なのは具体的な意志とビジョンを持って、仕事をすること

自分が働くうえで考えていることは、意志を持って働くこと。会社にやりたいことが無いのなら自分で創ればいいし、おかしいと思えば変えたらいい。WHITEは、そんな何かをやりたいという意志がある人に対して、結果がついてくれば、やりたいことを実行できる会社だと想いますし、我が社に限らず言えることは、「意志のある所に道ができる」ということです。ただ受け身なだけでは何も実現することができません。実現したいことが有るのであれば、意志を表示し、実現に向けて実行していくこと。これを行えば我が社でなくとも、やりたいことに近づくと想いますし、もちろん我が社では、そんな人材を応援したいと思っています。

クライアントのパートナーとして、ビジネスをリードしていく存在に

WHITEのマーケティングチームのメンバーは、クライアントの依頼を受けるというスタンスではなく、クライアントがまだ見えていない課題を可視化することからスタートし、その解決策をデータを基に確実にプランニングし実行していく。

実現可能な、明るい未来を描く

これを共通コンセプトに、仕事に取り組んでいます。クライアントをリードしていくためには、多くの経験と、コミュニケーションが必要です。ですので弊社のマーケターは、表にどんどん出ていって、クライアントと直接コミュニケーションを取ります。だからこそ、クライアントと同じ目線になることができ、且つ、違う視点で見ることでクライアントが気づけない課題にも気づくことができるのです。


チームと個人が、同じビジョンで。

冒頭にも申し上げましたが、私たちの今の仕事は、デジタルのメディア戦略からマスも含めた広告全体のコミュニケーション戦略、ブランド戦略まで広範囲に渡っており、どれも規模が大きく、クライアントの業績に直結することが多いので、責任も大きいですが、ダイナミックな仕事です。

例えば、デジタル領域に専門性を持ちながら、マス広告のプランニング領域にも知見を広げたい方。例えば、事業会社でマーケティングに従事しているが、もっと様々な業界に知見を広げたいという方。例えばコンサル会社にいて、デジタルの専門性を高めたいという方。例えばメディア運用を行っていて、マーケティング領域に視野を広げたいという方。例えば、データアナリストで戦略や戦術まで描けるようになりたいという方。

そういう方であれば、我々のビジョンと共鳴できる部分があると想いますので、私達と一緒に、3年後5年後の自分をデザインしませんか?


WHITEではマーケターの募集を行っております!詳しくはこちら▼


データアナリスト
自分の仕事の領域を広げたい!戦略立案から効果検証までを行うマーケターを募集
WHITEは、テクノロジーとクリエイティブの力で、 世界が変わる体験をつくるイノベーションデザインカンパニー。 世の中をワクワクさせるような新しい方法で、 人々の生活や価値観に変化を起こし、 企業やブランドが抱える課題を解決します。 - 私たちのサービス ▼ WHITE SERVICE DESIGN 新しいビジネスの起ち上げ、既存ビジネスの再構築を、 短期間で成し遂げるための独自イノベーションプログラムです。 ▼ VOICE UI 音声アプリケーションの企画・制作など、 音声による新しいインターフェース(VUI)を開発します。 ▼ BRANDING ブランド・購買体験の向上支援 企業のブランド体験や購買体験の向上を目的とした、 統合的なデジタルマーケティングソリューションを提供します。 ▼ GROWTH HACK デジタルマーケティングの知見を活かし、 スタートアップや既存事業の成長を加速させます。 ▼ INVENTION IoTやVRの技術を活用して、 独自のプロダクトやサービスを開発します。 - AWARD 全米スタートアップの登竜門sxsw2016でファイナリストに進出。 自社開発プロダクト・VRゴーグルMilboxTouch(http://milbox.tokyo/milboxtouch/)が SXSW Interactive Innovation Award 2016, VR & AR Finalistに。 TIFFANY&Co.“Hand meets Hand” http://255255255.com/works/handmeetshand /2016/ Microsoft innovation award 2016 /2017/ ADFEST2017 Spikes Asia 2017 /2018/ 「少年ジャンプアプリ開発コンテスト第2期」入賞
株式会社WHITE
株式会社WHITE's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings