1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

株式会社Olive Unionは、「ヘルスケアの領域で感動の顧客体験を届け、真の健康社会を作る。」というビジョンのもと、2016年に韓国で創業し、現在は日本を拠点にアメリカ・韓国、グローバルに活動するスタートアップ企業です。Olive Smart Earという聴覚サポートデバイスを開発・販売しております。20〜30年の間イノベーションが起きてないレガシーな業界を一緒にひっくり返しませんか? 難聴を持つ人口は世界に約4億6600万人いますが、そのうち補聴器の普及率はわずか20~25%ほど、日本では14%とさらに低い水準です。普及率が低い理由は、補聴器が非常に高価でネガティブなイメージが強いから。我々はこの現状を変えるため、テクノロジーとデザイン、マーケティングに重点をおいて、全く新しいコンセプト「スマートイヤー」を開発しました。 眼鏡をかけるようなあたりまえの感覚で、必要とする人が気軽に補聴器を使い、それを当然に受け入れることができる社会に変えていくことを目指しています。 ◆Olive Smart Ear(https://www.oliveunion.com/jp/) 従来の補聴器や集音器とは異なり、スマートフォン連携を前提として設計されています。環境に応じた聴こえの調整をアプリ上で行えるようにしたことで、設計・製造・流通等の各コストを大幅に削減することに成功しました。 高性能ながら安価に入手でき、デザイン性に優れた革新的なプロダクトとして世界的に注目を集めています。 ★受賞歴 ・米国で開催された世界最大規模の家電見本市『CES 2020』に出展し、「CES 2020 INNOVATION AWARD」を受賞 ・デジタルガジェットのニュースサイト『Engadget』による「Best of CES 2020(ウェアラブルデバイス部門)」に選出 ◆今後注力していくこと ヒアリングデバイスの顧客基盤を中心に、新たなサービスやアプリの開発などを行っていく予定です。今後は聞こえの課題だけにとどまらず、幅広い健康課題に範囲を広げ、世界で最もイノベーティブなヘルスケアカンパニーを目指します。

なぜやるのか

◆テクノロジーで誰もが自分らしく暮らせる社会を実現する。 皆さんは「聞こえの課題解決」が社会にどれくらいのインパクト与えるか知ってますか? ・現在、国内だけでも約2000万人、世界で約5億人、2030年には2倍の10億人にも達すると推計される、耳に課題を持っている方々の生活が変わります ・難聴者の増加による経済損失は80兆円を超えると推計されているため、社会にもポジティブなインパクトを与えます ・難聴は「認知症」を引き起こす最もインパクトの大きい因子であるとされているため、認知症予防にも効果があります など、様々な効果があるんです。 私たちは、今まで高価でカッコよくないとされてきた補聴器の認識を変え、 より多くの人に「聞こえ」をケアするという選択肢を知って欲しい。お客様に健康でいることを諦めてほしくない。 Olive Unionは、より「社会に大きく、ポジティブな影響を与える存在」になれるよう、これからも走り続けます。

どうやっているのか

◆ダイバーシティの中で社会起業家集団の一員として働く  多国籍なチームで、創業当初よりグローバルなビジネス展開を狙っています。現在、日本人、韓国人、アメリカ人、ブラジル人、インド人、フィリピン人などが在籍。それぞれの専門分野やバックグラウンドを活かし、創造的で刺激的な議論がなされています。 また、社員30人で年商億円単位の事業を回しています。少ない人数で多様性を尊重するからこそ、各自が自分の領域に責任を持ち、裁量権を持って仕事をすることを推奨しています。 ◆Values -Enjoy the challenge -Adapt new things -Go for big wins -Deliver good surprises to users -Be open and respect the team ◆どんな人がOlive Unionにマッチしているのか <マッチ度が高い人> ・社会課題の解決、ヘルスケアへの関心をお持ちの方 ・自分で考え、行動に移せる方 ・自分の役割を限定せずに積極的に行動できる方 ・変化を楽しみながら、柔軟に対応できる方 ・オープンで、多国籍のチームメンバーに対して尊敬を忘れない方 ・日本だけでなく、世界で戦いたいと思える方 ・裁量権のある職場で働きたい方 <マッチ度が低い人> ・新しいことにあまり興味がない方 ・成長よりも、とにかく安定したい人 ・スピーディにやるより、マイペースに仕事がしたい人